タグ別アーカイブ: 緊張

【人前で上がってもスピードをキープするコツってありますか?】ウクレレ教室

【人前で上がってもスピードをキープするコツってありますか?】

─────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は午前中にレッスン1件
本日もレッスン1件
14日間メール講座経由の動画をチェック!

どっぷりとウクレレに浸った
毎日です!

さて、

メルマガにご質問を頂きました!

_____ここからお便り_____

いつでも弾けるように、
毎日のルーチンで同じ曲を
練習しているのに、

ライブ当日に微妙にテンポを
早く始めてしまい後半がボロボロ、

または途中から早くなってきて
やはり後半がボロボロ?



人前で上がってもスピードを
キープするコツってありますか?

kiboringさん 男性
続きを読む

【華麗なる上達!のために1 正しく悩む】ウクレレ教室

<最近の活動ダイジェスト>

▼レッスン&台湾の友人と宴

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は午前中に120分の
セミプライベートレッスン

子育てが終わった世代の
女性の生徒さん主体のグループですが
ヒロマーチをレッスンしています。

どんどん弾けるようになっていて
嬉しいです!

学びの喜びが得られるように
さらにフォローしていきますよ。

■台湾の友人と宴

夜は友人のウッチーさんから連絡

台湾のウクレレ仲間と
近所で飲んでるから来なさい!

とお誘いいただき。

楽しい宴に参加してきました。
リナリナさんもいました。

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【華麗なる上達!のために1正しく悩む】

────────────────────────────────

さて本日から数回に分けて
華麗にウクレレを上達する。
そんな話を書きます。

■こんなお悩みをよく聞きます

・曲の数が増えるだけではなく、
 応用が効くような深みのある内容が学びたい。
・親切で分かり易い、丁寧な解説で、納得、理解して学びたい、弾きたい。
・新しい技術や教え方を体験してみたい。
・教則本や譜面を買っても弾き方が分からない。(ムダとなってしまう)
・思い込みや、癖、偏り、を避けて基本からしっかり学びたい。
・ウクレレを弾くと体が「痛い」
 この痛みやコリ、違和感を軽減、無くして
 長くウクレレを弾き続けたい。
・丸暗記ではなく理由から学んで覚えるべき範囲を理解・減らしたい。
 また応用が効くようになりたい。
・対面のレッスンで緊張してしまう。
・日時、場所によらず気軽に練習したい。
・ご近所の教室、今のレッスン内容で上達を感じられない。

こんなお悩みを高橋も講師活動をするなかで
多く聞いて来ました。

■分かります!僕もそうでした!

僕も教材や譜面を買っては
ほとんどモノにならないんです(涙)
10曲入っていても1曲弾けるかどうか。。。

しかし

「そんなものだろう」

と勘違いしていたんです。
続きを読む

ウクレレ教室 弾語りへの道はブレーキ解除から

<最近の活動>

▼ご感想

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は朝から120分の
グループレッスン2コマ。

その後レッスンフォローアップ。

さらには明日のレッスンの準備
アレンジし譜面を作成。

そしてDVD教材発送。
このままでは時間がたりないので
お風呂にテキスト類持ち込んで
台湾の準備ですね。

■ご感想

新しい教材DVD
「上を無てい歩こう」

のご感想を頂きました。

_____ここからご感想_____

高橋先生へ

Nです。
ソングコレクションvol.1 
上を向いて歩こう
有り難うございます。

ソングコレクションのパッケージが
楽しげで良い感じです。

待望のソングコレクション
第1弾と言うことで
弾き語りに挑戦!

と行きたいとこなのですが、
私は弾き語りがダメなんです。

コードに合わせて
ふわーっと歌いたいな、
と思っているんですが。。。
 

何というか喉が固まってしまったような感じ
いわゆる横隔膜が上がり切った状態になって
しまいます
(多分弾くのに必死で
歌に神経が回らないせい?)。

普段よりも体が固くなり、
下手になる?

こういう方、多いのではと
勝手に思っているのですが、
どうなんでしょうか?
続きを読む

ウクレレ教室【緊張と上達の4段階の関係】

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【緊張と上達の4段階の関係】

────────────────────────────────

昨日の続きです

■緊張の正体

いざと言う時に
パフォーマンスを出す

これが上位概念ですね。

期待値と実力のギャップが
プレッシャーにつながる
なんて話をしました。

■分解できれば思考も進む

期待値を下げるか
実力を上げるか
また、両方のバランスか

というコトですね。

■期待値を下げる

これ本当に上手く弾こうと
思わなかったり

ミスってもスルーできると
崩れないですね。

ただし、期待値は
そう簡単に下がらない。

イベントなんかは
期待してるから人が集まるわけで

要はこの期待値を
プレッシャーに感じるかどうか
続きを読む

ウクレレ教室 緊張の正体(の1つ)

<最近の活動>

▼デザイナーさんと打合せ

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日はデザイナーさんと打ち合わせ

いかに余計な、不要な情報を排除しつつ
必要な情報を分かりやすく伝えるか?
というのがデザインの本質だなあ

なんて話をしながら(!)

■うまく弾こうとするから緊張するんじゃ!

