3限目 ウクレレとギターの違い

こんにちは!高橋です。

それでは3限目はギターとの比較からウクレレを見て行きましょう。

■ウクレレの名称と起源

 さらに灰田先生の「ウクレレ独習7日間」
 より引用します。

 _____ウクレレの名称と期限___________

 初めてこの小型楽器を弾いた原住民たちは
 その小さな指板から、指がよく滑り落ちるので、
 ウク(虫)、レレ(跳ねる)−(跳ねる虫)ー
 すなわち、(蚤)という愛称をつけたそうです。
 (以上は1933年、著者がハワイ大学、ホノルル図書館での調査による)
 ______________________________

■俗説には

 演奏する指の動きが跳ねるようだから
 ウクレレと言われたなどとありますが、、、

 指板から滑り落ちるから。。。
 だったんですね。

 (サイズが小さく指板から指が落ちてしまう)

 ともあれ愛称というからには
 ウケケなのかウケケギターなのか
 ギターウケケなのか

 正式な名前があったのかもしれませんが

■その愛称が本質的だった。

 本質であるウケケに音も近いから?
 ウクレレという名前で残ったのでしょう。

 そう、アントニオ猪木は猪木でいいし
 ジャイアント馬場は馬場さんでいいし。
 ファミリーマーケットはファミマでいいし
 マクドナルドはマックでいいし
 マッキントッシュコンピューターもマックでいいのです。

■ギターとウクレレを比べてみましょう。
 
 特に見た目でウクレレとギターはそっくり
 そんな部分が多いです。

 そしてギターはポピュラーですので
 これらを比較をすることでそれぞれを
 よりよく理解していきましょう。


■些細な部分と大きな違い

 ギターのなかでもウクレレとよく似た

 クラシックギターと比較していきます。
 パーツや部分の名前などはほぼ同じです。

 ただし決定的に違うのは「スケール=弦の長さ」

 クラシックギターの弦の長さは630mm〜650mm

 ウクレレの弦の長さはソプラノ345mm、コンサート382mm

 テナーでは432mm ということです。

 

 ウクレレはギターに比べて非常に短いのですね。

 だいたいギターはウクレレの3割〜5割増しです。

 そしてこの点から両者の楽器を活かす演奏方法
 これも大きく変わってきます。


■ギターの弦は「つま弾く」
 
 繰り返しになりますが(大切なコトは繰り返します:笑)
 ウクレレを活かした演奏をするために
 ギターの弾き方をそのまま流用するだけでは

 不十分ということです。

 ギターはテンションが弱く次の奏法が基本になります。
 「弦を弓のように引っ張って離す」

 このとき弦に回転が掛かっていい音になります。
 これがギターやウッドベースのピッキングの基本の1つ。
 つま弾く、弾くという感じですね。

■ウクレレは「弦を叩く」

 弦のテンションが上がるにつれて
 弦を引っ張ることが難しくなります。

 極端な例を示すとピアノの弦をご存知ですか?

 ピアノは中に弦が張ってありますよ!
 実は、これはものすごいテンション(張力)
 で引っ張られております。

 ピアノは表面こそ木材ですがその中は金属の骨組みが入っています。
 (ターミネーターみたいですね!)

 そしてこのピアノというのは弦を引っ張るわけではなく
 ハンマーで叩いて音をだすのです。
 鍵盤を叩くとそのエネルギーがハンマーに伝わり
 弦をこのハンマーが叩くという作りになっています!!!

■ウクレレも弦を叩く楽器である「ピッッキング奏法」

 ウクレレもスケールが短いことによって
 ギターに比べるとテンションが高くなります。

 なのでギターよりもピアノに近い奏法になってきます。
 つまり、弦を引っ張ると言うよりは
 この回転運動のように指を使って
 弦にエネルギーを「叩き込む」

 そんな「ピッキング」という弾き方をします。

 これがウクレレらしい音色を出す奏法なのです。
 ここがギターとウクレレの最大の違いと考えます。

 最初はよく分からないかもしれませんが。
 ウクレレのピッキングの回転運動を収録した動画
 ご参考にご覧下さい。
 

 

■ストローク奏法の違い

 スケールが短い=テンションが高いという同じ理由で

 弦を一度にかき鳴らすストローク奏法についても

 ギターでは腕の動作を取り入れることが多いです。
 
 ウクレレの場合、腕は補助動作程度で手首の回転動作
 これを使ってストロークをすることが効果を出して行きます。
 (これは腕を使うよりスピードが速い)

 この動きによりコロコロしたストラムの音を得ることができます。

 ウクレレのストラムの基本的な解説動画はこちら
 

 ※ただし、曲のテンポが下がってくると腕の動きも取り入れてきます。

■それぞれの楽器に、特性を引きだす奏法がある

 上記の「叩くピッキング」と「手首を回転させるストラム」
 これらがウクレレを活かした
 =ウクレレらしい音をだす奏法のポイントです。

■弱みも強みも同じ点=特徴にすぎない

 ウクレレはギターに比べて
 テンションが高くサスティーンが短い!
 (弦の張力が高く、音の伸びが短い)

 一見不利な点のように見えますが、
 それはギターの立場から見るからですね。

 このテンションが高く、サスティーンが短いからこそ
 コロコロした輝きのあるウクレレサウンドが出てくるわけです。

■優劣ではなく、ただ特徴があるだけ

 もちろんギターにはギターの音の良さがあり
 ウクレレにはウクレレの音の良さがあるわけです。

 ウクレレは軽快な憂さを忘れるようなサウンドがあります。
 またギターの音は深い思考に沈むような音楽性があります。

 ウクレレの魅力にはその手軽さであるとか
 サイズが小さことによる可愛いさもありますね。

■それでもウクレレは小さいギターではない

 ウケケをギター職人が再構築し 
 ●●ギターという名前ではなく
 ウクレレという愛称が後に定着した点を鑑みると

 やはりウクレレはウクレレであり

 ●●ギターというギターの一種ではありません。
 これがギターの一種ならウケケギター、ウクレレギター
 なんて名前がついたでしょう。

■ウクレレという名前

 ●●ギターではなくウケケを受けて
 ウクレレという名前がついたこと。

 これはやはり、ギターとウクレレは本質的に違う。
 ということの現れだと思います。

 また、ウクレレとギターが同じ音がするなら
 ウクレレを弾く理由があまり多くはないでしょう(涙)
 音量も大きい方が有利だし、音域も広いにこしたことはありません。

 是非このウクレレらしい音色を大切にしながら学んでいきましょう!

 

それでは3限目の講義はここまでです!

またお会い致しましょう!

日々の研究レポートは無料メルマガ「うずまきシステムデザイン論」にて報告しています。

本メルマガ100個弱のご感想(読者様の声)はこちら

 

4限目:ウクレレの用材 はこちら