タグ別アーカイブ: 伴奏

ウクレレ教室:伴奏を意識するメリット

 

近日の予定

8/25は夜丸亀の善照寺でイベント

ウクレレと仏教徒

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=F35IuUMyr2tEo&I=00348

8/26は昼イオンモール高松

にてウクレレフェスティバル高松

で演奏します

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=F313WOXhm2Nk6&I=00348

こちらもお見知りおき下さい。

 

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【伴奏を意識するメリット】

────────────────────────────────

■岡大医学部が楽屋

バックステージというか

初めて入った岡大医学部の構内、

会議室が楽屋で

真面目に練習している写真が

隠し撮りされていました

写真

 

 

 

 

 

必死こいて直前まで練習しています。

■さらに

Yさんとやりとりして

以下のようなお言葉をいただいています。

____ここからお言葉追加_____

昨日のメルマガにも書かれていましたが、

重人さんの伴奏というのは、

はじめてステージで聞かせて頂きました。

かなり、

リハーサルを重ねられたのでしょうが、

上手く分山さんの演奏を引き立てていましたよ。

_____ここまでお言葉抜粋______

■伴奏はかれこれ

実は高橋

15年くらい前に(!)

続きを読む

ウクレレ教室:【12番街のラグ伴奏譜面 有】伴奏すれば超ウマくなる&プロの伴奏法

 

<最近の活動>

▼岡山演奏2日目〜広島へ移動

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は朝から移動し

9時半より岡山の

「世界一の駄菓子屋」

という面白い場所にて演奏

全校生徒が数十名しかおらず

5、6年生は同時に授業しているそうですが

この児童のために朝一で

コンサート!

 

■午後は瀬戸内市の公民館にて

そのまま午後からは

瀬戸内市の公民館にてコンサート

レンガ造りのなかなか洒落た建物

PAさんに、きっちり返してもらって

かなり演奏しやすかったですね。

こちらは、400名くらい入ったとかで

この館のMAXレベルの入りだったそうです。

 

■広島へ移動 譜面作成

続きを読む

ウクレレ教室:簡単レベル上げ=基本の徹底

 

<最近の活動>

▼レッスン〜岡山演奏の情報!

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は午前中に120分のレッスン1コマ

その後月の光の譜面を作成。

8月に岡山の演奏で

発表できるように

リハーサルを重ねて参ります。

8月1日

火曜日

2日水曜日の

平日ではありますが

演奏の仕事を頂いています。

サポート伴奏メインですが

ソロもやりますのでお楽しみに!

情報はこちらになります。

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=G4ZdrMVYpf46&I=00348

※くっつけて

 岡山のスポットレッスンも

 開催するかな〜

 その後、広島には参ります!

続きを読む

ウクレレ教室:リズムを強化しましょう!

 

<最近の活動>

▼広島で個人レッスン〜お便り

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は朝から広島にて

120分の個人レッスンを一件

さらに時間が少しあったもので

カラオケに行って自身の練習を少し。

ちょっとだけ声を出したくなったので

「なごり雪」「愛を取り戻せ」

を熱唱してしまいました(笑)

また、

個人レッスンに参加いただいている

鍼灸師の森先生から肩甲骨周りを

緩める方法を教えてもらいました!

(生理学の冊子もありがとうございます!)

■肩甲骨周りをゆるめる方法

以前ご紹介した前後のスワイショウ

とほぼ同じなのですが。

この時手のひらを前方に向けてふる!

これだけで肩甲骨が動くとのことです。

早速バリエーションに加え中!

森先生も気合が入っておりまして

前回やったソングフォーアンナ!

早くも暗譜してこられていました。

気迫にお応えできるように

次回もバシバシ参ります!

(お楽しみに〜)

■お便り

さてお世話になっています

お馴染みの名村さんから

お便りが来たので紹介します

____ここからお便り_____

高橋先生へ

名村です。

リズムトレーニングとして

シェイカーを一時期、

振っていたんですが、

効果(ウクレレ、音楽全般で)

あるんでしょうか?

続きを読む

ウクレレ教室:メロディと伴奏の物理的な分離

【メロディと伴奏の物理的な分離】

────────────────────────────────

■きのうの続きです。

メロディと伴奏を意識的に分離するため

譜面のメロディの音にマルをする。

という話を書きましたが

試した方はどこがメロディか

伴奏なのか?

