タグ別アーカイブ: 音楽

ウクレレ教室:スイカの塩であなたの音楽を甘くする。

 

■先日の岡山の演奏のご感想

某SNSで頂きました!

引用させて頂きます。

(匿名にて)

____ここからご感想____

8月1日、岡山まで、

ウクレレ奏者の高橋重人先生と

口笛奏者の分山貴美子さんの

コンサートに行ってきました!

ホールは壁面ガラスで中から青空が見える!

口笛とウクレレと青空がとても合っていて

素敵空間でした

口笛演奏は初めて聴いたのですが、

繊細で優しくて芯の強い美しい口笛の音は

分山さんそのものなのだろうと思いました。

色んな楽器で

色んな演奏法や

楽しみが詰まった

素晴らしいコンサートでした。

続きを読む

ウクレレ教室:カタチから入るしかない事の意味

 

【カタチから入るしかない事の意味】

────────────────────────────────

■大きな筆だと

1年に何度も使うわけではないので

この感覚を取り戻すのに

10枚20枚とかかる場合があります。

そして芸事、

たいがい

最後には

■形にとらわれてはいけない!

と言うことを言われるんですが。

しかし最初は

形をとることから始めるしかない

とにかく基本中の基本が

形を真似ることから始めます。

お手本があれば楽ですが

ない場合はその似たものや

古い何かから

お手本になるのものを

作っていくのですね。

■まずは形をとる

そして、手本から形をもらった後

技術が無い時点で強弱などを出そうと

続きを読む

ウクレレ教室:作品のリアリティは情報量が決め手

 

【作品のリアリティは情報量が決め手】

────────────────────────────────

■リアリティは情報量から

本日は先日、絵画の先生が

行っていた事からアイデアを得て

書いてみます。

リアリティは巧さではなく

圧倒的な質と量の情報から

という内容ですが

質は、最初からはなかなか

得られません。

ただし、量については

時間をかければ得られるもの。

■いわゆる質も

だんだん改善されますが

これも、まずは

圧倒的な情報量から

質に繋がっていく部分があります。

もちろん、しかるべき指導

情報がインプットされる事で

劇的に質も変わるのですが

それにしても

同じインプットをした場合

アウトプットの量が

丁寧さやゆっくりのスピード

も関係ありながら

量がそれでも問題になるのです。

■情報量のシンプルな例

白い紙に線を弾く場合

線が一本なら

上と下

あちらとこちら

という境界が出て来ます。

さらに、線をもう一本

増やしたら

続きを読む

ウクレレ教室:音楽を可視化すると書道になる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【うずまきシステムデザイン論】 1480号 2016/12/13

 音楽を可視化すると
<最近の活動>

▼呼吸筋ストレッチ〜リハ〜忘年会

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は朝から呼吸筋ストレッチ。
呼吸筋を使う方向と逆に伸ばしながら
息をすることで

かなり筋肉の柔軟性が高まるのを感じています。

歌の先生にこういうサイトがあると
お伝えしたところ
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/15/060800017/062400003/

研究者たちの著作には目を通している
と言うことでした。
やはり専門家はしっかり勉強している人に限りますね。

■夕方は〜

夕方にはJazzoomCafeさん
勝誠二さんと忘年会。
続きを読む

ウクレレ教室:繰返し=命=大切なもの を表現するのが音楽の役割

【繰返し=命=大切なもの を表現するのが音楽の役割】
───────────────────────────────────
■部分を束ねる流れに音楽を感じる。

 昨日は技術要素など部分の集合が音楽ではなく
 これを束ねる流れ。
 まとまりに人は音楽を感じるのではないかという話をしました。

■音楽のテーマ
  
 そして多くの場合メロディーにテーマが託される
 そんな割合が大きいわけですが。

 このメロディーが繰り返されることが
 音楽の特徴ではないかと思っています。
続きを読む

ウクレレ教室:連続性が音楽の特徴

【連続性が音楽の特徴】
───────────────────────────────────
■音楽的に聞こえる事

 個々の技術も大事ですが全体として音楽のように聞こえるのは
 どういうことか言うことについて考えております。

 音楽に聞こえる最低条件としては
 音の高さと長さが元の曲に合っている。
 これは最低限で大前提だと思います。

■連続性が音楽

 ただし実際の歌でメロディーが上がる下がるとき
 楽器だと半音ずつだったとしても
 声については無段階に上がるのでしょう。
続きを読む

ウクレレ教室:目指せ!ノーベル音楽賞!?個々の技術を足しても演奏にはならない

【個々の技術を足しても演奏にはならない】
───────────────────────────────────

■演奏は部分の足し算ではない

 さて、そろそろ演奏の話に戻ります(笑)
 
 すこし唐突ですが、演奏に関しては
 部分の集合足し算が演奏全体にはならないようです。

 
■細かな技術部分っていうのは色々挙がります。

 ▲リズム、ハーモニー、メロディ、音色
  をどうするかの細かいテクニック。
 ▲ピッキング
 ▲ストラム
 ▲レガート奏法
 ▲運指の考え方、具体的な技術
 ▲音楽表現を落差であらわす
 ▲速度コントロール

続きを読む

ウクレレ教室:繰返すテーマに変化を付け無限に楽しむ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のうずまきシステムデザイン論>
【 同じことの繰り返しに変化を付け無限に楽しむ 】
───────────────────────────────────
■秋の到来は目に見えないけど、感覚でわかる。

 かなの稽古で藤原家隆の歌を練習しました。
 ちょうど季節も今頃にぴったりの歌で

 ーひらがなではー

 きのふだに
 とはむとおもひし
 つのくにの
 いくたのもりに
 あきはきにけり

 ー漢字仮名交じり文にするとー

 昨日だに
 問わむと
 思ひし津の国の
 生田の森に秋は来にけり

 ー現代語訳するとー

 (まだ暑かった)
 昨日ですら、訪ねようと思っていた
 津の国の生田の森に
 ついにやって来たところ
 秋もやって来た

 どのこんな歌のようです。
 暑かったのに急に秋が来た!
 目に見えないものですが
 秋の到来はハッキリわかるのですね!

■ヘンタイではなく、変態でもなく、変体かな

 こちらが最後に書いた作品(写真)ですが。
 
11998903_10205116934985913_4814802856470827018_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

一生楽しむためのウクレレの持ち方 :ウクレレレッスン動画


 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【 一生楽しむためのウクレレの持ち方 】

───────────────────────────────────

■ウクレレのレッスン動画をアップしました。

 

 内容はウクレレの持ち方について。

 立って持つ場合と座って持つ場合のポイント

 凝縮してお伝えしておりますので是非ご覧ください。

続きを読む

良い音楽体験は食事と同じ 素材x道具x手仕事x受け手の感性


【メロディが支える曲の個性】

本日はさらに、音楽の要素について考えています。

 

音楽の3要素は

以前にも書いた事がありますが、

 メロディ

ハーモニー

リズム

 

4つめの要素が

  続きを読む