タグ別アーカイブ: セーハ

【セーハすると痛くなるを手放す】ウクレレ教室


【セーハすると痛くなるを手放す】

─────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は2月のまとめを実施

ただ振返るのではなくて
チェックすることで次のアクションが
見えてくる。

その場でで出来る改善が
効果を生む事もアリ
振返るのも大事だな

日々の暮らしも音楽も
似た様なところがあります。



■セーハすると痛いのです

という生徒さんがおられて

個人レッスンでがっつりと
持ち方に取組みました。
続きを読む

【「先生はどんな人?」「レベルが不安」レッスンQ&Aとご感想紹介】ウクレレ教室

■レッスンよくあるご質問


2019年1月20日も
体験レッスンがあります。
(あと4席ございます)

https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/ukulelelesson/#schedule

関連記事1
【忙しいあなたが基礎から学び、人前で弾けるようになるウクレレレッスン1】
https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/howtoplayukulele/mukiau/

関連記事2
【忙しいあなたが基礎から学び、人前で弾けるようになるウクレレレッスン(2)】
https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/howtoplayukulele/mukiau2/

ご参考に今までいただいた
ご質問と回答を紹介します。



●自分のレベルが低くて、ついていけないのではないか?

ご回答
続きを読む

忙しいあなたが基礎から学び、人前で弾けるようになるウクレレレッスン(2)

■こんにちは高橋です!

昨日は午前中個人レッスン
午後は勉強会に参加。

フラワーアレンジメント講師
の先生と話をしていると

「ウクレレとギターの音色が異なる」
「その音色を産む奏法も異なる」

ということをご存知ありませんでした(!)

当たり前と思っていることが
まだまだ知られていない(汗)

事実を広めていかなくては!
と決意をあらたにしました。

四谷の体験レッスンは次の日曜
20日です!

あと4名参加可能です。
https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/ukulelelesson/#schedule



■生徒さんの活躍!



生徒さんの「伊藤さん」
が中国赴任中から

スカイプ(現在はズームの)
でネットレッスンを
受けて下さり。

現地でウクレレファンを
指導するに至り(!)


カレイガミアオ、Kyas、JazzoomCafe
さんなど多くのプレイヤーの
オープニングアクトを勤めたり



※伊藤さんの中国での動画
https://v.qq.com/x/page/p01702kmqu2.html
星条旗よ永遠なれを弾いてます。
(恰好いいですね)



イベントの情報
http://www.szyyt.com/index.php/Public/view2/id/1645
伊藤智:上から五番目の写真


なんと帰国前には
香港でソロライブまで
敢行した!


灰田先生から伝わる
ピッキングソロウクレレを
広めて下さったのですが



■生徒みんなで演奏します!


ウクレレナイトとして
現地にあたらしい風を吹かせて
くれました。

その締めくくり?として
タカハシも山梨の富士吉田の
ウクレレナイトスペシャルに

参加しますが、生徒さんの
Hさんや、Kさんなどの参加も
決まり、皆さんの演奏も披露できる

そんな場にもなりそうです!(嬉)



■生活を変える!イノベーション


大ステージに立ったらエライわけではなくて



限られた時間の中で
仕事も家庭も充実させて

なおかつ、
フルタイムのプロ
まじって演奏する。

そういう常識や制限を
もろともしない、考え方

ある種の生き方の変革
イノベーションです!
(企業用語っぽいですか?)

そしてこれは
99%は生徒さんの力です。

それを支える、
「真の技術」をレッスンで
提供させて頂いています。



■その3つの技術とは

(昨日の続きです。)

技術1

タカハシが森先生から習った
灰田先生から伝わる
ハワイ伝統の演奏技術
「ピッキングソロ」

技術2

森先生独自のクラシックの
(芥川也寸志先生に師事された)
表現技術。

技術3

タカハシがエンジニアとして
海外含め300名以上のエキスパートを育て
広めて来た学習効率化の技術。

それぞれでも他には無く
強力ですが

このかけ算をパッケージ化して
提供できるから

時間の制約を超えて
(外で演奏されない方も)
向上されています。



■具体的な上達の3本柱


柱1
ギターとは違う伝統の
ピッキングソロ

柱2
音楽を産み出す(原理原則)
体の使い方の修得
(痛みへの対応もあります)

柱3
その理解を促し実行可能な
レベルに落とし込む言語化された
演奏の分析と解説

です。



■それを毎回のレッスンで可能にする3ステップ

1エクササイズ

2復習(テーマ有り)

3新曲(テーマ有り)

※3ばっかり(笑)

かならずエクササイズ
から開始することで

集中しウクレレモードに入りつつ
楽曲という応用の基礎にあたる

動き(素振り、シュート、キャッチボール)
を短い時間でたくさん実行できます。

かけ算九九と言ってもいい。

最近も



■「エクササイズしているだけで上達を感じる。」


という声を頂いています。

楽曲は複合問題なのに
九九をやらずに時間内
に解こうとするのはあまり
おすすめ出来ないです。



お教えする内容、やり方は
すべてタカハシが日々継続し


演奏活動の中でブラッシュアップ
し続けている内容に他なりません!



