タグ別アーカイブ: 有紀彦

シンフォニックソロという概念

<最近の活動>
▼学びの日!
────────────────────────────────
■こんにちは高橋です!
昨日は終日インプットの日!
朝から語学学校にて勉強
昼からは英語の先生、翻訳の仕事を
取り仕切る友人と打合せ。
調整していた高橋重人モデルの
ウクレレを受け取り、書道の稽古。
■話は変わりますが
さてハワイアンピッキングスタイルを
ご購入いただいたKさんより
ご感想いただいております(再掲載)
_____ここからお便り_____
こんばんは。
いつも詳しい為になる内容のメルマガを
ありがとうございます。
先日、ハワイアンピッキングスタイルの
DVDが届いてから、ほぼ毎日
楽しみながら練習しています。
ちょうどアメイジンググレイスの
演奏ポイントを取り上げてくれて、
とっても嬉しいです!
(高橋がリンクします譜面)
//tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V6bta6fMhjLcU&I=00348)
高橋先生の演奏を一時停止しながら、
押さえている指を譜面に書いて、暗譜し、
あとはゆっくり自分で何回も練習し、
ある程度できてきたら演奏に合わせて
一緒に弾かせてもらっています。
メロディーをつなげる
スラーもよくわかりました!
メロディーと伴奏の弾き分けは
すっかり忘れていて、
ずっと右手のホールドを
つけたままでした。
伴奏は離すようにします。
一つ教えてもらえますか?
3段目の1小節の一弦の7フレットは
人差し指をセーハしたまま弾くのですか?
まだまだ練習途中でcセブンを
すぐに押さえられなくて、
押さえようと思って
人差し指セーハを離すだけで
音がなってしまいます。
今の課題は2段目の4小節目から
3段目の2小節目までです。
繰り返し練習して指がスムーズに
動いて押さえられるように頑張ります!
今までソロ弾きに興味があって
色々楽譜をみてきましたが、
高橋先生の楽譜は
コードを押さえてそれを活かした
運指になっているのがほんとすごいですね。
素敵なDVDと楽譜をありがとうございました。
マイペースで少しずつ練習していきます!
綺麗な音を出す
左手のフォームの動画も
すごくありがたいです。
(高橋がリンクします 動画)
//tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V6gAWnlD298ow&I=00348)

第一関節を曲げてコの字に
自然に押さえられるように意識していきます!
Kさん
_____ここまでお便り_____
Kさん
再度掲載させて頂きました!
ありがとうございます! 続きを読む

ウクレレ教室:ウケケの魂を西洋楽器のカタチにまとう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<今日のうずまきシステムデザイン論>【ウケケの魂を西洋楽器のカタチにまとう】───────────────────────────────────■ウクレレとは何か 再度書いてみようと思います。 高橋のウクレレの師匠(森先生)のさらに師匠 灰田有紀彦先生の著作「ウクレレ独習7日間」 (なんと短期な!) から引用してみますと■ウクレレの歴史 1877年ポルトガル人の3人の若者が、 移民の一団と共にハワイに移住して来ました。 彼らはサントス、ヌーネッツ、ディアッツといい、 ギター製造業者でした。 もちろん、ハワイに来てからもギターの製造を続け、 その普及にも努めました。 その後、彼は原住民の奏でる楽器「ウケケ」)からヒントを得て、 小型化したギターすなわち現在のウクレレを作り出しました。 続きを読む