先日レッスンの見学者が来ると
うまく弾こうとして緊張する

これを発見した森さんが
録音してみるとやっぱり

うまく弾こうとして
緊張するってことに気づいた!
という話を紹介しました。

また楽曲によってタカハシが伴奏して
ソロを弾いてもらうこともあるんですが
誰しも最初やる時はかなり緊張されますね。

またグループで弾いてる中で
一人一人ソロで弾いてもらう時間を作ると
みんなで弾いてるときの
パフォーマンスがなかなか出ない。
続きを読む

ウクレレ教室 緊張感をクリアしていく

■こんにちは高橋です!

寒さが続きます(涙)
本論と関係するので
森さんの

お便りを再掲載します

_____ここからお便り_____

高橋先生
森です。

大寒波で本当に大変ですね。

先日のレッスン並びに音源・レッスンフォロー
ありがとうございました。

見学も別に緊張というわけでもないのですが
やはり上手に・・・と思う気持ちがあるのでしょう
音源を聞いてみるとわかりました(苦笑)

特に、先生の音のパワーと自分との差!
(当たり前なのですが)
少しでも近づけようと思って、
右手のホールドを強化してみました。
自分は小指一本だとやはりホールドが甘く
ピッキングの強弱が悪く音が安定していません。

EXから薬指を足すよ うに練習していますが、
指が短いのか(笑)
結構難しい!

しかし、確実に音が違ってきました!
物にしなくては!

緊張度を下げる?練習として、
練習の時、動画を取るようにしました!
そうすると・・・緊張しました~~(笑)

こういう事かぁ〜!
うまく弾こうとして緊張するんじゃ!!
これからの課題にします。

次回もよろしくお願い致します!

本日も、東日本大寒波と
言う事だそうですね、
十分お身体にはお気を付け下さい。

森  繁広

_____ここまでお便り_____

前回、森さんのレッスンに
Mさんが来られて見学して頂いたのですが

緊張して(当然ですが)
実力が発揮できない部分が
あったかな。。。

という気配があったわけです。

それは環境が変われば当然なのですが
高橋から指摘したところ
すぐに対策を始めました。

さすが森さん!!!
こういう態度こそ見習いたいです!!!

さて、緊張と演奏について!

■さて、それでは本日の

うずまきシステムデザイン論

〜人生に豊かさを組込むヒント〜

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【緊張感をクリアしていく】

────────────────────────────────

■ピアノの発表会

高橋小学校3年生のころ1年半ほど
ピアノを習っていました。

始めるのも遅く

クリスマス会などで
1曲ずつ演奏すると

低学年の子等に
「先生なんで高橋君は3年生なのに
 あの曲(初歩の)をひいているんですか?」

と言われ。
子供の残酷さというか
正直さを知ったのです(笑) 続きを読む

ウクレレ教室【演奏の緊張は矢印の向け方次第】

▼レッスンご感想〜お寺音源(抜粋)
────────────────────────────────
■こんにちは高橋です!
昨日は午後から書道の稽古。
さて先日広島で個人レッスンを受講頂いた
森さんからのご感想紹介します。
_____ここからご感想_____
高橋先生
森です。
いつもお忙しい中、
広島でのレッスン並びに
レッスン音源ありがとうございます。
12番街・・・
ほんと、番外?でした(苦笑)
やはり、緊張するんですねぇ
指が弦に引っ付くんですもの(笑)
それにしても、
各曲目のフォローありがたいです。
細かい部分も音源から聞くのと
文字からの入力で
いっそう理解しやすいです(感謝)
今回もハードなスケジュールのようでしたが、
先生のウクレレの音が気迫が増してました!
続きを読む

ウクレレ教室:あなたの笑顔が演奏に良いワケ

<今日のうずまきシステムデザイン論>
【あなたの笑顔が演奏に良いワケ】
────────────────────────────────
■本日は「笑顔」
さて、このところ
簡単に演奏を改善する方法
と言うお話をしてますが
今日は笑顔です^_^
■ちょこっと鏡の前で聞いてみましょう。
笑顔になってますでしょうか?
眉間のシワはのびていますか?
しかめっつらになってませんか?
への字口になってませんか?
フラのお姉さま方は
いつもレギュラーで笑顔ですね。
演歌歌手も悲しい歌を歌うときに
笑顔であれば、あるほど
より悲しさが倍増すると言う
表現のテクニックを使うようです。
■というわけで、ウクレレも笑顔!
続きを読む

ウクレレ教室:続 緊張対策

────────────────────────────────
<今日のうずまきシステムデザイン論>

【続 緊張対策】

────────────────────────────────

■続 緊張対策

友人よりメルマガネタで緊張対策
のリクエストがありました。

でも、この人プロミュージシャン。
どっちかというとアマチュアより経験はあっても
プレッシャーは大きくなる部分もありますね。

あまり分けずに書いて行きましょう。

■準備段階では

沢山練習するのが基本ですが。
人前で弾くときに1人で出来なかったコトが出来る。
これはあまり期待できないので
続きを読む

ウクレレ教室:チャレンジと諦めで緊張をバランスする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【チャレンジと諦めで緊張をバランスする。】

───────────────────────────────────
■練習を重ねるの反対は諦める

昨日の続きです。
緊張対策として

1つ1つトライする事で
いっぺんにやることを減らしつつ

方向性としては

練習を重ねることで
できることを増やしていく

そんな話をしておりました。


■理想とのギャップに苦しむ

理想というものに対して進む訳ですが
上達しても、上達しても
そのそばから理想は上がります。

また、社会によってモノゴトのハードル
が異常に上がっている。

批評ばかりする人間が多いので
下手なことにもある価値が認められない。

など、のびのびやりにくい状況はあります。
続きを読む