4限目 ウクレレの用材

■ウクレレの用材について ___灰田先生の「ウクレレ独習7日間」抜粋から____ 本場、ハワイのウクレレは以前は必ず(コア)製と相場が 決まっていましたが、近年、このコア材が少なくなってきて、 最近はモンキーポッド、シルバーオーク、ハオレコア、 プルメリア、ラワン、ハウなどいろいろのものが使われています。 ______________________________ 意外といろんな木の名前がでてきました。 しかし!!! 最近は。。。と紹介された材をどれも使ったことがありません(汗) 当時はマホガニーなんて高級材をウクレレには使わなかった? のでしょうか。。。 今後検証していきます。 ご存知の方はぜひお知らせ下さい。 ■まずはクイズです(笑) 以下のリンクは同じヒロマーチを弾いています。 どの音源がどの用材だかわかりますか? 1なんの木かな? 2なんの木かな?? 3なんの木かな???      答えは。。。 マホガニー コア マンゴー です!分かりましたでしょうか??? 間違っても大丈夫です。 なぜなら  高橋も久しぶりに1つだけ聞いて間違えました(汗) ■マホガニーとコアの音 さて、高橋がウクレレをはじめたころから 現在でも、主流であるマホガニーとコア(ハワイの御神木と言われます)  こちらの動画で同じフレーズを弾き比べています。  マホガニーは中音も豊かで、低音から高音まで 全体的にまんべんなく音が出ている感じ。  コアは低音と高音が強調される感じですね。 ドンシャリといいますか。 エッジの立った音です。 ■マホガニーがスタンダード 森先生のお話によると灰田先生は もともと、相当分厚いコアのウクレレを使っておられ 途中からオオタさんにプレゼントされた マーチンの3M(マホガニー)を使っていた、とのことです。 コア時代の録音の音は堅く、マーチン時代の録音での音はやわらかい。 ■森先生はマーチン3M 森先生は灰田先生に連れて行ってもらった 銀座山野楽器でマーチン3Mを買ったそうです。 (3MのMはMahogany の頭文字) その後も森先生は3Mだけを使っていますね。 高橋は中学生のときに買ったときから10台ほど 買ったり提供頂きましたが7台がマホガニー 2台がマンゴー、1台がスプルーストップです。 ■マホガニー率高し かなりマホガニー率が高いわけですが なぜマホガニーを選んできたかというと 特定のジャンルにあまり限定されず、 いろんなジャンルの演奏にマッチするという点が挙げられます。 ハワイっぽい音で行くとやはりコアが欲しいところでしょう。 これに加えてマンゴーと言うのも高を使っております。 ■そしてマンゴー コアが少なくなって来たので代替にと注目された。 そんなスタートをきったマンゴーですが、 マンゴーというのは太くて甘い音が出るマホガニーっぽさと 高い音の成分がバリっと出るところも持ち合わせているので 非常に使いやすいキャラクターと思っております。  このマンゴーでもキャラメルマンゴーと言う キャラメル色のマンゴーはかなり甘い感じなりますが ホワイトマンゴーは甘いながらもシャープな部分がある。 高橋は気にいってハイGのソロで使っています。■まとめ 木材による音の違いは結構ありますので お好きなものを選べばよいのですが まず、最初の1本、伴奏もソロも試してみたい というならマホガニーから入っていいと思います。 もちろん他の木材でソロができないと言うわけではないので 最終的には好みで選ぶしかないのです。  そして特にハワイアンの伴奏がしたい (あの音が欲しい!) ハワイアンのバンドでコードが弾きたいと言う場合 コアでよいかと思います。  歌伴奏に絞った場合いは、コアはシャープな音が出る なので、男性のボーカルに合わせてみる。 また低音が出るマンゴーならば女性ボーカルに 合わせてみても、なかなか楽しめることでしょう。 それでは4限目の講義はここまでです!またお会い致しましょう!日々の研究レポートは無料メルマガ「うずまきシステムデザイン論」にて報告しています。本メルマガ100個弱のご感想(読者様の声)はこちら 5限目:ウクレレの主要部分の名称 はこちら