日別アーカイブ: 2021年9月7日

【ご感想:有料の教材を買う価値や必要性が自分にとってあるのだろうか?】ウクレレ教室オンライン

生徒さんインタビュー

「今までのレッスン代はなんだったんだろう」

■こんにちは高橋です!

昨日もあらたに教材
ウクレレ楽しい大學

のご注文を頂きました。

セットでドーンと揃えられる方もいれば
1本ずつ楽しまれる方もいますね。

そんな、ウクレレ楽しい大學
(たの大)ですが

佐藤さんから
ご感想を頂きました。

___ここから___

高橋先生
こんにちは
寸止めコメントの佐藤健司です。

8月26日27日に
ウクレレ楽しい大學vol.1 & 6を
購入させて頂き、約10日間が経ちました。

その間、運よく連休があったので、
8時間ずつみっちり練習出来ました。

vol 6のスワイショウのおかげで、
今のところ身体の痛みもなく、
ウクレレライフを楽しんでいます。

ウクレレ大学購入を考えている方の
参考になるかも知れませんので、

今回の教材購入にあたって
少し考えた部分を正直に
伝えさせて頂きます。

先ず、恥ずかしながら
潤沢な小遣いがあるわけではなく、
私にとってウクレレ大学の教材費は
決して安いものではないという前提条件があります。

(もちろん教材の価値からいったら

破格の安さだと感じていますが、

それと小遣いは別問題なので)

そんな中で私の頭の中では
2段階での葛藤がありました。

1高橋先生は惜しげもなく

無料媒体のYouTubeや14日間上達講座、

メルマガ等で上達への道しるべを
沢山示して下さっている。

そういった状況下では
ウクレレ楽しい大學に入学しなくても、
YouTubeや14日間上達を活用し、
充分に満足出来るのではないか?
 

悪い言い方をすれば

有料のウクレレ大学の教材を買う
価値や必要性が自分にとってあるのだろうか?
です。

2教材を買うと判断したら、

おそらく自分はウクレレ楽しい大學の
教材を全8巻買うであろう事は
想像がついていたので、
 

それならばセット購入にした方が
教材費としては4500円も安く抑えられる。
絶対にお得だと分かっている。
 

しかし万単位の出費は痛い。

では前述したように無料媒体でも
伝えられているエクササイズの教材である
vol 1を先ずは購入してみて、
 

その結果YouTubeなどの
教え以上の部分がどのくらいあるのか?

それを見てから
今後の購入を考えてみよう。
 

もしかしたら
全巻購入しなくても済む
かも知れないし、

当初の想像通りで
全巻購入するかも知れないけど、

バラで購入すると
総額では出費は大きくなるが、
数か月に分散して購入する事で
月々の小遣い運用は助かる。

という二つの葛藤があったのに、
購入に至った経緯は

YouTubeから伝わる

高橋先生の雰囲気というかお人柄でした。

上達への道のりに対して、
無駄な事や形骸化してしまっているものは、
すべて改善していくであろう事も
勝手に想定していました。

なので、高橋先生が
人生を注ぎ込んで作り上げたという教材に
YouTubeで学んだ事以上の
学びが無い筈がない。

なので教材を買いたい。
しかし分割で。

という結論に達するのに
1時間近く悩んだ気がします。
そんなイヤらしい事を考えていました。

そして教材が届いてそれを見た結果です。

<明日につづく!>

佐藤健司さん

___本日ここまで___

佐藤さん
嬉しいご感想を
ありがとうございます!

しかし、連休に8時間練習とは
すごいですね。

気合が入ってますね。

■有料か無料か!?

問題ですよね。

もちろん無料と有料で
コンテンツが違うわけですが

1つ大きいのは生徒さん側の
取り組み姿勢ではないでしょうか?

元を取ろう
という根本的な姿勢が
プラスに働くから

無料だからこそ
濃い内容でも価値がわからず
どんどんスルーしていますよね。

■関わり方が一番違う

流石に無料コンテンツでは

プロの提供者に
じっくり質問できる
図太さっていい意味でフレッシュな
若い子くらいしか持てないわけで

社会人になると
当然の対価を払わなくちゃ
という姿勢になりますよね。

(教材はメールフォロー無制限です)

今はオンラインレッスンを
受講しておられる西澤さんも

最初は教材で
これでもかと
質問し倒してくれました(!)

教材学習中の西澤さん

「海」

■本当にしょっちゅう質問いただいていましたね(^^)

当時を振り返る
西澤さんインタビュー

「今までのレッスン代はなんだったんだろう」

そして、レッスン受講して

割と最近の西澤さんの動画

ウクレレたのしい大學入学648日目 
「Goofus」

※最新「9月」はもっと上手いですよ!

■結局「関わり方」の深さなんですよね

教材学習時代は
しょっちゅう質問メールを
頂きましたが

オンライン、ビデオレターレッスン
を活用され始めてからは

ほぼ、途中のメールって
頂かなくなりましたよね。

たまに楽器やSNSで会を主催
する相談をもらったりしましたけど。

結局、関わりの濃さが
レッスン形式によって変わる
というのはあります。

■無料のYouTubeに戻ると

そんな、べったりとした

近い関係って
求められてないわけですよね。

こんな世界もありますよー
上達なんて簡単ですよー
楽しさと上達はセットですよー

という本質のお知らせ

あとは、細かいお役立ち情報
をお伝えするメディアなわけです。

(意外と濃い話してますが:笑)

■個別の技術なのか、個別の技術を総合するのか?

個別の技術を伝えるのは
YouTubeなども適したメディアですよね。

この個別の技術も他とは違う
ブラッシュアップされたものなので

マスターすれば
演奏が変わると思います。

※何より生徒さんたちが復習に
 YouTubeを超活用されています。
(活用できるように作ってます)

さらに深い部分は
YouTubeなどは得意ではない

個別の技術を統合して曲の中で
どう活かしていくかという世界があります。

この深い内容を
を伝えるとなると
単発、単方向では無理で

■「やりとり」「関わり」が大事

分からない部分を質問したり
気づいてない部分
勘違い(多い)も含め
間違いを正して

二人で目標に向かって
改善ループを回すための

「やりとり」、「関わり方」

がより大事なわけですが

これが深くなるのが
教材、 レッスン となります。

もちろん、
タカハシの教材やレッスンだけが
候補ではありませんので

いい先生がいると思えば

教材でも体験レッスンでも
でも受けられてみるといいですよ。

その人、その人の考えがわかります。

講師がレッスンをどう考えているか?

この設計以上に生徒さんが
上手くなることは
ほとんど、ないですから。

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら