カテゴリー別アーカイブ: ウクレレの様々な弾き方

ウクレレ教室:三度のメシよりピッキング!

【三度のメシよりピッキング!】
───────────────────────────────────
■なぜあなたのウクレレはオーケストラに聞こえるの?

 以前の事ですがアメリカはポートランドのウクレレフェスに
 ウクレレビルダーさんに誘われて参加した時のことです。

 初日のウエルカム演奏はライルリッツさん
 そしてメインのステージではジェームスヒル
 そしてハワイのキモハッセイさん

 おおくの演奏家の中で彼らだけ
 スタンディングオベーションが起きていました。

 高橋もオープンマイクで演奏しましたが
 オープンマイクでは珍しいと思いますが
 アンコール、そしてスタンディングオベーション(涙)

 その後、なぜあなたの演奏はウクレレ一台なのに
 オーケストラ見たいに聞こえるの?
続きを読む

ウクレレ教室:ピッキングとストラムを理解する恋話?!

【ピッキングとストラムを理解する恋話?!】
───────────────────────────────────

■恋話?!

 さて恋話ならぬ、濃い話が続いておりますが
 今日も続けます(笑)

 ピッキングが音長さにおける最小単位を構成し安い
 そんな話をしました。

 なぜなら、腕の中で1番小さい部分が指です。
 だから、短い時間で作業ができるんです。

■ピッキングとストラミングの例(動画)

 ピッキングと言えばヒロマーチ!
 ヒロマーチと言えばピッキング!

 というくらい、代表的な曲がヒロマーチですが
 
続きを読む

ウクレレ教室:続シンフォニックソロ

▼東京走唱団の練習〜やりとり
───────────────────────────────────
■こんにちは高橋です!

 昨日は日本台湾交流バンドの準備など継続しております。
 バンド名は東京走唱団 だそうです。
 まだ、検索しても出てきません(笑)

 台湾の歌詞を覚えようと努力しつつ伴奏をつけています。
 どっちか1つに絞った方がいいですね。

■話は変わりますが

 昨日のシンフォニックソロがわかりにくい!
 ということでやりとりをさせて頂いたので
 参考にご紹介しますね。
続きを読む

ウクレレ教室:シンフォニックソロの基礎

▼ローリングココナッツにて「DVD:海」プレゼント
───────────────────────────────────
■こんにちは!高橋重人です。

 昨日はウクレレのフリーペーパー
 ローリングココナッツのサンプルが届きました。

 プレゼントコーナーに高橋の「海〜レガート奏法」
 ありがたいことに掲載していただいておりますので
 応募してみるのも良いですね。
続きを読む

ウクレレ教室 初心者のためのアルペジオ講座1(アルペジオの種類紹介)

アルペジオ譜面1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【アルペジオのパターン紹介】

─────────────────────────────

アルペジオはイタリア語ですが


日本語では「分散和音」という難しげな訳がついてます。 続きを読む

海(5回目:完成)高橋重人のとっても親切なウクレレ教室

【往復運動のスピードは中間地点で最大と成る】

だから!

そのポイントが最も強調したいメロディなどの弦に

当たるように右腕位置を調整する。

legato-m

legato-m

 

 

 

 

 

 

 

 

○ストリングス奏法で海のエンディングを弾きましょう!

続きを読む

おすすめ演奏家(弾き方別)


おすすめ演奏家

僕の好きなウクレレの演奏家を紹介します。
僕の場合演奏者の個性よりも音楽性に惹かれます。
こういった演奏家は他のジャンルや楽器の奏者や
ウクレレをプレイしないリスナーにも おすすめして好評いただくことが多いです

アンサンブル
ウクレレオーケストラ オブ グレートブリテン
その名前の通りイギリスのウクレレオーケストラです。
中学生のとき毎晩聞いていました。
現在では廃盤になっているのか古い音源は中古を探すことになりますが
アマゾンで検索するとでてきますね。
音大を出た演奏家などメンバーやってるウクレレのみのアンサンブルです。
クラシックや民族音楽、いろんなジャンルで世界の名曲を演奏します。
曲の精神性を表現するよりは、楽曲を借りてポピュラー音楽をつくる感じですね。

インスト(楽器のみのアンサンブルと、歌が加わるレパートリーがあります。)

ボーントゥビーワイルド

ミニマルラグ


 


ラングレーウクレレアンサンブル
こちらはカナダの良識溢れるアンサンブル。
高校生や中学生が中心で教育的な要素が高い。
日本の合唱やブラスバンドのような印象ですね。
そのなかでも上手な方達が居て、次なるジェームスヒルを目指しているかのようです。
カナダのウクレレケリー(音楽と語らいのゆうべ)で見てきましたけど。
とても良かったです。

Tico Tico

弾きがたり
クリフエドワード
音楽を基礎にコミカルを載せたアメリカらしい演奏家。
「星に願いを」など有名なディズニーの音楽を多数作っている。
ウクレレ一本に加え金管楽器のようなスキャットとやさしい歌声。
歌伴奏もコードソロと言える動きがあって楽しいですね。
個性を超えて確立されて欲しいジャンルです。

If I had you

Ukulele Ike Theme

 


 


ウクレレソロ
ライルリッツ
コードソロを美しく弾く。ジャズウクレレの巨匠。
ポートランドのウクレレ合宿でレッスンを受けました。
人柄があたたかで、音にも暖かさが出ていますね。
僕はすぐには弾けなくて、がんばっていると
「重人、せっかく日本から来たんだから明日もレッスンに来なさい
1曲のレッスンを終わらせよう」と誘ってくれました。
ジムベロフ氏のオーガナイズしたライル氏の教則本はおすすめです。
僕はオレンジの本でフライミートゥーザムーンをマスターしました。


 


ハーブオオタ
ウクレレの神様と呼ばれ、かのエドサリバンショーにも出演しています。
クラシック、ラテン、ジャズ、ハワイアンと音楽全般について
素晴らしいウクレレソロを集大成した先駆者。
一台の楽器でメロディとコードを同時に演奏し、目を閉じれば
とても一人で演奏しているとは思えません。
この人の演奏に感動しソロを始める人は多いです。

Over the Rainbow

スターダスト

 


 


灰田晴彦
僕の師匠の師匠です。
日本にハワイアン、ジャズという軽音楽とハワイアン楽器の奏法をもたらしてくれました。
今はハワイでも弾く人がいない、ピッキングソロですね。
現在楽器に内蔵したマイクで演奏する奏者が多く、演奏家と楽器が作り出せる
音の幅(大きさ、強さ)が実は狭くなってきています。
マイクを通すと小さく弾いても大きな音になるので、指力の育ち方にリミットがかかります。
このピッキングソロは最大限にこの音の幅が出せるウクレレならではの奏法。
ギターとウクレレを完全に区別するのはこの奏法だけなんです。

オリジナル動画がみつかりませんでした。
なので、直系の弟子の森先生とその弟子の私が競演した映像を掲載します。
ヒロ•マーチ

こちらについても解説していきますね。

ウクレレの様々な弾き方(音楽の3要素との対応)


この音楽の3要素を
ウクレレに当てはめて考えると分かりやすくなります。
●アンサンブル
音楽の3要素(リズム、メロディー、ハーモニー)
これらを複数台のウクレレでパートに分ければアンサンブル
となります。ハーモニーは沢山パートを分ける事もできますね。
●歌伴奏、弾き語り
歌の伴奏には主にコードを用いてハーモニーとリズムを作ります。
歌伴奏に加えて自分で歌えば弾き語りとなります。
メロディーを人の声で作るというわけで、やはり3要素が合成されて音楽が完成していますね。
●ウクレレソロ
1台のウクレレで3要素を同時に演奏するのがウクレレソロとなります。
一般的にはメロディーとコードを組み合わせて。3要素を同時に弾きます。

音楽の3要素(基礎知識)


ウクレレの様々な演奏スタイルを紹介していきます。
その前に、用語の勉強をしましょう。
これが基礎となり演奏スタイルを理解しやすくなります。

音楽の三要素
音楽はこの3つの基本的な要素に分解できます。
【要素1;リズム】
音の強弱の周期的な繰り返しです。
基本は2拍子(強弱)か3拍子(強弱弱)です。
他もこれらのの組み合わせが多いです。
最もポピュラーな4拍子は(強弱強弱)となります。
2拍子の繰り返しですね。
各地の民族音楽にも特有のリズムがあります。
結局のところ、それらしく演奏するにはその独特のリズムを
再現できるかどうかというのが大きいです。
譜面通りに弾いても、そんな風に聞こえない場合はリズムがポイントです。
【要素2;メロディー】
主旋律です。
歌なら歌のメロディーですね。
【要素3;ハーモニー】
2つ以上の音を重ねたときの響きです。
コードともいいます。
基本的なコードは3音の組み合わせで作ります。
(Cコード:ドミソ)
伴奏によく用います。
コードを覚えるとそのコードの音からハモりパートを作る事も簡単になります。
コードの積み重ねによるコードソロは基本コードのメロディーを変化させることで
シンプルなソロが作れます。
メロディーと同時にベースやハーモニーを変化させると複雑なソロが出来てきますよ。