7限目 ウクレレのチューニング(調子を合わせる)

音名ウクレレ

【ゆっくりと入念に、しっかり調弦してください】───────────────────────────────────■調子をあわせることについてこんにちは助手の高橋です。本日の講義は調子を合わせる事=今でいうチューニングです。 _灰田先生のウクレレ独習7日間__より引用しますと。 調子を合わせることについて 各弦の調子を正確に合わせる事は、 単にウクレレに限らず、どの楽器も欠かせないことです。 どんな楽器でも調子が合ってなければ、 それこそ聞かれたものではありません。 特に正確を期すために、はじめのうちは ゆっくりと入念に調弦するようにしてください。 これは非常に大切なことです。 ぜひ、しっかり調弦してください。____終わり______________■「しっかり調弦」と2度書いてありますね! そう、大切だから繰り返してあります。 「ゆっくりと入念に、しっかり調弦してください」 この後、具体的に _調子の合わせ方_として ウクレレの調弦にはいろいろな方法がありますが、 次の好きな方で合わせてください。 ということで以下の方法が列挙されています。  1ウクレレ用調子笛で 2ハモニカを利用して 3ピアノ、オルガン、アコーディオンで 4音感でも行える調弦  この4番目について引用します。 今までのいずれかの方法で調子が合ったら 4321弦の順に、何回となく音を鳴らして、 早くそのおのおのの音を頭に入れておくに努めましょう。 正しく音を覚えておけば、後に、調子笛やピアノ等の 助けを借りなくても、音感だけで立派に調弦できるようになります。 またこの音を歌の1部分と考えて、 下のような歌詞をつけて覚えるのも1つの方法です。

音名ウクレレ

音名ウクレレ

 G C E A(4321弦の順で) そ よ か ぜ  G C E A My Dog Has Fleas アメリカではこのように歌ってます。 ■さらにチューニングについて縦軸と横軸で考えてみましょう。 今日はウクレレの縦軸横軸に絡めて チューニングの話を書いてみようと思います。 復習ですが僕がウクレレの縦軸と言うのは 弦が4本間がありますので同時に4つの音が鳴らせます。 譜面で見たとき、縦軸にある部分。 これをウクレレの縦軸として定義します。■横軸 そしてウクレレの横軸は 譜面で捉えた時の、横軸=時間軸ですが。 さらに限定的にとらえるなら1本の弦の上で考えたとき フレット間の移動と捉えてみましょう。■ウクレレ独習7日間~現在 という灰田先生の本ではウクレレの調子を合わせること。 つまりチューニングががしっかりできてないと。  どんな演奏しても聞けたもんじゃない! と厳しく書いてあります。 かつ、いろんな楽器を用いたチューニング法が書いてあります。 今では、やはりクリップ式のチューナーが簡単、便利。 1台に1個あっても良いと思います。 ■チューニングのソフトとハード さて、チューニングについて縦軸横軸で考えた場合 縦軸はソフト 横軸はハード 的チューニングと言うことができそうです。 ■縦軸のソフト的チューニング こちらは、従来のチューニングのイメージ 各弦についてきっちり相対的な関係を合わせたい。 4弦=ソ 3弦=ド 2弦=ミ 1弦=ラ ときっちり合わせていくということが重要となります。 ただしこれはCチューニングといいます。 アメリカではですねDチューニング(別名アメリカンチューニング) これより全音つまり2フレット分高い音のチューニングがあります。 ■アメリカンチューニング 4弦=ラ 3弦=レ 2弦=ファ 1弦=シ となりますね。 各弦の音は1音上がりますが この4弦の関係性は保たれています! これがポイントで ■各弦の関係性=縦軸
ウクレレのネック

ウクレレのネック

 3弦の4フレットを押えると2弦と同じ音 →3弦より4半音高く2弦を合わせる。 同様に 2弦の3フレットを押えると4弦の音と同じ →2弦より3半音高く4弦を合わせる。  すなわち  3弦より7半音高く4弦を合わせる。 同様に 4弦の2フレットを押えると1弦の高さと同じ →4弦より2半音高く1弦を合わせる。  すなわち  2弦より5半音高く1弦を合わせる  3弦より9半音高く1弦を合わせる。 というこの関係性が成り立っています。 他の楽器や歌と合わせる必要がなければ 上記関係の成り立つ範囲で好きに合わせていいわけです。 これがソフト的チューニングの特徴です。 ■音叉でチューニング 1弦=ラ=Aの音の音叉を使って この音にめがけて各弦を合わせる方法もありますよ! これが市販のチューナーが440ヘルツで合わせてありますが オーケストラや国によって444等上がったりもします。 調整が効くチューナーであれば試してもおもしろいですよ。 ■ハード的チューニング さて、こんどは3弦の上でドレミファソラシド を弾いてみます。 0、2、4、5、7、9、11、12フレット ですね。 ただし、ハードの名前の通り 楽器の微妙な作りによって音が微妙に変わるのです。 たとえばフレットを強く押えると 弦のテンションも変わります。 長さも変わりますから音が高くなりますね。 (チョーキングの一種となります)  これは弾き方にも応用できますが、楽器の作りにより 大きく変化してきます。 ネックが反ったりするとなおのこと! 弦が異様に太かったりするとまたこのチューニングが変わります。■そんなわけで こちらの横軸のチューニングについて ハード的チューニングという名前を付けていますが いくらチューナーを使っても一度狂ってしまうと 上手く合わせていくことは難しい部分です。 最初からチューニングの正確な楽器を選ぶか、 反りなどがあれば、外科手術的に修理して直す。 ということになります。 ■完璧は無いですが 弦楽器というのはフレットの高さが0ではない。 押える人の力も常に変化して影響する。 そんなことからも理想的な完璧なチューニング ということはありえないです。 このあたり、なかなか気にしないと 雰囲気でわからず行っちゃうこともあります! これから、買うときも、お店でチューナーを使って いろんなウクレレを比較してみると良いかもしれません。 安いものと高いもの 中古品と新品  ちょっと極端なものを試してみると 違いが出てくることもあるかと思います。 それでは7限目の講義はここまでです!またお会い致しましょう!日々の研究レポートは無料メルマガ「うずまきシステムデザイン論」にて報告しています。本メルマガ100個弱のご感想(読者様の声)はこちら
8弦目 ウクレレの持ち方 はこちら