ウクレレ教室:記憶と共演する音楽〜感動を設計する!

<最近の活動>

▼スタジオ練習〜読書〜音源

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は終日

スタジオにこもって練習。

自由学園のビアテラス演奏

に向けハワイの曲を

増やしています。

移動中など利用し読書

■信長の呪い(小室直樹)を

読んでいます。

桶狭間の戦いは奇襲ではなく

正面から堂々と戦いを挑んだ

という話であったり、

本能寺の変で、

首をとられることがなく

自らの死体の始末したこと

これが信長の

カリスマを

作り上げた。

何よりも情報戦を重要視した

読んでいると先日から

気にしていたイノベーション

新機軸と言う話が沢山

出てきて。

信長こそが旧封建社会から

近代資本主義へ日本を導いた。

そんな張本人と言う話が出てきました。

■レッスンフォロー

本日、

あらためて

レッスンの録音を

なんども、なんども

聞きながら

アフターフォローメール

など書きつつ

12番街のラグ

伴奏と、リードの音源を

何度も、何度も、3つの

クラスについて

聞きましたが

細かい出来映えは、

スパイラルアップして

良くなっていくのですが、

やはり皆、楽しんでいるな

と音で分かった次第。

プライバシーに配慮して?

匿名で音をを載せてみますね(!)

3コーラス目は高橋が

とちりまくっています(苦笑)

音楽は、はじめてすぐに

難しい事は抜きにしても

■十分楽しいですが

それだけでは、

到達不可能世界は

事実としてあります。

しかるべき、内容を理解し

練習を積んだら

誰でも味わえる。

ひと味違う楽しさもある

んだな〜

とあらためて音源を聴き

思った次第です。

3分ほどの皆の演奏

こちらに載せてみますね。

http://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=B9ipVf2QiQklU&I=00348

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【記憶と共演する音楽〜感動を設計する!】

────────────────────────────────

音楽を聴くとその曲を聞いた

当時の思い出が蘇る!

そんなコトがありますか?

■演奏に組込まれた感動の起爆装置

さて先日いくつか

演奏をお聞き頂ける方に

より多くの感動を

お届けするために

高橋が気をつけている…

というかの演奏の組み立てや

それ以前にある

曲をどう選ぶかや

さらには具体的な

楽曲のアレンジ方法や

そのためにやっている

練習の細かい分まで

■全てに通じるキーワード

についてお話ししています。

つまり

ここまで細かいところまで

行き渡ると言う事。

これらのキーワードは

かなり本質的な上位概念。

ということを意味します。

■こんなことが学べたのは

高橋で発掘できたような

ことは、ほぼ一つも無く(汗

120パーセント

単純に手の動きだけではなく

音楽について深く、何度も

繰り返しレッスンして頂いた

森先生のおかげです。

■誰に学ぶかは大事です^_^

本質的な物事の思考スタイル

これを常に持っている

そんな師匠と関わること

この経験によって

そのレッスンを受けることで

演奏の中に内包された知恵

徐々に高橋の中でも

これが育っていった

と言うわけです。

■記憶との共演

今回はその中で

記憶との共演について話

します^_^

音楽と言う芸術自体が

時間芸術であり

テーマを繰り返すことで

成立しているので

音楽自体が記憶との共演

そのものなんです。

この逆張りをして

どんどん変化して

繰り返しが無い音楽

というのもアリかも

しれないし

過去にあったかも

しれませんが^_^

残っているものがない

と言う事これは

人の心に響かないと

言う事です。

もしくは人の精神が

そこまで追いついていない

のか^_^

■ヒロマーチ〜記憶との共演

一つの楽曲の中で

エッセンスを話します、

ヒロマーチという曲

を挙げると

前半がピッキングソロで

後半にジャカソロを入れる

そんな構成になってます。

ピッキングソロの

密度の濃い緊張感。

後半のストラムソロで

開放しているわけです。

■逆だと成り立ちません(汗)

