ウクレレ教室 初心者のためのアルペジオ講座1(アルペジオの種類紹介)

アルペジオ譜面1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【アルペジオのパターン紹介】

─────────────────────────────


アルペジオはイタリア語ですが


日本語では「分散和音」という難しげな訳がついてます。


どうやって弾くかというと
左手はあるコードを押さえておいて
右手はいっぺんに鳴らすのではなくて
各弦をバラバラに弾いていくというもの。


■和音ですから

演奏のポイントは
1音弾いて次の音を弾くとき
先ほどの音はまだ続いていて。。。

前の音に次の音、また次の音を
だんだん音を重ねるように
弾いていくのです!


■それでは詳しいやり方を動画で確認しましょう。


譜面はこちらです(PDF)→ウクレレアルペジオ1

 ↓は画像ファイル

アルペジオ譜面1

アルペジオは歌の伴奏に使うといい効果を出すことができます。


■どんな効果か動画に沿って説明しますと




左手はCコード
右手は親指ダウン
→人差し指アップ
の繰り返し。


▲上昇パターン



低い音の弦から順番に弾きます。
ハイGチューニングの場合
(ウクレレのオリジナルチューニング
 4弦ソが3弦ド、2弦ミの次に高い音となります。
 巻弦を貼ってオクターブ低い音を出すとローGと言います)

3弦→2弦→4弦→1弦
の順に弾きます。


駆け上がる上昇感のような

そんな効果がありますよ。





▲下降パターン<
上昇パターンの逆です。
これは人差し指→親指
少し難易度が上がります。


1弦→4弦→2弦→3弦



落ち着くような感じです。



▲階段パターン
上昇パターンの応用で
階段状に上がって下がってまた上がる

みたいな効果です。


これは上昇パターンの
前半と後半が入れ替わって
4弦→1弦→3弦→2弦
の順で行きます。




■そして次は下3弦のアルペジオ




 3弦から始まるのと
 2弦から始まるパターンです。


  ▲3弦から始まるパターンは


  3弦→1弦→2弦→1弦



  ▲2弦から始まるパターン
  2弦→1弦→3弦→1弦


という順番です。


■3弦から始まるパターンは


最も低い音からスタートするので
上昇パターン同様
安定感があります。


いちど下がってくるけど
やっぱり上昇していくというストーリー。


2弦から始まるパターンは、少し高いところから上昇し、
いちど落ちてしまいます。しかしまた昇るのです。


■実はこれらの1パターンを使うだけ


効果的な歌伴奏ができます。



また、いくつかのパターン

それらを組み合わせることより



伴奏も豊かに、曲の表情

効果を出すことができます。

嬉しい感じなら上昇パターン

悲しい場面は下降パターン
みたいな感じで試してみて下さいね。


■さらには


パターンの組み合わせで
なんとウクレレソロを弾くことが
できます。

詳しくはこちらの記事

「アルペジオと3コードでソロが弾けるか?」をご覧下さい。
http://ukuleleschool.net/ukulelelesson/howtoplayukulele/arpeggio3chordukulelesolo/


そんなわけで今回説明した各パターンが基本になります!
右手のエクササイズがわりに、テレビでも見ながらやって見て下さい。


━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

初心者のためのアルペジオ講座はいかがでしたでしょうか?

メルマガ登録でカントリーロードのレッスン動画などプレゼント!
このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。
メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」に登録頂ければ、最新の研究レポート(笑)がリアルタイムに自動で届き、すぐに学びがスタートできます。

メルマガ登録フォーム

メールアドレス
メールアドレス確認



ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です