月別アーカイブ: 2020年12月

【会社員時代:現場の声を聞け!】ウクレレ教室オンライン番外編


■こんにちは高橋です!



本日も朝から
オンラインレッスン。


夜もオンラインが1件



生徒さんにお届けできる
価値を高めるために

会社員時代を
振り返っております。




■社会人の初仕事



社会人になって
初めてやった仕事は
続きを読む

【写真→キレイに鳴らす左手指先の角度】ウクレレ教室オンライン



寒いですねー!
手袋、マフラー、ダウン
で武装して移動中^_^

■こんにちは高橋です!

最近メルマガ
14日間メール講座に登録された



張さんから
お悩みを
いただきました。

写真 悩み




爪が邪魔で弦がうまく
押さえられない

___ここから___

この様子ですが、
調べてたら、たくさん練習して、
タコが出るしかないって
いう方法でした
続きを読む

【感染症の検査について調べて見た】うずシス論2938号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【うずまきシステムデザイン論】2938号 2020/12/18

 感染症の検査について調べて見た

 高橋重人(たかはししげと)
 ウクレレ教室 講師版プロフィール
 https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/about/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 独学ではじめた
 初心者はもちろん
 すこし教室に通っても
 上達感がないあなた

 ウクレレが上達したい!
 痛みから解放されて
 綺麗な音で
 自由に弾きたい!
 あなたに

 フルタイムで働きつつ
 年間200日の出張
 中国地方へ異動の辞令
 現場でしごき倒されつつ

 ハワイの伝統的
 ウクレレ奏法を学び

 世界10カ国以上で
 演奏やワークショップ後
 独立した筆者が

 音楽や芸術を深く
 生活に取り入れた
 新しいライフスタイルを
 提案する。

 2900日にわたり
 発信し続けている
 日刊のメルマガです。

 じっくり読むもよし
 たまに読むもよし
 ペースメーカーにするも
 お好きにご活用下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のうずまきシステムデザイン論>
〜人生に豊かさを組込むヒント〜

【感染症の検査について調べて見た】

─────────────────────────

■こんにちは高橋です!

お元気でしょうか?
私はバッチリ元気です。

さて、年末の帰省を控え
姉からメッセージ

「親から帰省するなら検査せよ」

■という事で調べて見ました

検査は2種類
PCR検査
抗体検査

があります。

PCR検査は開発者の
マリス博士が

■生前、疫病の検査に使うな!

と言ったと
言われる(噂?)

遺伝子の「一部」を複製して
配列を同定する検査。

これは増幅回数が
大きすぎると(Ct値)

発症に至らない
ごく少数のウイルス
が喉に付着している
状況でも陽性になる

と一部の研究者からは
警鐘が鳴らされています。

■抗体検査は

過去に感染して抗体ができたか
を調べるもの。

実は弱毒ウイルスで
抗体が不要なくらいだと
抗体はできないという
話も聞きます。

これくらいが僕の
事前知識です。

とりあえずネットで
抗体検査キットを注文しました。

■保健センターに電話

経緯を話すと

PCR検査は医師の判断で
やるものなので

全く症状がない場合は
自費診療ができる医院を
調べてご自身でどうぞ。

とのこと。

調べると33000円の
医院がありました。
書面作るとプラス1万円くらい。

■3万円払う価値があるのか?

これは非常にわかりやすい
サイトがありました。

医療法人社団 悠翔会 の記事
「本当にPCR検査は必要か?」
https://www.yushoukai.org/blog/pcr

なんと私が検査を受けて
陽性判定で実際に感染している確率

なんと6.5%

というんです。

■え、まじっすか?

自費で検査受けて
偽陽性で2週間隔離されて
投薬受けるとかありえないです。

しかも接触者にも
強制捜査?というか
調査が行くわけでしょ。。。

大迷惑じゃないですか。

※この辺の判断は
 自治体によるとのこと。

■しかも、確実に医療に負担をかけます。

なんでもない人に
手がかかって

本当に必要な人に
医療の手が
回らないなんて

本末転倒です。

■症状ない人がPCR検査→ナンセンス

というのが僕の見解です。

会社とか取引先に
求められる場合も
あるんでしょうけど。

陰性証明は
求めないように
とお役所からも
お願いしているとのことです。

そう、
あることのと証明は
比較的容易ですが。

ないことの証明は
超難しい。

めちゃくちゃ苦労して
はっきりしないもの。

(悪魔の証明)

■さらに偽陰性は30%あるので

偽陰性(感染者だけど陰性と出る)

感染しているけど
太鼓判を得た!

