タグ別アーカイブ: Arirang

淡々と登り、下る(を目指す日々) アリラン ウクレレソロ エンディング


本日でアリランが完成です!
クールダウンに、エンディングです。

 
 
 
キーAの曲ですので、Aで終わりますが
その手前はやはり5度のEに持ち上げて
あー、Aに戻りたい感をMAXにしてから
終わっています。
 
タブはこちら。
 

X D ー ー ー
0 D 2 0 2
1 D ー ー ー
2 D ー ー ー
 
Fm
X D 2 0 2
2 D ー ー ー
1 D ー ー ー
2 D ー ー ー
 

4 2 4 2 4 5
2 ー ー ー 2 ー
2 ー ー ー 2 ー
2 ー ー ー 2 ー
↑   ↑   ↑ ↑
1弦
小   薬   薬 小
 
E         A
7 4 7 4 X 0 ー ー ー 0
4 ー ー ー 7 0 ー 0 ー ー
4 ー ー ー ー 1 1 ー ー ー
4 ー ー ー ー 2 ー ー 0 ー
 
___________________
僕のまわりでも、だいぶ年末感が出てきました。
お忙しい方も多いでしょう。
 
今朝は、慌ただしく、車で出かけてから
コンサートのチケットを忘れた!
気がついて、取りに戻りました。
 
 
しかも運転中、2度もトイレに行きたくなる
というピンチをむかえ、自宅、コンビニで
なんとか、事なきをえましたが、大変でした。
 
 
皆様も、
 
休み前の区切りまでの仕事、
いろいろな準備、片付け
会合などなどあるかと思いますが
 
お体に気をつけて
安全、元気でいきましょう!
お車も是非ぜひ、安全運転で!
 
 
________________
 
人生の大先輩、方々も読まれています。
間違っても、先輩方に説教しているわけでは
ありませんよ。
 
人が絶頂に見えてうらやましい時がありますね。
でも、そういう考え方は忘れて行きましょう。
 
 
自分に言い聞かせております。
内省のこころの叫びです。(苦)
 
 
絶頂という表面的な出来事は
あとは、下るだけ。
 
ということです。
続けてなんども絶頂を向かえる人も稀に
いるかもしれませんが。
 
 
登りつつ、次の準備
できれば、下りが少なく
次の山へ!
 
 
となりますが。
なかなか、出来るものではありません。
よくて、少し下る。
 
かなりよくて、現状維持。
 
普通は下って行くものです。
だって、登りながら準備って
なかなか出来ません。
 
 
なので登ったら
安心して
下りましょう。
 
 
表面的には、失速、減速、後退
に見えても。
 
人の本質は常に1歩前に進める。
と思えるようになってきました。
 
 
なので、調子いいときも
淡々とやることをやる。
 
 
相対的に見て、出来事が減ると。
調子わるく感じますが、実はそうでもない。
 
なので、調子わるいと感じる時も
淡々とやることをやる。
 
 
そんなつもりでいても、
いいことがあると得意になったり
わるいことがあるとしょげ返ったり
 
してしまいますね。。。
そんなもんですね。
 
 
なので、ことさら
思い立ったときには
淡々と、と思うようにしています。
 
これからも何度もアップダウンが
あるかと思いますが
しだいに、またそのうち下る。
またそのうち登る。
 
だから淡々との割合が増えて来るのでは
と期待しているのです。
 
 
先輩かたがた、いかがでしょうか?
 

