ウクレレ教室:DVDを用いた独習方法について

<最近の活動>

▼譜面作成〜レッスン〜教材使用法のフォロー

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は午前中から譜面を作り

午後からレッスン

暑くてバテ気味な夏ですが

みっちりレッスンしております。

さて先日ウクレレ楽しい大学DVD

Vol1〜5セットで購入いただいた方から

どういった順番で練習するべきか?

と言うご質問が来たのでちょっと考えてみています。

いただいた

ご感想〜ご質問 はこちら

____ここからご感想____

高橋先生

お世話になります。

DVDの発送、早速ありがとうございました。

昨日受け取り、ボリューム1だけ拝見致しました。

以前、先生の体験レッスンで

同じ内容のものに参加させて

いただいたことがありますが、

本当にレッスンそのままの内容で、

これならいつでも振り返って

復習する事ができます。

ピッキングエクササイズも

まだままならないですが、

少しずつ自分のペースで

頑張っていきたいと思います。

中略

Nさん

____ここまでご感想____

____ここからご質問____

高橋先生

お世話になっております。

(略)

楽しく拝見させてもらっています!

いただいてメールで大変恐縮ですが、

少し教えて下さい。

今、どのように学習を進めていこうか

悩んでいるんですが、

1巻ずつある程度習得できてから

次の巻へ進むべきか、

それともvol.1〜5をひとまとまりとして

通して練習すべきか、

どちらがお勧めでしょうか。

もちろん、基礎などの段階を踏んで

身につけなければならない

部分が多分にあると思うので、

1巻ずつの方がいいような気がしますし、

ただその場合も、「ある程度」

がどの程度なのかという問題もあって、

中々前に進めないような気もします。

vol.1〜5をセットで買った場合は、

どんな学習方法が良いでしょうか?

Nさん

____ここまでご質問____

ちなみにウクレレ楽しい大学DVD

のタイトルは

ボリューム1=エクササイズ〜きらきら星

ボリューム2=聖者の行進(ピッキング)

ボリューム3=さんは海〜レガート奏法

ボリューム4=大きな古時計(ピッキング)

ボリューム5=赤とんぼ、早春賦で学ぶ運指の原理原則

手前味噌ながら、

なかなか渋いタイトル

が並んでおります(笑)

詳しい紹介はこちらから

確かに自分でペースメイキングしていく

となると、レッスンに通うところと

感触が違ってきますね。

こういった教材の気軽に進められる

良いところでもあり、どうしていけば

いいのかという疑問に思うとこでも

あるのですね。

本日、メインは

教材を用いて

いかに独習していくか?

について書いてみたいと思います。

最後に、ちょっとだけ

拙DVDのタイトルに触れて

進め方案も書いてみます。

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【DVDを用いた独習方法について】

────────────────────────────────

■スパイラルアップ方式

基本的には

高橋がレッスンで採用

しているのと同じく

スパイラルアップ方式が

いいと思います。

一例として高橋のレッスン内容詳細

にレッスンの流れがありますが

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=L7iWINB3Klxag&I=00348 ※レッスン予定の下にあります

■基本になる考え方として

毎回のレッスンで最初の30分ほど

エクササイズを必ず毎回やる。

30分ほどは過去にやった課題曲を通しで

何曲も続けて演奏し、ブラッシュアップする

そして後半の1時間で

新しい曲に取り組んでいくと

形式をとっています。

大切なので

■いつも体験レッスンでも説明しますが

複雑な楽曲というのはシンプルなエクササイズ

フレーズを抜き出して組み合わせたようなもの

この根本的な部分が楽曲全体を

構築していくときの

クオリティーのベースとなります。

数年単位でレッスンを受けた方でも、

エクササイズから始めます。

準備体操みたいな意味もあります。

これからレッスンやるぞ!

と言う姿勢に入っていきまして

夏バテでも、これで精神統一されていくのです(!)

■必ずしも家で練習する時間が

毎回2時間と言うわけではないので

比率で考えて

エクササイズ:復習:新しい曲(DVD活用)

=1:1:2

ただし、これがレッスンの配分なので

実際にレッスンに参加される方は

■この他に復習が数十倍入って来ます。

まずは、復習は無い訳ですが

エクササイズを行い、新しい曲の

解説を見て、理解する。

理解して習得していく。

そして次のDVDに進むまでに

この曲を復習するというわけですね。

■そして新曲をどれぐらいやったら次に進むか?

これを既存曲にして新しい曲に進むか?