いろんな工夫をして

ジャカソロ部分も

メロディーが際立つように

ストラムの中心がメロディーの弦に来るように

配置したり

可能な限りメロディーの

弦の上でスラーをかけて

ぶった切らないように

メロディーをつなげていく

なんて工夫山積みでや

ってるわけですが。

■ピッキングでメロを記憶

まずピッキングでメロディーをきっちり引き分けている。

ピッキング部分といっても

ストラムで伴奏も入れてます

メロをピッキングで弾き

伴奏をストラムで

同時に

弾いているわけです^_^

■ストラムソロは

メロも伴奏もかなり

タイミングが混ざってしまい

まあ、メロの弦をスキップ

弾かない技術がありますが

かなり難しいです(汗

■高橋の場合はですが

かなり頑張っても

ストラムソロでは

メロと伴奏の境目が

曖昧になります。

混ざってしまいがち(T_T)

■だからこそ

前半のピッキング部分で

きっちりメロディーを

聞いて頂く。

そうして、

メロディーが記憶に残った

状態でストラムソロに突入!

この順序で演奏するから

リスナーの脳内でこれが

うまく再生、再現されて

先程の強いメロディーと

後半の解放感が

うまくブレンドされていく

というわけです^_^

■テーマを繰り返しつつ

こんなふうに

テーマを繰り返す

ところに音楽があるわけ

ですが、繰り返す中にも

技術を変えていく

その並び方、順番にも

大きな効果を生み出す

工夫、考え方があるのです。

逆に、

先にリズム感を出しておく

後でメロディーを意識させる

そんな場合は

逆の順番でいいわけです。

■星条旗よ永遠なれ

また例えば

星条旗よ永遠なれ

という曲はオーケストラ

だったり大編成での演奏

出される全ての音を

ウクレレ一台で完全

再現することはできない^_^

また、

する必要もないんですが^_^

主旋律を弾きながら

間に入れる伴奏ですね

このパターンを実際の

管楽器で間に入ってくる

パターンに近づけてる。

結局、全く同じにはできない

んですが、リズムの相似が

記憶を引き出すんです!

■名曲ですから(笑

フルオーケストラアレンジを

聞いた人がことがある人

ならば、これは伴奏含め

あのオーケストラの演奏だ!

と再現されてくるわけです!

パターンが変わると違和感

になりますから、どう弾くか

伴奏といえども要注意!

■名曲ばかりやる理由

そんな話がありますから

もちろん演奏するのも

レッスンでやる曲も

曲選びは歴史に淘汰された

名曲ばかりに限っています。

過去の良い記憶と共演し

さらに新しく思い出を

バージョンアップ…

できるよう最善を尽くす^_^

これが高橋の仕事です。

ズルいですか?^_^

■過去の遺産の力を借りる

過去の作曲家の偉大な力

過去の名曲の偉大な力

これば8〜9割じゃないか!

と言われれば

全くその通りです^_^

当初耳に心地よいものの

10年後には

■懐かしい^_^となり

ほとんど懐かしいにも

引っかからないかも(汗

30年後には古臭くなり

100年後には消えてしまう

曲が山のようにありますが

そういった楽曲を弾くと

自分の演奏も聞いて

貰えなくなる

のみならず、

レッスンで伝えた曲が

古くなり弾かれなくなれば

磨き上げた技術も消えます(涙

■消えるか残るか決定済!

事実これは、

曲、テーマの選び方で

既に決まっていると

言えるでしょう。

若さ、勢い、変わったこと

で押し出す音楽は

何十年かしたら

ダサっ(死語?

これもメルマガの文章も

すべて高橋の考えてなので

■そう考える奴もいるんだな

くらいで受け止めて

頂ければ十分ですが

高橋としては

せっかくやるんだから

未来にも残る演奏をしたい

わけです^_^

そしてレッスンでも

同じ曲をやります!

一生楽しめる楽曲を

一生楽しめるアレンジで

お届けしていきたい!

これが高橋の信念です!

過去の素晴らしい記憶と

沢山共演できるのが

名演奏、名アレンジ^_^

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」

(http://ur0.xyz/qahr)

ページリンクをクリックしフォームから登録すると

無料プレゼント(音源や動画)をすぐにお届けします!

横浜、東京、大阪、広島、香川等のレッスン情報も届きます!

メルマガだけでしか聞けない、ここだけの話もあります!

最新の情報が自動で届きます。

約100件のご感想はこちら!(http://ur0.xyz/qahs)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です