ウクレレ教室 ローGとハイGのメリット

<最近の活動ダイジェスト>

▼台湾の友人とラーメン〜フジゲンウクレレ確保

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は文章の書き方の勉強会に参加。

その後は台湾からレコーディングで来日している
アニー(先日参加したフェスティバルのオーガナイザー)
に渡し忘れたお土産を(笑)

渡し、行きたいと言うラーメン屋に
一緒に行って食事をしてきました。
ホテル近くのスーパーマーケットに案内して
あげました。

旅行者にはコンビニよりありがたい
ですからね。

■フジゲンウクレレ確保

またメルマガを購読して頂いてる方から
ウクレレのご注文いただいきまして
フジゲンウクレレの確保。

いただいた
やり取りの中から

コンサートとソプラノ
ハイGとローG
と言うキーワードが出てきたので

少しその辺も
紹介したいと思います。

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜
続きを読む

ウクレレ教室 脳疲労を防ぐ練習メニューの立て方

<最近の活動>
■お便り紹介

_____ここからお便り_____
高橋先生へ

Nです。
楽器店の感想の例、
よくある話だろうなと思います。

ブラック企業が多いということも私自身、
以前営業関係の部署にて仕事をしたことがあるので、
身につまされるというのが正直な感想です。

以下、推測もあるのですが、
その会社が売上額のみを目標にすると、
そこに店員の意識が向くために

相手の要望を聞く前に
高額なものを売りつける、というパターン。

また、買った人は不満が残っている状態で
ずっと周りに不満をこぼすパターンなど、
悪循環が起こってしまうようです。

そして、客の不満や怒りを
かわないよう店員が極力話しかけ
なくなるなど、

色々な問題が起こるのでしょうね。

また、身近な楽器店での例で言うと、
過剰サービスによって首をしめる
ケースもあるようです。

例えば、初心者向け無料講習会で
(楽器店店員が勉強してチューニング
 ・簡単なコードを説明するだけでなく、
 簡単な曲を練習・演奏する会)があり、

これは少し無理しているんだろうな。。。
と思ったり

長期的にみると、質の維持が難しく
負担も増えているように感じました。

店員さんも、営業のビジネス書籍で
読んだやり方をそのまま実践する
など試行錯誤して、努力しているようですが、

会社としての方針・評価するときの難しさ
(どこかの時点で売上で評価している)

があり店舗全体のレベルアップに
つながっていない気がします。
続きを読む

ウクレレ教室 こまめに休憩は脳の疲れを防ぐ

<最近の活動>

▼販売店に関するおたより紹介

■おたより紹介

また最近楽器屋さんの対応について
お話をしてきたんですが

関連のお便りが来ているので紹介します。

_____ここからお便り_____

【年齢】
 60+

【性別】
男性

【ご感想、ご質問 内容】
 楽器店の対応についてのメルマガを読んで、
 私の楽器店での経験をお伝えしたい。

【悪い思い出】
東京お茶の水の表通りに面した、
とある楽器店を訪れました。

店でソプラノを持っているが、
コンサートも試したいと伝えたところ、
今は何を持っているのか、
フェイマスを持っている、
それならK製品が良いとKを持たされました。

フェイマスを持っていて、
次に買う機種を決めていないなら、
Kを買うだろうとでも思ったのでしょうか。

ちょっと驚いていると、

続きを読む

ウクレレ教室 生徒さんのご感想と脱力論(続)

<最近の活動>
■こんにちは高橋です!

もはや日課の台湾準備
やはりフェスティバルに向けて
難易度が高い曲を設定していくことで
実力も上げていくことができる
と実感しているところ。

夜からはウッチーさんの
ラジオ収録。

昨日のメルマガ、脱力関連の
返信を頂いています!

こちらは本論にて取りあげます!

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【生徒さんのご感想と脱力論(続)】

────────────────────────────────

■脱力のお便り(続)

_____ここからお便り_____

高橋重人さま

Yです。
お世話になっております。
まさか動画まで送っていただけるなんて!
送ってくださったメールを何度も読み返して、
動画も何度も何度も繰り返し拝見しました。
本当にありがとうございます!(;_;)

なにかが見えてからとも思ったのですが、
とんでもなく時間がかかる予感がしました。

ひとまず現状報告をします。
返信が遅くなって申し訳ありません。

質問をした時点では、めざす音も
よくわからなくなってきていたので、
動きと音が結びついている動画が
とてもとても嬉しかったです。

気持ちまで軽くなりました。
続きを読む

ウクレレ教室【ご質問への回答(脱力)】

<最近の活動>

▼新しい教材&ご質問(脱力)

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

タカハシやっちゃいました。
宅配便が来たのとき慌てて
まともに歩けず、足の指を机の足角で強打
T_T

昨日は久しぶりに外出なし。
ゆっくりと台湾旅行&レッスンの準備

■新教材

昨日号外でウクレレ楽しい大学
ソングコレクションのお知らせをしたとこ
バンバンご注文いただいています!

