ウクレレ教室〜良い演奏の条件 演奏の安定は全て設計で決まる。

■良い演奏の条件

高橋が、美しい演奏

感動のある演奏を

お届けするために

気を配りそして

演奏の設計に組み入れている

キーワードを紹介しました。

こんなのが挙がります

▼時間軸

▼解像度

▼安定性

▼コントラスト

▼記憶との共演

▼効率性

▼非効率

▼テーマ性=物語性

etc

ここから、毎日ではありませんが

1個ずつ挙げて解説しています。

■本日は安定感について!

本日は安定感について

お話します。

音に安定を与えるのは何か?

物理的安定

心理的安定

の2要素がありますが

いずれも、設計から産み出されます。

「演奏設計」

が全ての安定の根源なんですよ〜

意外かもしれません(!)

■しっかりした建物をつくるには?

何が必要でしょうか?

もちろん、しっかりした材料

きちんとした施工技術ですが、

どんな材料を使って

どういう方法で施工するか?

そう、設計で決まりますよね?!

手抜き工事はダメですよ(笑)

■物理的な安定

あなたの演奏中

こんな不安定な要素が

気になった事はないでしょうか?

毎回、弾くたびに違う演奏になる!

同じ音、粒をそろえて弾けない!

昨日は弾けたフレーズが今日は弾けない!

強い音が出ない!

思ったように強い弱いが弾き分けられない!

など

高橋も、きっちり勉強するまでは

いずれも、

精神力とか調子の善し悪し

とかで片付けていましたが。

まったく違いました!

安定した音は

安定した体の使い方

が必要だったのでした(汗)

■出来なかったのは、そんなこと知らなかったから

意識して見る事がなかったからです。

視点を手に入れるのは、思ったより

大変でしたが。

手に入れたら一生もの。

また、なぜ不安定か分からない(涙)

という状況は心まで不安になりますが

理由が分かれば、物理的な不安定を

探して、安定させることを対策として

考えればいいので、気持ちも落ち着きました〜

■体の使い方の安定は、言われて直した

実際にはこういうことを

レッスンで、右手!右手!ホールド!

と言われて、は気をつけ

気をつけては戻り(汗)

戻っては言われて

を繰り返して

身につけたモノです。

!=(怒)

ではなくて

!=(注意!!!)

ですよ

■体の使い方の安定【例】

たとえば

ピッキングの時に右手の

小指、薬指をボディーに

しっかり固定してピッキング

の作用を弦に伝えきる。

ストラミングする時も

手首の回転がしっかりできるよう

軸となる腕小指側を

ボディーエンド側に固定。

そしてそれらの前提条件ですが

しっかり立つこと、座ることが

できるように、座るなら坐骨で座る。

前かがみにならない姿勢etc etc…

■リラックス方法も含めまとめ中!

どこか調子が悪いと

かばうようにして

体のバランスが崩れていきます。

なのでなるべくリラックスする。

余分な力を抜く脱力も含めて

このあたりの基本事項は

現在、ウクレレの安定を決める体の安定

という内容でDVD教材を編集中です。

■このように特に、

音が弱い!

ばらつきがある!

と言うように

再現性が低くなる場合は

これらの、物理的な不安定が原因です。

昨日は弾けたフレーズが今日は弾けない(涙)

なんて言う時も

体の使い方が定まってない場合が

ありますので気をつけてみてください。

■心理的な不安定

もう一つの不安定要素は

心理的な要素があります!!!

心配事があると、もしくは

今夜デート!

などとなると目の前の

演奏から気がそれる。

こともあるでしょう。

いいこと、は気分が良くて

うまく活用すればプラスに

働くでしょう!

しかし、

主に、演奏の妨げになる心理的要素は

「判断がいちいち必要」

という状態です。

即興のプロはきっちりと

演奏しながら次の判断を

やってのけるスゴイ技術ですが

普通は、こんなことをやると

ガタガタに崩れます。

■演奏から判断要素を極限まで排除する

あれ!

どう弾こう!

とか思ってる間に

時間が過ぎていくので

本来のテンポに

間に合わないように

判断が入ってしまうと

ちょっと止まったり

完全に止まったり

流れが壊れてしまうわけです。

■手が覚えるまで弾く

これを回避するにはどうするか?

というと手が覚えて

ほぼ、半分無意識に弾ける。

頑張らなくても弾けるレベルまで

反復練習をする!

非常に単純!

シンプル!

やらなければ出来ませんが

やれば出来る話。

脳みそは使わない単純作業です(笑)

この曲難しいんだよね。

できないんだよね。

不器用なんだよね。

と行っている時間があれば

「正」の字を書いて反復した方が

いいわけです。

※もちろん譜面が見て良いのです

■全ては設計が決める!

というわけで

物理的な安定

心理的な安定

が演奏の安定に関わる!

という話をしましたが。

この安定を得るにはどうするか?

演奏設計をきちんとすること

手が覚えてしまうまで

何度も練習しようにも

どの指でどこをどう弾くんだっけ?

と決まっていなければ9回弾いても

3回ずつ3通り弾いてしまうかもしれません。

効果が減りますよ!

■そんなの面倒?

いちいち、各音を

どの指でどの技術で弾くか決める。

あいまいな部分は

譜面に書いていく!

なんて聞くと非常に面倒!

に思うかもしれませんが

まったく逆で

早い段階で1回決めてしまえば

今度は反復連取に身が入るわけです!

製造業のプロトタイプ、試作で

いい者が出来たらあとは、

ひたすら量産!

みたいなイメージです。

■一緒に体の使い方も設計する

各音を出すときの技術

ピッキングか、ストラミングか

その詳細、

アップピッキングかダウンか?

どの指を使うか?

その時、力を弦に与えるのは

どの部分か?

この部分は固定しない。

だけど、この部分を支える部分

は必ず固定しないと音が逃げますね!

(作用反作用の法則)

体のどこをどのように可動させ

そのエネルギーを弦にきっちり

渡すためにはどこを固定するか

これが使い方の設計と

いってもいいでしょう。

■人前で弾くとなると

意識が、そちらに奪われますので

さらに、意識して弾ける部分が減りますが

いずれにしても、

普段から弾けてない演奏ができる

ということは、非常に可能性が薄いもの。

まずは、きちんと

理にかなった演奏設計による

納得した反復練習。

そして、確実に弦に加えたい力

を加える体の使い方の設計。

これらを組み合わせたときに

音がしっかり安定してくるのです!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

 

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」

(http://ur0.xyz/qahr)

ページリンクをクリックしフォームから登録すると

無料プレゼント(音源や動画)をすぐにお届けします!

横浜、東京、大阪、広島、香川等のレッスン情報も届きます!

メルマガだけでしか聞けない、ここだけの話もあります!

最新の情報が自動で届きます。

約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です