と派手に濃厚接触
していると

これこそ人にうつしてしまう
可能性が出てくるわけですね。

■プロの判断が大事

お医者さんが症状を見て
検査の結果の強い弱いなど
総合判断するから
意味があるわけです。

これ父に説明するの
めちゃ大変だなあ。

引き続き勉強していきます。
(続く)

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛
編集後記

人の恐怖は判断力を麻痺させる。

暴の人に
因縁つけられたら

言いたいこと
言えないですよね普通。

そして、脅しは
ぶっ●すぞ!

みたいなホットなやつより
お子さん、〇〇ちゃん×歳だって
可愛いよね。

夜道に気をつけてね。

みたいな
クールな脅しの方が
怖いです。

この壺買わないと
家族がみんな不幸になりますよ。
とか、不安を煽られるのも
同じような効果があります。

恐怖や不安を煽る
メッセージに気をつけましょう!

【高橋の人生を変えた言葉(身近な人編)】ウクレレ教室オンライン

大切な言葉たちを
タカハシからあなたに送ります


あなたには教養があります
あなたに僕の全てを教えます
あなたはいいね

リズムも全てあなたの中にあります
あなたは自己を確立しつつある
あなたは青春を有益に使っている

綺麗なことばは人生をよくします

これらを親切に伝える、
丁寧に伝えることが大事です



■こんにちは高橋です!



某温泉にて今年のまとめ
今後の方針を立てようと。。。



ところが
昨日、遅くに
近くについたものの
直通バスが不景気で運休

(まじか!)


仕方なく近くの都市に移動
すでに経由バスも終了



そこで一泊して今朝
合宿所に到着(汗)



この移動中に色々
仕事が進むんです。

(家みたいに余計なものがないから)




■タカハシはこの人に影響を受けてきた(身近な人編)



・平尾茂則(しげのり)先生
 小学校5、6年の担任



・森拓治(たくじ)先生
 ウクレレ、音楽、人生の師匠です。



・堀雅樹(まさき)さん
 会社の先輩




■平尾先生



僕は幼稚園では背の順に並ぶと
前から2番目で




1番前のタクちゃんは
発達障害があり
興奮すると僕に噛みつく。


噛みつくのにタクちゃんは
シゲトくんが大好きなんだと
お母さんから言われても


よくわからなかった。




■僕自身も多動的な感じで



じっとしておれず



参観日に
手を挙げる場面で
足を挙げる。



前の席の範和(のりかず)くん
にちょっかいを出し続け



保護者から
先生は注意しないんですか!?


と先生ごと叱られる。




■母:この子はバカかもしれない


その様子を見ていた母


この子は特殊な子で
生涯ずーっと面倒見る必要が
あるかもしれないけど



我が子だから仕方ない
と覚悟を決めたそうです(汗)



幸い覚悟は空振りに終わり
現在、なんとか自立、独立
一人で暮らしております。



■宿題などしない



基本宿題などしないので
毎日前の黒板の右下に



○月○日
宿題を忘れた人
高橋くん
●●くん



と不動の座を占めていた。
授業は1年単位で遅れている
(わからん)


残されて
宿題をやる日々


もちろん成績は
下の下です。





■やる気!




5年生になった時
やる気があればなんでもできる!



学級通信もその名も
「やる気」



と言う熱血の
平尾先生が
担任になり、



なぜか熱量を受けて
やる気になると



それ以外に何も
なかったんですが


成績が上がる

(単純ですねーーーーー)