嬉しいです!
ありがとうございます。

結構長文でしたが
えー自分に合う教材を探してる方には
十分な説明を果たせたようでした。

長文ですが編集後期に
再度貼り付けておきます。

■ご質問(ピッキングの脱力)

_____ここからご質問_____

高橋重人さま

Yです。
お世話になっております。

右手の脱力について、
レッスン直後はなんとなく
これかなと思える感覚が続く
ことがあったのですが、

時間が経つにつれてだんだん
わからなくなってきました(TT)

現状右手の人差し指の筋が
つっぱる感じがたまに出るので、
間違いなく出来ていません。

そこで教えていただきたいことがあります。

正しく構えた状態を真正面から見た時に、
手の甲がどのくらいの角度で見えているものですか?

また、前方で手首を落として
そのままウクレレに当てた時に、
空間を取ろうとして右手肘側のホールドが
甘くなります。

腕のどこでどうホールドする状態が
正解なのでしょうか。

最初の最初の方から
「???」

状態になってしまい、
迷路でさまよっております。

レッスンの時に撮影させて
いただいておけば良かったです。

お忙しいところ申し訳ありませんが、
よろしくお願いいたします。

Yさん

_____ここまでご質問_____

Yさん
ご質問をありがとうございました。
別途、メールしましたが

最初感覚を覚えていたけど
分からなくなって来た。
探しているというのが完璧な
上達のプロセスの上にいますよ!!!

ご安心下さい。

あたらためて、フォローアップ
も兼ねて書いてみたいと思います!
続きを読む

ウクレレ教室【もう1つのGの押さえ方】

【もう1つのGの押さえ方】

────────────────────────────────

■台湾語の歌

来月はいよいよ台湾の
ウクレレフェスティバル
「環太平洋ウクレレフェスティバル2」

に行きます。

そこで台湾語の曲を歌おうと
準備しています。

(いわゆる中国語ではありません)

大陸から国民党がやって来る前から
福建などから移り住んでいた方々
などが持って来た言葉を多く含む

台湾語というのが話し言葉中心
にあるんですね。

■公式文章などは中国語

ですね。
台湾出身の友人は

「マンダリン」

と呼んでいました。
中国に来た宣教師が(スペイン語?オランダ語?)
でそう呼んだのですが。

これは中国の官僚の言葉
要は公式文章や公式な言葉
ということですね。

マンダリンはもともと
柑橘類の呼び名ですが。
続きを読む

号外:ウクレレ教材「上を向いて歩こう」のお知らせ

こんにちは高橋です!

ウクレレ楽しい大學
ソングコレクションと言う
新しいシリーズを作りました。

第1作は
「上を向いて歩こう」
メルマガ読者様だけの
専用ページはこちらです。
http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=M1lyzTIFBqcAM&I=00348 ※31日までの早割適用中。

こんな方に最適です。

細かい弾き方の考え方よりも
まずは親しみのある名曲を楽しみたい!

でも、ちょっと楽しみながら
勉強になるといいなあ。

という欲張りな(?)
方のために新しい教材を作りました。

これまでの
ウクレレ楽しい大学シリーズでは
しっかりと深くウクレレ奏法
その土台となる考え方を学べるよう
「しっかり説明」
するような作品を作ってきました。

教材という限られた時間の中で
効率的に学びを提供する必要があり
そうした中で、解説の容易さ
も含めて課題曲を取り上げるので

人によっては奏法以前に

■とりあげた楽曲に興味が湧きにくい

そんな現状を見て取ることが
できました。

そこで逆に

楽曲の良さを中心に
教材をアレンジし

メインは演奏できる楽しさに置く
キーワードを軽く説明し
興味を持たれた方には
そのワードをひもづいた
楽しい大學シリーズで学ぶ事も出来る。

そんなふうに最低限の
キーワードを解説に埋め込む事で

必要な部分、興味の有る事を
楽しんで練習する中から
見つけ出して、

また深く学ぶ事もできる。
というアプローチが
実際のレッスンに近い
という現実にも気がつきました!

