ウクレレ教室【9/6山梨行きます!&声を響かせるコツ】

こんにちは高橋です!

昨日は山梨の
演奏会&ワークショップ
打ち合わせ


生徒の伊藤さん
が山梨赴任中に立ち上げた

ウクレレナイト主催の演奏会
https://www.facebook.com/events/379799309405256/?ti=icl



※Facebookイベントページ
アカウント無くても見られます。
背景写真部分にも情報有ります。

ワークショップ(バーベキュー付き)^_^
 https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/fujiyoshida2019ws/

※演奏会に参加すると
ワークショップでも特典あり!





■プレゼント音源
”人気!”せんがわ劇場コンサート音源 2019年
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V8bKzJ8yYJnPI&I=00348

●「高橋が譜面を捨てた理由」
※上達に必要なのは?
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V8x1qwH8fPQeY&I=00348

●「高橋がソプラノを弾く理由(ハイジーとロージー)」
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V8wyPldAiSgp2&I=00348

●「あなたが上達するための上手なレッスンの受け方」
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V8IQgcZ1a1ocs&I=00348

●練習時間を産み出すには?
(時間=あなたの幸せの根源です)
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=V8ykeGKV1IpLQ&I=00348





■歌がうまくなるプチ意識

折笠マリコ先生のボイトレがすごい。
https://voicetao.com/profile/

毎回、必ず指導頂く内容の1つに

「喉を開く」
「喉を空ける」

というのがあります。

声という楽器をうまく響かせるには
空間が必要で、金管楽器をイメージすると

だんだん朝顔が開いて行きます。

そんな理想の形に比べて
喉をしめてしまうと、響きが
外に出ずにこもってしまいますよね。



■タカハシの悪い癖



いろいろ有りますが(汗)

歌に関しては、学生時代
ロックボーカルをやっていて

モトリークルーが大好きで
コピーしていたので

高音を出すときに
喉をぎゅっと締める。
そんな癖がバッチリついていました(涙)



■喉を開くイメージ法


その時はそれでよかった
今はいろんなジャンルの歌を
自然に歌いたい!

と思うようになりました。
人って変わりますね。

のどを開く間隔って
嘔吐の感覚!
吐き出す感覚!

と同じです。
「おえぇ」

ってやつですね。
「うえぇーーーー」
「おえぇーーーー」

って実際に声だしてみると
喉が開いて来ますよ!

やりすぎて実際に
出ないようにご注意ください(!)

━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

■無料14日間ウクレレ上達メール講座(200登録超!)

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!(1100名登録 日本最大)
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら