ウクレレ教室:カタチから入るしかない事の意味

 

【カタチから入るしかない事の意味】

────────────────────────────────

■大きな筆だと

1年に何度も使うわけではないので

この感覚を取り戻すのに

10枚20枚とかかる場合があります。

そして芸事、

たいがい

最後には

■形にとらわれてはいけない!

と言うことを言われるんですが。

しかし最初は

形をとることから始めるしかない

とにかく基本中の基本が

形を真似ることから始めます。

お手本があれば楽ですが

ない場合はその似たものや

古い何かから

お手本になるのものを

作っていくのですね。

■まずは形をとる

そして、手本から形をもらった後

技術が無い時点で強弱などを出そうと

がんばると、何が起きるかというと

いきなり気合を入れたところで

形をとることができなくて

ぐずぐずになってしまうわけです。

■強弱と行って

ただただ強いだけで

形がデタラメだと

これは人の心打つものができません。

マジックみたいな同じ太さは

やっぱり強いようでつまらないのです。

■骨が形、コレを真似る

最初にこの形をとるというのは

表面的な筆の使い方ではなく

おかしな方向に誇張されたもの

でもなく、がっしり安定感のある

骨組み、形をとると言う事

そこに、あとから肉付けをする。

パワーを入れたり

適度に抜いたりすると

強弱が出て来ます。

■書道を学びつつウクレレを学ぶ

こういう話を聞いている時も

書道についても考えていますが

常に高橋はこの話が

ウクレレの演奏、

レッスンにどう活用できるか?

常にバックグラウンドで考えています。

■音楽に当てはめる

そして想像すると

音楽でも全く同じで

まずはスピードとか強弱を変えずに

譜面の音符の長さを指定通りに弾く。

これがスタートであるな

と話を聞いてこれが骨組みだな

と理解するわけです。

またもや書道に戻って

■骨組みを作ってから肉をつける

骨組み、アウトラインをきっちり創る

だからこそ、そこから操作をして

強弱をつけたりスピード変化させたり

できるんだと思いますよ。

いきなり、強弱とか、音質とかって

じつはめっちゃくちゃ難しいですよ。

学んでないひとほど

気持ちで弾くと

言い出すのですが

強弱とか、質とかは見えないから

真似するのがとっても難しい

むしろ、形は目に見えるので

これくらいしか真似できることが無いのです。

■真似が学び、真似び

1番やりやすいところから

スタートしてどうやら形が同じになってきた

なんて来たんだけど

何か違うと言うことで

次にあの筆圧とスピードの問題

先の線の質だとか強弱に違いが出てくるところに

進みやすくなる。

これはステップなのです。

■形に囚われてはいけない

だから、まず形をとることを教え

その先に形にとらわれてはいけない!

上級となっては形は気にせずに

勢いを出していきなさい!と

指導されるわけですね。

■例えば高橋の作品で

例えば自分の例で恐縮ですが

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=E4i6vrJG2VYNM&I=00348

今回出品してる作品ってのは

これ線だけ見るとわからないですが

実は左右対象のアウトラインを持たせています。

左半分は線になっているので

わかりやすいんですが

これを左右反転して重ねて考えると

そのアウトラインを飛び出てる線や点

がないことに気がつくと思います。

文字としては左右非対称ですが

アウトラインというか、形式的には

左右対称にバランスを取っています。

実は、厳密にそういう設計をもって

文字をデザインしているので

左右対称に意識が行かなくても

見ていて安定感が感じられるわけです。

■無意識に

そして今回の作品でも

二ケタの枚数を書きながら

アウトラインを取ることを

最初にやって基本のバランスが

崩れないところまで持っていく訳です。

※もちろん1枚目で完成するかも

 しれまえせんから

 最初から本気でいきます。

 疲れます(汗)

■すると骨格は自動でかけるようになる

何枚も書くうちに

文字の形を覚えて

手本などを見なくても

勝手に手が動く所まで繰り返して

やっているわけで

その上で勢いが

載せられるようになるわけです。

■さて再度、音楽に戻ると

ぴっちり音符の長さ音の高さを

コントロールできた上で

やっと、そこに、強弱や速度など

の調整を付け加えられる事がわかるでしょうか。

先日のイノベーションの話でもありましたが

繰返し、学ぶ、真似する事で

フレーズを覚えてしまい

自動で弾ける状態になると

そこで、意識の余裕が空くのです

やっと、その空いた意識で強弱や速度など

新しい操作を意図してできるわけです。

■我田引水力

ともあれ

我田引水力と言う言葉

を使った人がいますが(笑)

何かに取組んで上達する時に

ココで学んだ考え方を

別の大事なことに使えないか?

と言う考え方を

持っていれば

何をやっても

全て自分のプラスになる

そんな可能性が出て来ます!

特に長い時間やっている

仕事において

上達したり、向上できたときの

やり方は、他の趣味などにも使えますし

趣味などをやっても、上達の秘訣は

仕事に当然使える可能性があります。

この視点を持ってるいるのと

持ってないので、生活全般

人生トータルでは得るものが

大きく違ってくることでしょう。

今回は、わりと抽象的になりました。

今後に続けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」

(http://ur0.xyz/qahr)

ページリンクをクリックしフォームから登録すると

無料プレゼント(音源や動画)をすぐにお届けします!

横浜、東京、大阪、広島、香川等のレッスン情報も届きます!

メルマガだけでしか聞けない、ここだけの話もあります!

最新の情報が自動で届きます。

約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です