ウクレレ教室:伴奏を意識するメリット

 

近日の予定

8/25は夜丸亀の善照寺でイベント

ウクレレと仏教徒

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=F35IuUMyr2tEo&I=00348

8/26は昼イオンモール高松

にてウクレレフェスティバル高松

で演奏します

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=F313WOXhm2Nk6&I=00348

こちらもお見知りおき下さい。

 

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【伴奏を意識するメリット】

────────────────────────────────

■岡大医学部が楽屋

バックステージというか

初めて入った岡大医学部の構内、

会議室が楽屋で

真面目に練習している写真が

隠し撮りされていました

写真

 

 

 

 

 

必死こいて直前まで練習しています。

■さらに

Yさんとやりとりして

以下のようなお言葉をいただいています。

____ここからお言葉追加_____

昨日のメルマガにも書かれていましたが、

重人さんの伴奏というのは、

はじめてステージで聞かせて頂きました。

かなり、

リハーサルを重ねられたのでしょうが、

上手く分山さんの演奏を引き立てていましたよ。

_____ここまでお言葉抜粋______

■伴奏はかれこれ

実は高橋

15年くらい前に(!)

AO AQUAさんの

伴奏なんかもやってたことがあるんですが。

いずれにしても

ソロを弾くと言う時点で

伴奏とリードを両方同時に

弾くわけです。

同時は、なにか別のモノではなく

伴奏

リード

をちゃんと両方弾くという事

■自分の伴奏で引き立てる

同時に弾くからといって

中間的な別のなにか。。。

になる訳ではありません。

自分の伴奏で自分のリードを

引き立てるように自分で

伴奏する必要があるわけですね。

■避けて通れない伴奏

伴奏ができずには

ソロもなにも出来ない。

というわけです。

もちろん、

リードが弾けないと

ソロは弾けないのですが

下支えする伴奏が無いと

まあ、無伴奏リードとなり

アカペラみたいになりますね。

■歌と楽器というとき

歌がリードで

楽器が伴奏というのが

いろんな場面の基本

なのかも知れません

歌の伴奏するにせよ

楽器の伴奏するにせよ

1人でソロプレイをするにせよ

いずれにしても

伴奏と言うのは逃れられないジャンル。

これを避けて、何かの楽器ができる

と言う事は言えないんではないかな

言うふうにまで思うわけですね。

大事でかつ上達する

伴奏にも注目して参りましょう。

一例ですが

というか高橋が好きなのは

鮫島有美子さんの歌の伴奏

ピアノのドイチュさんの伴奏は

素晴らしいですよ〜

ウィーン少年合唱団の先生の

ピアノ伴奏も素晴らしいですね〜

機会があれば、

聞いて見て下さいね〜

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」

(http://ur0.xyz/qahr)

ページリンクをクリックしフォームから登録すると

無料プレゼント(音源や動画)をすぐにお届けします!

横浜、東京、大阪、広島、香川等のレッスン情報も届きます!

メルマガだけでしか聞けない、ここだけの話もあります!

最新の情報が自動で届きます。

約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です