タグ別アーカイブ: 調査

ウクレレ上達の法則:勉強の3方法 現場調査〜とにかく聞くこと


こんにちは!
今日はここは雨でした。雨だと駐車場に車をとめるとき降り始めで気がつかないと
帰るときに水がたまって乗り込むのに足を濡らしたりしますね。どこに駐車するか注意が必要なところです。
 
さて、勉強の3方法から現場調査のポイントですが。
■ズバリ、聞く事です。 それもひたすら聞きます。
 それ違うとか 思っても顔にだしてはいけません。 通って、くだらない話をしつつ  通って、聞くんです。
■行ける限り、何度も行きます。 もう、忘れ物したとか言いながら 行くのです。
 口を挟みたくなるような内容だったり 間違っているように感じたり 反論したくなっても。
 しないほうが良いのです。
続きを読む

ウクレレ上達の法則:勉強の3方法 実験学問とは!


こんにちは!
台湾のスタッフと作り上げたウクレレレッスンDVD
大阪の通関で止まっています。(涙)国際宅急便の追跡システムで見ると。なにやら書類が送られてきているとのこと。
おそらく、消費税を払うのでしょう。いかがわしいDVDではないのでその後は無事届くはずです!
■さて昨日は 現地調査にいくときに 書斎勉強を怠ったときの  しっぱい!について書きました。
■しかし、おおきな意味では 現地に行ったからこそ
 「アメリカでは列車に乗るのに  パスポートが必要な場合がある」
 などという事が分かったのです (身にしみて)
 これは1つの発見。 勉強なのです。 (実験的態度)
■しかしかつては学問・科学 というと書斎の学問でした 万巻の書をうずたかく積み上げ
 注釈書も含め研究し 孔子は本当はこういったのだ! みたいな研究をしたのでした。
■ただしこの研究は 戦車も爆弾も生まず 蒸気機関車も走らせなかった。
 そう実験勉強がこれらを作り
続きを読む

ウクレレ上達の法則:勉強の3方法 現地調査で自らを奮い立たせる


こんにちは!
先日勉強の3方法ということで
 1.書物勉強 2.現地調査 3.実験 を挙げました。
この2番目の現地調査について思いを巡らすと。
■自ら奮い立つ体験 というのは、 1の書物でもなく (小さい頃は沢山奮い立ちましたね) 3の実験でもなく (実験で奮い立つ人はマニアです)
■こと大人になるにつれ 圧倒的に
 2の現地調査ではないかと 思うに至りました。
■もちろん読書もそうとう 面白いのですが。
 ただし、肉体をともなわない 情報のやりとりは。
 リスクもないかわりに 肉体レベルの驚きを伴う 刺激が少ない。
■ある情報に肉体的感覚を伴う 感情を持てるのは、いろんな 実際の体験を通じてきたから。
 そうではないでしょうか?
■かくいう僕も 社会人になるまで
 海外旅行というものに
 1度も行った事がありませんでした。
続きを読む