あいまいな部分がみつかったのでではないか。

と思います。

■あいまいな部分が明確になるのが

まず、一歩前進です。

明確でないメロディを

正しくはだれにも弾けませんから(笑)

○をつけるというのは可視化

メロディを可視化することにより

その意識化がすすみます。

■分からないメロディがあったら

続きを読む

ウクレレ教室:譜面のメロディ部分に◯

 

【譜面のメロディ部分に◯】

────────────────────────────────

■ウクレレソロの大事なこと

高橋はウクレレソロを弾きますが

指が速く動くとか

そんなことよりはるかに

大事なことがあります。

ソロではウクレレ一台で

メロディ、ハーモニー、リズム

その他の要素を同時に弾きますが、これらをしっかり

分けて演奏すること。

■基本的なのは

メロディーと伴奏

これがしっかり分離して

聞こえるようすることが

第一です。

■譜面のメロディにマル

続きを読む

ウクレレ教室:ルールは破ればいいが、守るのは時間短縮のため

<最近の活動>

▼続 おたより紹介

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は、マスター中の曲の再設計など

さて、教材DVDでのやり取り〜

フォローアップさせていただいております

Iさんよりお便りをしてるので紹介します。

____ここからお便り_____

さすが、高橋先生、わかりやすい解説、

ありがとうございました。

教材で取り上げていただきたいのは、

日本の抒情歌、童謡、唱歌でしょうか。

日本の四季折々の歌、例えば、

滝廉太郎の「花」、童謡の「紅葉(もみじ)」とか。

高橋先生の「浜辺の歌」は、

いつ聞いても癒されます。 続きを読む

ウクレレ教室:脳が沸騰する感覚は学びが進んでいる証拠

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【脳が沸騰する感覚は学びが進んでいる証拠】

────────────────────────────────

■ワークショップの冒頭でもお話しましたが

高橋も、人前で演奏する以前
国内外問わず
譜面を買って
教則本を買って

海外のフェスに行ってはワークショップ
(当時は日本でほとんど開催が無く)
(3日連続の缶詰もありました)
などに参加しました。

1つでもアイデアや学びが得られれば
儲けた、そんなモノだと思うような
ことが多くありましたが、

少なからぬ感想として、

■簡単すぎてつまらない(涙)

この場合譜面だけ貰えば自分でできる。
この場合は大人数の場合は抜けて
マイペースで練習したこともあります。
続きを読む

ウクレレ教室:ピッキングソロの種としかけ

▼体メンテナンス〜体験レッスン
───────────────────────────────────
■こんにちは高橋です!
 昨日は朝から歯と体のメンテナンス

 その後広島で体験レッスンを実施。
 なんと夏のお寺での演奏をご覧いただいた方が
 ヒロマーチ1曲の演奏で感激されたようで
 今回レッスンに申し込んでいただきました。

 レッスンの感想を頂いたので紹介します。

___________________ここから感想_________________________
 本日は体験レッスンを受講させていただいて
 ありがとうございました。

 まさか、
 マンツーマンで教えていただけるとは思いませんでした。

 長年、独学でやっていたのですが、
 ちょっとしたコツがわかるだけで演奏の幅が広がるのがよくわかりました。

 目の前でヒロマーチを演奏していただけたので、
 感激しました。

 自宅に戻り、早速教えていただいたエクササイズから
 練習しております。
続きを読む

ウクレレ教室:続ウクレレソロでメロディを活かす伴奏のコツ

【続:ウクレレソロでメロディを活かす伴奏のコツ】
───────────────────────────────────

■ソロでの伴奏の技!

 さて昨日はソロを弾く時に
 伴奏を真面目に1限から4限まで弾かない。
 そんな話をしました。

 1弦で弾くメロディーを殺さないため
 そこに触れないと言うのがポイントでした。
 引き続き今日も伴奏の話をつづけます。m(_ _)m

■伴奏とメロディの分離

 さて昨日のテーマに戻るとウクレレソロ演奏で
 「伴奏部分とメロディー部分を分ける」
 という話でした。

 実は他にもすぐ使える技がいろいろありまして!

 例えば
 メロディーを含む部分は親指で弾いて
 伴奏の部分は人差し指で弾く。

 他には

続きを読む