タグ別アーカイブ: 設計

ウクレレ教室:オルタネイトピッキングの設計基準

 

<最近の活動>

▼生徒さんからメッセージ

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は生徒さんから

嬉しいメッセージを頂きました。

レッスンでやった

原理原則をもとに

自らで運指を考えて

ウクレレを弾いています!

と言うこと大変うれしい

お知らせでした^_^

原理原則を学び

■判断基準を持つと

いちいち細かい確認が

いらなくなります。

教えることも

教わることも

だんだんシンプル

かつ本質的になりたいもの^_^

昨今のメルマガで言う

判断基準、原理原則は

例えば

・最短移動となる運指だったり

・伸筋優位で左手が疲れない為の、

骨格で支え、テコの原理を使うだったり

続きを読む

ウクレレ教室:記憶と共演する音楽〜感動を設計する!

<最近の活動>

▼スタジオ練習〜読書〜音源

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は終日

スタジオにこもって練習。

自由学園のビアテラス演奏

に向けハワイの曲を

増やしています。

移動中など利用し読書

■信長の呪い(小室直樹)を

読んでいます。

桶狭間の戦いは奇襲ではなく

正面から堂々と戦いを挑んだ

という話であったり、

本能寺の変で、

首をとられることがなく

自らの死体の始末したこと

これが信長の

カリスマを

作り上げた。

何よりも情報戦を重要視した

読んでいると先日から

気にしていたイノベーション

新機軸と言う話が沢山

出てきて。

信長こそが旧封建社会から

近代資本主義へ日本を導いた。

そんな張本人と言う話が出てきました。

■レッスンフォロー

本日、

あらためて

レッスンの録音を

なんども、なんども

聞きながら

アフターフォローメール

など書きつつ

12番街のラグ

続きを読む

ウクレレ教室:DVDを用いた独習方法について

<最近の活動>

▼譜面作成〜レッスン〜教材使用法のフォロー

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は午前中から譜面を作り

午後からレッスン

暑くてバテ気味な夏ですが

みっちりレッスンしております。

さて先日ウクレレ楽しい大学DVD

Vol1〜5セットで購入いただいた方から

どういった順番で練習するべきか?

と言うご質問が来たのでちょっと考えてみています。

いただいた

ご感想〜ご質問 はこちら

____ここからご感想____

高橋先生

お世話になります。

DVDの発送、早速ありがとうございました。

昨日受け取り、ボリューム1だけ拝見致しました。

以前、先生の体験レッスンで

同じ内容のものに参加させて

いただいたことがありますが、

本当にレッスンそのままの内容で、

これならいつでも振り返って

復習する事ができます。

続きを読む

ウクレレ教室:遅く弾くからこそ磨かれるセンスとは何か

■こんにちは高橋です!

昨日は引き続き歯の点検&クリーニング。

久しぶりの動画撮影は

カントリーロード弾き語りバージョンです。

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=O426ADhZknAeo&I=00348

またDVDを購入いただいた方の

個別フォローなども継続中。

■話は昨日に引き続き

DVD教材をお買い上げいただいた

Iさんから情報いただいております。

昨日読んでない方のために再度掲載します。

_____ここからお便り_____

 高橋先生、おはようございます。

 先日、ご紹介されたスワイショウですが、

ウクレレを習い始めた時期に、

「ゆるめる気功」も習い始め、

その基本功として3種類とも毎日、実施しています。

すべてがシンクロしているようです。

続きを読む

ウクレレの譜面を何冊買っても弾けるようにならない理由とは?

<最近の活動>
▼ジャカソロ入門発送〜譜面作成

───────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!