■やってしまえば難しい事は無い

実はやってしまうと
難しい事はあまり無いのですが、

そうは言っても人間の脳は
とっても変化に弱いもの

新しいモノゴトは面倒ですね。
なので、まずは演奏を楽しむ!

ということに重心を置いたシリーズ
として今回ソングコレクションを
立ち上げました。

また、すでに学んだ内容も
素敵なレパートリー楽曲を
増やしていくことで

「あの考え方がココにも!」



復習になり定着も高まります。
この場合は解説はあっさりでも
強烈に印象が深まって行きます。

もちろんここからスタートしても
楽しく学べるように考えて作っています。

第一弾は「上を見て歩こう」

作曲 中村八大
作詞 永六輔

日本が世界に誇る名曲です。

メルマガ読者様専用
早割適用のページはこちら
http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=M1lyzTIFBqcAM&I=00348

■世界的な名曲

高橋も実際に
カナダやスウェーデン
フィンランドまたシンガポールでも
リクエストされた思い出があります。

カナダでは
中華料理屋での演奏が終わった後に
1人の紳士が近づいてきて
ひざまずいて、プリーズスキヤキ(笑)

スウェーデンではフェスティバルの
アフターパーティーで

フェスティバルの大ボスに
日本語で歌えと言われ
彼がウクレレ弾いてが
僕が歌うと言う楽しいひと時もありました。

フィンランドではなんと
フィンランド語バージョンがあって
ワンコーラス順番で一緒に歌って
音楽の交換を楽しみました。
音源が有ります。YouTubeに飛びます。

シンガポールではショップコンサートをした時
日本に関連のある仕事してる方
(アジアではそういう人が結構いますね)

歌本を出しててき
この曲を日本語で
歌ってくれと言うんですね。
YouTube動画に飛びます。

日本の名曲を知っているだけでも
そうやって世界の人と楽しめる事実が
あるんですね。

■解説の傾向は左手中心(パコデルシア言説も)

今回の教材ではあのフラメンコギターの巨匠
パコデルシアも言ったように左手重視です。

彼が言うには

大事なのは左手である
なぜなら右手はただ動いてるだけだが
左手は音楽を作る。思考がある。

ということで解説は
ほぼ左手に特化しています。

実際にウクレレの演奏は
左手の運指設計によって
ものすごく引き易くなったり
逆に悲しいくらい弾きにくくなりも
します。

(中にはほとんど演奏不可能な譜面もあります)

本当は演奏設計について熱く語る!
のが大好きなのですが、進む事重視で
わりとあっさり進んでいます。

演奏設計にもいろいろ経験値がありまして
その経験のある部分を原理原則に落とし込んだ上で
この原理を各部分に適用していく。

そのプロセスではなくその結果
「具体的な弾き方」
を時間を割いてたっぷり説明しています。

もちろん運指の意味も含めて
どの指でどのように、どの弦を弾くか
これを譜面に沿って説明するわけで
これをやっていくだけで

やがて運指の原理原則が
体で身に付いていく内容になっています。

つまり高橋が師匠から十年以上
そのまた師匠の師匠となると数十年も
かかって取捨選択され、

生き残ってきた

効率の良い運指
弾き易い運指
美しい音で弾ける運指

これをわずかな時間で
学ぶことができます。

部分的に最初は難しく感じる
ところも出てくると思いますが

その部分こそ今までの思考に
なかった部分です。

お持ちでなかった演奏思考が満載
されている部分なのです。

運指は常に改善されていくもので
絶対に、これだと押し付ける
つもりはありません。

■まず真似してみることが上達の一歩!