おたより来てます!小さな歩みを続けると。。。 アリラン ウクレレソロ解説4


こんばんは!
世の中は3連休に突入の方も
多いかもしれません。
 
うずまきシステムデザイン論は
講義を続けますよ。
継続は力かもですよ。
 
 
一通りのアリランの解説が本日で完了です。

 
 
(明日おまけでエンディングをやりますね)
 
さてタブです。
 
Fm
0 D 2 0 2 |
2 D ー ー ー |
1 D ー ー ー |
2 D ー ー ー
 
D       E7
4 2 ー ー X X |
2 ー 5 2 0 2 |
2 ー ー ー 2 ー |
2 ー ー ー 1 ー |
↑1弦4フレットは前のつながりより小指で
 
 
D     Dm
0 D 2 0 |
2 D ー 1 |
2 D ー 2 |
2 D ー 2 |
      ↑ポイント
 

0 D D |
0 D D |
1 D D |
2 D D |
 
 
 
________________________
さて本日はお便りを多く頂いているので紹介します。
 
RE: ヒロマーチについて(こんな曲です)
高橋様
 
おはようございます。
 
音源の解説、ありがとうございました。
最初は解説を読まないで聴いてみました。
 
 
それから、解説を読みながら、
前半と後半の奏法の違いに注意して改めて聴くと、
最初に気づけなかった印象の違いを感じられました。
 
 
オーケストラなんかを聴くときもそうですが、
知識がなかったり、
 
そこまで感度の高い耳を持っているわけではなかったりするので、
 
 
情報を得て聴くことってすごく大事だなって思っています。
 
 
ヒロマーチ、ジャカジャカしていても
きちんとメロディーが響いてすごくいいですね。
 
 
ジャカソロが弾けるようになりたいのですが、
ジャカジャカとうるさくなってしまって、
 
 
メロディをきれいに出すことは難しいな~
としみじみ思っていますので、
そこが印象的でした。
 
Nさん
 
~~~~~
 
わざわざ返信ありがとうございます。
 
私は若い時から何度もギターに
挑戦したのですがFコード
セーハができなくて諦めていました。
 
 
5年前 ひょんなことから
フラ(ダンス)の同好会をつくり
今でも趣味のレベルですが練習を続けています。
 
 
ウクレレも弾ければと思い
昨年から少しずつ練習しています。
くじけないよう続けたいと思っています。
 
  Sさん
 
