タグ別アーカイブ: リアリティ

ウクレレ教室:作品のリアリティは情報量が決め手

 

【作品のリアリティは情報量が決め手】

────────────────────────────────

■リアリティは情報量から

本日は先日、絵画の先生が

行っていた事からアイデアを得て

書いてみます。

リアリティは巧さではなく

圧倒的な質と量の情報から

という内容ですが

質は、最初からはなかなか

得られません。

ただし、量については

時間をかければ得られるもの。

■いわゆる質も

だんだん改善されますが

これも、まずは

圧倒的な情報量から

質に繋がっていく部分があります。

もちろん、しかるべき指導

情報がインプットされる事で

劇的に質も変わるのですが

それにしても

同じインプットをした場合

アウトプットの量が

丁寧さやゆっくりのスピード

も関係ありながら

量がそれでも問題になるのです。

■情報量のシンプルな例

白い紙に線を弾く場合

線が一本なら

上と下

あちらとこちら

という境界が出て来ます。

さらに、線をもう一本

増やしたら

続きを読む