ただし、現状でこれが最適という
感じ方がご自身の運指に薄いならば
まさに、本DVDの説明どおりに
トライする機会を持つ事。

強くお勧めします。

すぐ弾き易くなる部分
その場で効果を実感できる部分もあれば

もう少し練習が必要だと
感じる部分もあるでしょう。

その部分については
少し根気良く繰り返していけば
必ずや無理なく楽に、美しい音で
弾くことが出来るようになって
いただけると自負しています。

そして繰り返し体になじませていくことで
効率的な運指ができる、

つまり

■思考する指というのができていきます。

指を使いながら脳自体も
パワーアップしていくわけですね。

DVDの内容自体は楽曲の紹介から
演奏例、全コードの押さえ方、運指の詳しい解説。
に進みます。

キーも2つ!
F(原曲)とGでの解説。

この後に、コード弾きで弾語りの例を
お見せして楽しみ方、学び方の提案もしています。

また2つのキーを学ぶ事であらたに
分かって来る部分もありまして

基本的に弦楽器はスライドすることで
キーの上げ下げができるんですが
ここにメロディーも関連すると

単純な上げ下げだけでは
うまくいかない部分も出て来ます。
このあたりをどう処理しているか
という部分などに着目すると
大変これも興味深い内容になっていると思います。

○早割 第二弾 あと一週間です!

メルマガフッターなど中心に
第一弾を行いました。

今回号外から第二弾の早割価格で
提供します。

この機会に是非名曲にトライ
してみましょう!

メルマガ読者様の専用ページ
はこちらです!

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=M1lyzTIFBqcAM&I=00348

高橋重人

ウクレレ教室【結果を楽にだすために(弾語り)】

<最近の活動>

▼国立博物館〜呼吸法ワーク

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は午前から移動し
東京都国立博物館にて
アラビアの道 なる展示を見学


夕方からはボイトレの先生の
呼吸法ワークショップに参加。
(これも台湾の準備ですね)

特に執着を持って
上手に歌いたい気持ちは無いんですが。

きちんと基礎を学ぶと
同じことやるにも非常に楽になるので。

どっちかと言うと
楽しようと思って
学びに行ってます(笑)

備忘録も兼ねて
呼吸法ワークについて
書いてみようと思います。

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【結果を楽にだすために】

────────────────────────────────

■前回が先月だったか

2年間で5回くらい
このワークショップに
通っています。

そして、間が詰まってきて
感じるのは繰り返すほどに

確実に響く声、その為の息
を取り戻す時間が少なくて

徐々に、成長の方向へ
ベクトルが向いていること。

まさにスパイラルアップ!

そしてマリコ先生のレッスンは
ベイビーステップの見本みたいなもの
なので自分の勉強も兼ねて

さらに公開します。

■実施内容を列挙

約90分の間に

これだけやっています。
実施内容

でも忙しい感が無いのが不思議です。

・体ほぐし
・寝て腹式呼吸
・立って腹式呼吸
・リズム呼吸 短く吸い長く吐く1:4 1:7 続きを読む

ウクレレ教室 ウクレレを持っての上半身脱力

【ウクレレを持っての上半身脱力】

────────────────────────────────

■ウクレレを持っての脱力へ!

昨日の続きです。

メルマガに書いた通り
本日から弾き語り力向上について
自らの体でテストしています。

まず、一連の脱力法から
声出しを少しやって
体の緩むのを確認します。

■脱力で音が変わる

楽器の音も脱力すると
一瞬で変わりますが

声も次第に、やがて
大きく変わってきます。

日本語は口先から喉
あたりだけで喋れる言語なので

歌うところまで距離があるのですが

■声出ししながら響きを探す

まず胸が振動するような
やり方を探して声出しをしていきます。
続きを読む

ウクレレ教室 弾語りへの道はブレーキ解除から

<最近の活動>

▼ご感想

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は朝から120分の
グループレッスン2コマ。

その後レッスンフォローアップ。

さらには明日のレッスンの準備
アレンジし譜面を作成。

そしてDVD教材発送。
このままでは時間がたりないので
お風呂にテキスト類持ち込んで
台湾の準備ですね。

■ご感想

新しい教材DVD
「上を無てい歩こう」

のご感想を頂きました。

_____ここからご感想_____

高橋先生へ

Nです。
ソングコレクションvol.1 
上を向いて歩こう
有り難うございます。

ソングコレクションのパッケージが
楽しげで良い感じです。

待望のソングコレクション
第1弾と言うことで
弾き語りに挑戦!

と行きたいとこなのですが、
私は弾き語りがダメなんです。

コードに合わせて
ふわーっと歌いたいな、
と思っているんですが。。。
 

何というか喉が固まってしまったような感じ
いわゆる横隔膜が上がり切った状態になって
しまいます
(多分弾くのに必死で
歌に神経が回らないせい?)。

普段よりも体が固くなり、
下手になる?

こういう方、多いのではと
勝手に思っているのですが、
どうなんでしょうか?
続きを読む