~~~~~
 
高橋様
 
DVDを注文させていただいたK.S.と申します。
 
先ほど楽天銀行より入金させていただきました。
入金確認は来週になると思いますがよろしくお願いします。
 
 
ウクレレはいつ始めても遅くないという言葉が
すごく心に染みました(笑)。
 
 
少しウクレレをかじってはいますが、
なかなか脱初心者を抜け出せずに困っておりました。
 
 
今年の正月はDVD見て猛練習しようと思います(^-^)。
 
商品が届くのを楽しみに待ちたいと思います。
この度はありがとうございました。
 
K.S.さん
 
 
~~~~~
 
皆さん
おたよりを
ありがとうございます!
 
とーっても嬉しいです。
やはり皆様のおたよりを見ていますと
 
継続して、学んで行きたい。
という意思。
 
を持っておられる。
また、持ちたいと願っておられる。
 
 
また、学びに(ウクレレだけではないですね)
遅すぎる事はない。
 
という意識。
 
 
に響くものが見えるようなのです。
 
正直にいえば、
みんなやはり
 
ずっと向上しつづけて
肉体は老いる部分があっても
精神は高まり続けて
 
魂は震え続けて
喜びをかみしめて生きたい。
感動し続けたい。
 
 
ということが、真実なのではないか
と思います。
 
 
そして、これは十分にできるのだろうと
先人達や、先生、諸先輩を見ていると
確信しています。
 
そんな友人,知人を大切にしましょうね。
 
 
そして僕は地味に地味に、
それはもう地味に。
 
師の教えをなるべく忠実にじわじわ
実践してきました。
 
 
そして、おかげさまで
世界のウクレレフェスに出演したり
CD、DVDも上梓することができています。
 
 
学校で音楽を学んだわけでもなく
ましてや小学校の音楽のテストは限りなく
○(ゼロ??)
に近かった。(涙)
 
 
もちろん、知り合いやコネもなかった。
今でも、ほとんどありませんが(汗)
 
 
そんな私でも、
 
先生について、
 
その教えを忠実に、
正確に、意を曲げずに受け入れて
コツコツ、コツコツ、やった。
 
 
その結果がある程度
認められてきたと言えるかも
しれません。
 
 
 
このことも、
 
1つの
 
継続は力である例として
受け取られる日が
くるようにもまだまだ
気張ります。
 
 
決して多作ではありませんが
古くならない、一生聞き続けられ
学び続けられる教材、レッスンを
 
提供し続ける。
内容を良くし続ける事。
(牛歩ですが)
 
つづけて行きますので。
是非、今後とも一緒に進んでいきましょう!
 
 
僕ももう1ステップ上がっていこうと思っています。
 

人の営みは命の駅伝のごとし アリランソロ解説3


こんにちは!アリランも後半戦に突入です。
3/4回目のタブは以下です。
C#m7 D 7 |4 D ー | 4 D ー |6 D ー |
C#m7 4 X |4 ー 7 |4 ー 4 |6 ー 6 |
D4 2 4 X X |2 ー ー 5 2 |2 ー ー 2 ー |2 ー ー 2 ー |↑薬指 ↑薬指
E7X X X X X |0 D 2 0 2 |2 D ー ー ー |1 D ー ー ー |
3小節目の1弦4フレットは薬指ちなみに2弦の5フレットは小指です。
ここは、すでにその弦に指が乗っていた→スラーという場合ではないので、基本どおり1指1フレットの法則でいきます。
※人さし指がXフレットなら 中指 は X+1フレット 薬指 は X+2フレット 小指 は X+3フレット
__________________人生は命の駅伝のようなものと考えた。
その命と言うのは哲学であったり芸術だったりあらゆる社会のものごとすべてが含まれると思います。
ですから私は伝統を学ぶことを非常に大切におもっているのです。
要はですね。
先人が守りつつそれを高めてきたものをいただいてさらにその上を目指す言う事。
既に人類の歴史が明日1000年とか数万年とか言われてますけどこれだけの歴史がありますので伝統無視して何かをやると非常に効率が悪い。
何か自分で作り上げたと思ったものについておそらく古典を研究しないで作ったもの気がつけば、これ誰かが先にやってたということ非常に多いと思います。
やり直しというのはある一面非常に無駄です。1人の生きた人生としてその味わった感情や出来事という面ではまったく無駄ではないんですけども、人と人をチームと見ると少しもったいない気がします。
もちろん古典を学ぶだけでも人生終わってしまいそうなそんな気にもなりますね。
ただし、ゼロスタートという非常に危険な気がします。なのでどこかで自分はこれと絞るのも良いですね。
こうして脈々と受け継がれてさらに前進して行く人の営み
これを命の駅伝と例えしてみました
すごく難しいことのようにも思えますが。
だれもが、個性というのを持っているので何かしら命の最先端にいられるのではないかと楽観的に思っています。
それを意識できる社会にしていきましょうね。

アリラン ウクレレソロ解説2


さて今回はアリランのソロ解説2/4
です。

 
タブは以下ですよ。
 
Fm
0 D 2 0 2
2 D ー ー ー
1 D ー ー ー
2 D ー ー ー
 
D       E7
4 2 ー ー X X
2 ー 5 2 0 2
2 ー 2 ー 2 ー
2 ー 2 ー 1 ー

1弦の4フレットは前のFmで小指が2弦にあるので
スライドさせて小指で押さえます。
 
 
D
0 D 2 0
2 D ー ー
2 D ー ー
2 D ー ー

薬指は2弦2フレットのまま
中指で3、4弦2フレットを押さえる。
 
 

0 D D
0 D D
1 D D
2 D D
 

善は急げ アリラン ウクレレソロ解説1


それではアリランのつづきです。
ソロを4回にわけて4小節ずつ解説します。
 
第1回目!
<
 
 

X D ー ー ー
0 D 2 0 2
1 D ー ー ー
2 D ー ー ー
 
Fm
X D 2 0 2
2 D ー ー ー
1 D ー ー ー
2 D ー ー ー
  続きを読む