ウクレレ教室:【12番街のラグ伴奏譜面 有】伴奏すれば超ウマくなる&プロの伴奏法

 

<最近の活動>

▼岡山演奏2日目〜広島へ移動

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は朝から移動し

9時半より岡山の

「世界一の駄菓子屋」

という面白い場所にて演奏

全校生徒が数十名しかおらず

5、6年生は同時に授業しているそうですが

この児童のために朝一で

コンサート!

 

■午後は瀬戸内市の公民館にて

そのまま午後からは

瀬戸内市の公民館にてコンサート

レンガ造りのなかなか洒落た建物

PAさんに、きっちり返してもらって

かなり演奏しやすかったですね。

こちらは、400名くらい入ったとかで

この館のMAXレベルの入りだったそうです。

 

■広島へ移動 譜面作成

移動中にメルマガ執筆

本日レッスンで使った

譜面を作成。

コンビニのコピー機複合機で

譜面をプリントアウト。

紙をもってうろうろすると

重たいですが

コンビニなら

SDカードなどから

簡単にプリントできるので

今後はこちらも活用して負荷を

減らします。

※現在 出張中ですので

 ご注文頂いた,教材は

 明日から発送致します!

 いつでも、何度も

 繰り返し学べてウマくなる

 高橋のレッスン教材DVD

 http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=S1zKKlr0ETr9I&I=00348  

本日は広島でレッスン

レッスンのフォローアップ

も兼ねて伴奏について書いてみます。

8月のレッスン情報はこちら

四谷、たまぷらーざで体験あります!

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=S12a2ufXm69h&I=00348

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【伴奏すれば超ウマくなる&プロの伴奏法】

────────────────────────────────

■12番街のラグ【伴奏】

本日のレッスンでは

あたらしい試みとして

12番街のラグの伴奏にも

チャレンジしました。

ソロはこんな演奏です。

 

 

ご夫婦で参加の方がおられますが

奥様が先行して参加頂き

12番街のラグも弾けるので

後から参加された旦那様が

伴奏できれば一緒に楽しめるかも

と思って

岡山でタカハシもこの曲

伴奏したこともあり

譜面を作成してみました。

 

譜面のリンクはこちら〜↓PDF

20170802 12番街伴奏

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

■伴奏はソロのため!!!

伴奏を練習するとは言え

もちろん高橋のソロレッスンです!

伴奏を取りあげる

深い理由がありまして

ソロを弾くにも当たって

伴奏に取組むと

さらにレベルアップが図れるのです。

■伴奏とメロディのないまぜなソロは△

なぜならば

ウクレレソロは

伴奏とリードを同時に弾きます。

多くの場合に弾き手の意識が

メロディばかりにいってしまい

伴奏部分がメロと混ざってしまい。

ともすれば

どうにも口ずさめない音楽。

どこからメロディで

どこまでが伴奏だかわからない

なにやら不可解な演奏に

なりがちな部分があるのです。

■だから伴奏をしっかり学ぶ

そんな理由で、

ことさら伴奏をやることで

あきらかにメロディと伴奏を

弾き分けていくためのヒントなど

学ぶことが多いわけです。

■ウクレレ伴奏の超基本でありプロの技

ウクレレで弾く伴奏の基本の基本

でありながらプロの伴奏について

お話しますね。

2拍子、4拍子の曲ですと

強迫と弱拍が交互ですから

まずはこの弾き方から。

■強迫と弱拍の対比

リズムの超基礎的な要素は

強迫と弱拍ですが、

この違いは以下の対比で

表現する事ができますね。

強拍   ⇔ 弱拍

跳ねない ⇔ 跳ねる

長い   ⇔ 短い

バスドラム⇔ スネアドラム

大太鼓  ⇔ 小太鼓

ひとつでもピンと来るものが

あるといいのですが。

強弱の繰返しは

ドン、パン

ドン、パン

となります。

俗にいう、強い弱い

はちょっと意味が足りないのです。

■具体的な強拍、弱拍の弾き方

この、強拍、弱拍の対比に基づいて

具体的な弾き方を設定しますと

強拍は親指ピッキングでダウン

弱拍は人指し指でストラムダウン

これで跳ねない、跳ねる。

が表現されます。

そして、複合的に

長い、短いを表現したいですね!!!

■ミュートを考えない場合

ピッキングが音が短く

ストラムの方が音が長くなります。

これは、使う手の部分が大きく

なればなるほど音の長さは長くなる

という原理原則からそうなります

だから、左手のミュートで長さを

調整するのです!

■リズムのキモは左手にあり!

このあたりにプロの技が出て来ます。

まず、右手を正確に弾くのが

リズム、テンポだと思う人が

ほとんどだと思いますが

そうではありません、

左手でコードを押さえている各指

がありますね!