ですが、

「譜面を見ながら

 ある程度のテンポで

 大体曲が弾けるようになったら

 新しい曲に進んむべき」

と思っています。

■完璧を目指すと終わりません。

やっている間に、復習が重なって

精度が上がっていくモノ。

+やはり新しい事をやると

モチベーションがあがりますので。

そのくらいを目安に次に

どんどん進むのがいい!

そんな風に考えています。

もちろん好きな曲があれば

そこに集中してしまうのは

構わないと思います。

■まずは、好きな部分、得意な事を伸ばしていく!

これが上達の近道ですね。

復習のやり方については過去記事

「あなたの権利 ノーミスで弾く練習方法」

を参考にしてみてください。

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=L7eMGZzMJOLqo&I=00348

ノーミスは実はとても難しいのですが

「目指してやること」が大事です。

結果としてだいたい出来たら

次に進むで結構です。

完璧を目指すとすすめませんから。

■いずれにしても復習のやりかたは

部分に区切る

ゆっくり弾く

これの徹底です。

次に進む目安としては

その曲がある程度の店舗で

譜面を見ながらだいたい、譜面通りに

弾けるようになったら次の曲に進むべきです。

どうしても1カ所とか

わかっちゃいるけど

うまく弾けない部分など

ありましたら、遠慮なく

質問をお願いします。

■そして新しい曲の取り組み方ですが

DVDを流しながら、それに合わせていくのは

あまり推奨していません。

個人の進みに合わせて

もしくは、最初に学ぶスピード

にあわせてDVDを創ったら

1時間とか2時間とか

かかってしまうわけで

そんなアホな作品は創れませんよね!?

毎回見るのに2時間かかっては

仕方が無い(大汗)

実際のレッスンで起きて来る

「待つ部分」、「繰返しやる部分」

は教材ではカットしてある訳ですので

そこは自分でやる必要があります。

あくまで譜面を見ながら

詳しい解説を見ては譜面に立ち返る。

ゆっくり繰り返す

この繰り返しで

曲ができていくイメージです。

■DVDの操作としては

ちょっと見ては止めて

譜面を見ながら繰り返す。

分からない部分は戻す。

そして繰り返す。

部分が終わったら次の部分。

という風になりますね。

■反復は3回以上

どんなに急いでいても

簡単にできるように思っても

繰返しは3回やるといいですね。

3回くらいやって始めて

記憶に留まる重要性を脳が理解

して来るような気がします。

■とにかく区切って、ゆっくり

高橋のレッスンでも実際に

最初に手本の演奏例を見てもらう。

そして全体の雰囲気を感じた上で

詳細に分けてフレーズごとに

もしくは、難しい曲ならもっと小さく

1小節だったり、数音だったり

コードチェンジだけだったりと

小さく、区切って

ゆっくり、

ゆっくり、

ゆっくり、

繰り返しながら

まずはテンポを無視して

手順を理解します。

■この手順が理解できできたら

これまたフレーズ毎にゆっくりした

テンポで繰り返して定着を計ります。

そしてだんだんテンポ上げてく

そして次はこのフレーズを繋げていく。

だんだん、長いフレーズ区切りまで

ゆっくり弾けてきたら、

最後は全体を通してゆっくり、

段々テンポアップして完成していくわけです

■各DVDタイトルについて

エクササイズ&きらきら星

は最初にやりましょう。

エクササイズは毎回練習の頭で

なるべくやった方が良いので最初に

やります。

大きな古時計がおそらく一番難しいので最後

に回して良いでしょう。

他は、すきな順番で良いと思います。

聖者の行進はピッキングの部分は

まず取り組んで頂いて、コードソロの部分は

後々興味が出たらと言うイメージで良いかと思います。

なので聖者の行進のピッキング部分

海〜レガートそして運指の原理原則は

順番にやっても良いですし

さらっと全体を見てみて

興味がわいたものから

やってもいいと思います。

これらを参考にトライしてみてください。

ある程度、進んだ所で質問などたまりましたら

スカイプやレッスンで解消する。

というのも1つの方法かと思います。

ご確認、よろしくお願いします。

今回フォローアップの

きっかけとなった

高橋渾身のレッスン教材

ウクレレ楽しい大學DVDシリーズは

こちらです〜

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=L7BjZO2GmzWJE&I=00348

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」

(http://ur0.xyz/qahr)

ページリンクをクリックしフォームから登録すると

無料プレゼント(音源や動画)をすぐにお届けします!

横浜、東京、大阪、広島、香川等のレッスン情報も届きます!

メルマガだけでしか聞けない、ここだけの話もあります!

最新の情報が自動で届きます。

約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です