■やればできる



思い出しても
これしか言ってません。



やればできる。



やらなきゃできない。
あたりまえ。



やっぱり
案ずるより。。。
スタートするかどうか
エンジンかけるかどうか


そこで決まるんだな
と今思えば思います。



■森先生



今の僕があるのは
100%森先生のおかげです。



灰田有紀彦(晴彦)先生の
自宅に通った唯一の内弟子
ハワイ音楽とウクレレ
(+スティールギター)の奏法を学ばれ



芥川也寸志先生から
オーケストレーションを学ばれる。



お母様は
大学の音楽の先生
お父様は哲学者


特別な教育を
受けてこられた先生です。




■本当の教育者の一言



当時


ロック青年、
パンク青年だった
僕は飲んでは
暴れていました



兄弟子は重人に
飲ませないでくださいと
言ってたみたいです。



師匠は
何をバカなこと言ってるんだと



初回のレッスンが終わると



ドーン

いいちこ(焼酎)
のパックが出てきて(笑)

飲みながら師匠



■「あなたには教養があります」


「ハッ」とする



そこからスタートしました。




こう言われてしまうと



もう暴れてる場合
じゃないんですよね。

(たまにやらかしますが)



森先生のレッスンに週一で通う
20から30代中ごろ


直接レッスンいただく
ウクレレや音楽だけではなく



政治、経済、哲学
あらゆるお話が面白く



ハワイ音楽、
西洋のクラシックの表現
西洋と東洋の哲学
先生の人生で起きたエピソード


これらを
混ぜ合わせた教育
が今の僕の土台を
創ってくれたんです。



■堀さん




会社の先輩で

関西のおじさん
なのですが




社会人一年目に

長期出張で
仙台の苦竹寮に一緒にいて



僕の部屋にしかテレビがなく
ワールドカップがあると
見にきてました。
(僕はウクレレ弾いてました)




普通の会社の
おじさんって


いかに会社に貢献するか?
を言うわけだけど



堀さんは違って



■タカハシはやりたいことあるんか?



ないんだったら
まずは仕事して



やりたいことが
見つかったら



それのために、
仕事は利用したらええ



そこそこ働いて
稼いで、そのやりたいこと
とことんやったらええんやで。




あ、それでもいいんだ
気が楽になった。



格好つけなくて
無理しなくて

いいんですね。







追伸

僕の深いところを
ほとんど作ってくれた



■森先生の言葉をあなたへ送ります




あなたには教養があります
あなたに僕の全てを教えます
あなたはいいね

リズムも全てあなたの中にあります
あなたは自己を確立しつつある
あなたは青春を有益に使っている



綺麗なことばは人生をよくします

これらを親切に伝える、丁寧に伝えることが大事です




多少は言い方が
違うかもしれませんが



書いてみて
ハッと気がつくのは



これは僕が生徒さんに
お伝えしていることです。



人は言ってもらったことを
やがては人に言うように
なるんですね。



あなたにも
このことが
伝えられて
とても嬉しいです。





■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら

【なぜこの人達に衝撃と感動を受けたのか(有名人編)】ウクレレ教室オンライン


■こんにちは高橋です!



あなたにより良い価値を
提供し続けるために



自分の使命を
探っています。


まずその手始めに



僕が衝撃と感動を
もらってきた
有名人を挙げます。



・スティーブンタイラー
(ロックバンド:エアロスミスのボーカル)


・岡本太郎
(芸術家)


・筒井康隆
(小説家)





■どこがすごいのか


続きを読む

【レッスンで受け取る価値を上げる、受け方】ウクレレ教室オンライン



■こんにちは高橋です!

とても価値が上がるレッスンの
受け方の一例を動画で紹介ます。



Rさんの場合(28秒)





そして先日の過去記事
「どうしたら上手くなれますか?」



に関連してRさんが
お便りをくれました。



___ここから___

先日、
「どうしたら上手くなる?」



という記事への
田中さんの感想が
のっていましたね〜。
続きを読む

【本日のレッスン動画→新年企画のご相談】ウクレレ教室オンライン

─────────────────────────

本日のメルマガ限定動画
動画:オンラインレッスンの目線カメラ追加





■こんにちは高橋です!



寒くなりました。
12月も25%が終わります。



僕も今年は
コロナのおかげで

海外に行けませんでしたし
緊急事態宣言が出る頃は
どうなるのか?緊張感がありましたが
続きを読む

【続:痛みやこわばり固まりについて】ウクレレ教室オンライン


昨日の続きです。




■痛みを乗り越える



基本的に痛みは体からの
黄色信号なので



何がそのままいくと
危険信号になるか調べる
これが第一です。



危険は大別すると
不要なことのやりすぎ
もしくは
何かが足りない

続きを読む