昨日はジャカソロ入門を発送。

さて明日のレッスン用に作った譜面を自分で弾いてみると。
読みにくいところ、間違いも発見(汗)
直してコピーしてきたところです。

見学の方も2人来られるので
彼らの分の譜面(お裾分け)
さらにエクササイズの譜面も用意。

めっちゃラッキーですよ!!!
(高橋は基本譜面売りはしませんので!)
続きを読む

超簡単にリズム感を出すウクレレの演奏設計

【超簡単にリズム感を出す設計】
───────────────────────────────────

■演奏設計としてリズム感を出す


これには鉄則があります。


強拍の部分を強調する。
そのため強拍にコードを配置
それ以外は単音にするという
シンプルな原理原則です。



■たとえば


2拍子や3拍子であれば
1拍目を行のコード弾きにします。
詳しくはメロディ足すコード


4拍子だと1拍目と3拍目を
コード弾きにする。


このシンプルな設計で曲のリズムが出てきます。



■リズムができる理由


そもそもリズムというのは
強拍と弱拍の並びによって構成される


そして音楽的には強拍というのは
強いと言うよりも、


長い音と言う解釈なんです。



■長く弾く方法


そこで力強く弾くと言うよりは
コードを含めて塊として長く鳴らす。


こんな設計をすれば良いわけです。


コードにすると4つの弦を弾きます。
だから物理的にも指が長く動きます。


あとは1弦にメロディを追加すべく
押さえるフレットを調整ですね。
(他の弦に入れる場合もあります)




■買ってきた譜面にも?


皆様が持っている
買ってきた譜面も1拍目ににコード
あると思います。


これはそのよう理由なんです。



■多種多様なリズム


いろいろなリズムがありますが
基本的にはこの考え方が使えます。

強調する部分に音を重ねる。
この設計思想が原理原則です。



■本日はこのテーマ


ピーナツベンダに盛り込んでレッスン
します。


超簡単です^_^


同じテーマはウクレレ楽しい大學Vol1
エクササイズ〜キラキラ星

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V9lzidI4kJeI&I=00348

でも解説しています。
(初心者に特におすすめです!)

━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。
メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」(http://ur0.xyz/qahr)

に登録いただいた方には!

最新の研究レポート(笑)がリアルタイムに自動で届きます。
約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

3つの原理原則で左手の演奏設計ができる(ウクレレ)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のうずまきシステムデザイン論>
【3つの原理原則で左手の演奏設計ができる(ようになっていきます:汗) 】
───────────────────────────────────

■さて先日の続きです
 この世のモノゴトは「モノ」と「コト」に分類される。
 そんな話をしました。

 ウクレレ、チューナー、ケースなんてのが「モノ」
 ピッキング、ストラム、3連なんてのは「コト」です。

■抽象度のレベルという話もしました。

 そして「ウクレレ」「バイオリン」「ギター」
 などの具体的なものの抽象度を1つあげると
 「弦楽器」

 同じレベルに
 「弦楽器」「打楽器」「管楽器」

 が挙がりますが
 この抽象度をもう1つあげると
 「楽器」

 これを延々繰り返すと
 最終的には
 「モノ」
 に到達します。
続きを読む

ウクレレ教室:出来る人がセンスでやってる様な奏法と思ってました(^^;;

■こんにちは高橋です!
 ウクレレ楽しい大学シリーズDVD
 vol3「海〜レガート」の感想いただいております。

 ________感想ここから___________

 重人さん、こんばんは。

 ウクレレ楽しい大学の海レガート奏法を拝見しました。  
 今回の課題曲の海は、
 曲自体はシンプルでしたが、
 短い曲をサムピッキングと3種類のレガート奏法で演奏しており、

 非常に密度の濃い1曲でした(*^^*)
続きを読む

ウクレレ教室:高解像度の演奏を設計しお渡ししまーす。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<最近の活動>
▼ヒロマーチ体験レッスン ご感想
───────────────────────────────────
■こんにちは!高橋重人です。

 ヒロマーチの体験レッスンのご感想を浜元さんから頂いています!

 ________ここからご感想________________

 先日はヒロマーチ体験レッスン(2コマ目)
 をありがとうございました。

 印象的だったのは、先日のメルマガにもあった
 「ハットリくん練習法」。
続きを読む

ウクレレ教室:全体を捉えて濃淡設計するという視点

髙橋はここ2年ほどかなの書道にも力をいれはじめています。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のうずまきシステムデザイン論>
【全体を捉えて濃淡設計するという視点】
───────────────────────────────────
■筆記用具でも筆にしかない特徴とは!

 かなの稽古やっていると
 漢字の書道とは違った観点に気がつきます。

 さて、筆にしかない特徴は
 文字の濃さがだんだん変化する点

 鉛筆、マジック、シャーペン
 いずれも濃さの変化はありませんよね。

続きを読む