あなたにぴったりのウクレレを選ぼう! 木の種類による音の違いを聞いてみる!

ウクレレ木で選ぶ

こんにちは!さて本日は
ウクレレ100動画 No33

クロサワ楽器タイアップの
ウクレレ選び方ガイド編その2です。
木材の違いの紹介。
マホガニーとコア
に的を絞っています。
最初のジングルの音は高橋重人シグネチャー
モデルですのでマンゴーです。
低音とアタックがが効いています。
 
さて、マホガニーは高級家具にも使われていた
比較的柔らかい木ですね。
ギブソンのSGギターやレスポールの後ろ半分
もマホガニーです!
暖かみのある音ですね。
僕もこの動画と同じようなマーチンの3M
持っていて、ローGを張っています。

3MのMはマホガニーのMですね。
同様に3Kだとコアです。
先にでましたが、コアはハワイに広く
生息するマメ科の種だそうで
古くからカヌーやウクレレに使われたのです。
 
音色は湿度が低めです。
高橋の主観にはなりますが
 
湿度の低い=カラッとした順
コア>マンゴー>マホガニー
低音が出るのは
マンゴー>マホガニー>コア
 
ちなみにマホガニーは中音を主体に
バランスよく全体の音が出ています。
ハイジーでコードを弾くとやはり
コアが気持ちいいですね。
そしてカラフルさは
コア>マンゴー>マホガニー
でしょうかね。
とにかく、マホガニーは地味です。
派手なのがコア。マンゴーは中間かな。
 
以前、同様の1分のフレーズで
この3種を弾き比べたファイルがあるので
参考に聞いて見て下さい。
どれがどの木かわかりますか?
 
どの材でしょうか?その1
どの材でしょうか?その2
どの材でしょうか?その3
答えは。。。
 
 
 
1マホガニー
2コア
3マンゴー
です!
それでは今後に続きます!
 
 
高橋のオススメウクレレ紹介&販売はこちら〜
FUS-TS

■無料プレゼント! 間違えないウクレレ選び情報

メルマガに登録するとウクレレの選び方の厳選記事をお届けしています! このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。 メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」に登録頂ければ、ウクレレ選びのポイントなども含む記事がリアルタイムに自動で届き、すぐに学びがスタートできます。

メルマガ登録フォーム

氏名
メールアドレス