これらに、拍の頭で

力をニギっと入れます。

強迫、でニギ

弱拍、でニギ

要は4拍子の1、2、3、4で

ニギ、ニギ、ニギ、ニギ

と力を入れる訳です。

■この力を離すと音が切れます。

1、3拍は強拍なので長めに

2、3拍は弱拍なので短めに

力を離してやる。

まずは、ことさら

弱拍を短くしてみると

分かり易いと思います。

この長い短いは曲や

曲の部分、メロの具合に合わせて

長短を調整して良いのですが

比率は今後につづくとして

ともかくこの、長い短い

が先ほどの跳ねる、跳ねない

と相交わる事で

きっちりと強拍、弱拍

の伴奏を技術で物理的に

表現する事ができるのです。

■センスは不要です(!)

きっちりとした指の指定

長さの違いを物理的に出すのです。

曖昧な、センスや器用さでは

ありませんよ!

ただし、よく弾かれる伴奏で

ジャン、ジャカ、ジャン、ジャカ



4分ダウン、8分ダウン、8分アップ

4分ダウン、8分ダウン、8分アップ

のストラム繰返しは

長い、短い

の繰返しでしっかり

物理的にリズムになって

いる訳ですね。

■こんな風に、真似から上達は進むわけですが

理由が分かっているのと

分かってないのではけっこう違いますね

理由が分かれば

だんだん応用が効く訳です。

そして

納得して練習できるので

身が入ります。

■伴奏に取組むすばらしい効果

さて、伴奏の具体的方法から

取組む事の効果に話を移します。

ソロを弾くというのは、

自分で弾いているのだけど

もう1人、別人格が弾いている

伴奏を聴きながら

もう1人の自分がメロディーを乗せていく

というような感覚を持つと

さらに演奏に深みとリアリティが

産まれて来ます。

そう、リアリティは

情報の量と質でしたね。

音の長さという量

そして跳ねるかどうかという質

これを演奏に追加するから

リアリティが産まれます。

■こういうことが分かると

どんなソロ演奏をしても応用ができますが

たとえばヒロマーチなど

2拍目の頭にダウンストラムで伴奏入れます。

これが譜面上は8分音符で書いてある。

その2拍裏のアップピッキングでメロディを弾く。

これも8分音符で書いてはありますが

あきらかに表の伴奏の方がもっと短く

軽く、切れていいことに気がついてくるのです。

この伴奏の弾き方をソロの伴奏部分にそのまま

移植すればいいので

今回の内容は超役立ちますよ!

多くの曲に当てはまります!

■ソロの難しさを理解できる。

また、伴奏をしてもらって

リードを弾くと

すっごく楽!

ということに

気がつくのですが

ひるがえって、伴奏とリードを

同時に弾いているソロ

というのは実は,かなり

神経を使う、大変な仕事

ということが

あらためて分かるのです。

(Mさんいいところに、着目されました!)

そして、同時にその音楽の基礎

となるリズム部分を固まって来ると

その上にのっかるソロ全体も

よりきちんと、逆説的ですが

自由に楽に弾けて来るのです!

■伴奏に回っても上達する内容がある。

そしてまた大事なこととして

伴奏はしっかり刻む必要があって

このテンポキープをまずは一定に!

ひたすら一定に弾く事が肝心なのですが

この冷徹にテンポキープすることが

そのまま、ダイレクトに

自分の演奏にプラスになるのはもちろん

上手な人の伴奏をやると

そのプレーヤの呼吸を

よくよく感じることができるのです!

なので、タカハシがリード、ソロ全体を弾き

生徒さんに伴奏してもらう時間もとっているのです!

■伴奏がモノサシとなり見えるもの

自分が一定にテンポをキープ

しているからこそ

リードの奏者がどのタイミングで

どういったプレイをしているか?

というのが、より良く

わかるようになるのです。

ただ注意して聞いている時より

このスケールで計りながらだから

もっと、より深く理解できるのです。

■上達したいなら伴奏し、伴奏されよう!

もっとリードもソロも

上手くなりたい!

そんな方は今回の内容に基づき

伴奏をして、

冷徹なテンポキープに取組む。

また、上手な方の伴奏させてもらうと

飛躍的に、演奏における、音の長短

リズムの感覚が伸びていくと思います。

身近に練習仲間がいれば

交互にリードと伴奏を

スイッチしてみるのもオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」

(http://ur0.xyz/qahr)

ページリンクをクリックしフォームから登録すると

無料プレゼント(音源や動画)をすぐにお届けします!

横浜、東京、大阪、広島、香川等のレッスン情報も届きます!

メルマガだけでしか聞けない、ここだけの話もあります!

最新の情報が自動で届きます。

約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です