自分がサラリーマンの時から
時間が無い中で築き上げて来た
全く同じやり方をお伝えしています!



■「復習」するから上達する!


同じ曲を1度やっても
できた部分
できない部分

が必ず出て来ます。

できない部分は
ご自分でどーぞ!

と放置しては決して

楽曲の演奏は深まりません。
それどころか、どこが
出来てないか分からない場合も
少なくありません。

これを毎回拾って
丁寧に修正、復習することで
毎回毎回演奏の精度が上がります!

そうやって1%ずつ
高めた演奏は本当に感動的です。



■不器用な人が努力した音が感動を呼ぶ!


僕の書道の先生が下さった言葉

「器用な人がすぐにマスターした作品より

 不器用な人が何度も何度も練習して

 苦労して磨いた技術、作品に感動がある。」

を念頭にウクレレのレッスンも進めています。

■学ぶ事を学び、やる事をやれば必ず上達します

ただし

なにをどうして良いか分からないまま
闇雲に時間を使ってもムダが多いので

注力するポイント、マスターしたい
テーマを毎回毎回言語化して
何度も何度も分かるまで。



分かっても出来るには練習と
ある程度の時間が必要なので

出来るまで1%の向上をひろいながら
お伝えさせて頂いています。

このときの対話を



■「生徒と講師が向き合いながら上達を目指すウクレレレッスン」



と表現させて頂きました。
(長いですが!)

人としての現状に向かい合いながら
その先の上達を星飛雄馬と父一徹が
目指したように(古すぎるか)

目指すウクレレレッスンなんです。



■フォローアップ(音源と課題リストを毎回プレゼント!)

毎回のレッスンの録音を
終了後に送ります。


合わせて課題を抽出し
言語化してメールで送ります。
(数日後になることもありますが)



ご自身にカスタマイズされた
学びのレッスン(テーマ)
は一般的な教材とは全く価値が違い

いまあなたの上達に
必要な情報をもれなく
含んでいるのです。

毎日、食事の用意をしながら
ループで音源を聞き続けて下さる
生徒さんもいらっしゃいます。



(何度も何度も、聞く価値があるということですよ)


さらに体験レッスンでは
この音源とポイントも送りますが
既存の教材の優待価格での提供も
行っています。

(もちろん教材も、継続レッスンも
 売り込みは一切していません)




■価格体系

体験レッスンは
1コマ1時間3500円
2コマ2時間で6500円
4コマ4時間で13000円



という体系です。

継続の場合は
グループレッスン
(現状は3名まで)
(過去は最大4名でした)
8500円/2時間

個人レッスンは
14500円/2時間
(ズーム等ウエブレッスンも同じです。)



これに上記の
音源や課題整理のフォローアップ
また、メールによるご質問
フォローは無制限です。
(技術サポートに限ります)



■体験レッスンの詳細はこちら

https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/ukulelelesson/#schedule

お問い合わせ、お申込みも
お待ちしています。
https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/ukulelelesson/#entry

あなたと同じ悩みを持つ方も居ました

以下はほんの一例です
・悩んでいた、セーハ連続時の親指付け根の痛み、解消のヒントがいただけたのも、嬉しかった

・レッスンを受講して初めて
「こうやれば弾けるようになるのだ」
という道筋が見えた

・同じ曲でも毎回新しい発見があり、
継続してレッスンを受けたいと思いました。

・とても楽しくて、時間があっという間でした。

嬉しいご感想を
こんなにも頂いています。(100弱)
https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/ukulelelesson/#lesson_impressions



■学びに遅すぎることはありません

80代の大先輩も
年末から個人レッスンに参加して
頂いています。

最初「熱風」
がやりたいと聞いたので
そこに集中するべきか

と考えましたが
やはり、基礎からきちんと
そして灰田先生の伝統スタイル
も弾いてみたい!

とおっしゃいました。
あこがれだけではなく
お伝えしたことを実行して
下さるので

すでに音が変わり始め
嬉しい変化が起きているところ。

この年になると
せっかちになる
(大事な事だけやりたい:?)



とも仰ります。
僕も時間の使い方を勉強して
来たわりに(大汗)

ムダな時間を過ごしてしまったり
サボってしまうこともありますが。
そんな生身の人間でありながら

あなたと大好きなウクレレで
小さい向上を一緒に重ねたい。

と思っています!

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛
【体験レッスン】

あなたのご参加を
心からお待ちしています!
残あと4席です。

01/20 四谷(東京)

日程と内容の詳細
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=N255fWA99dKfU&I=01029

ご質問、申込フォームはこちら
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=N2W6FdrtoHBMY&I=01029

レッスン情報のトップ(生徒さん動画など)
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=N22NUoFS9nvOI&I=01029

あと4席。ウクレレ体験レッスン四谷(1/20)開催!

■ウクレレ体験レッスン情報 四谷(1/20)

次回の体験レッスンの情報更新してます。
四谷(東京 1/20)


こんな方に大変喜んで頂いています!


・基礎からウクレレ&音楽を学びたい
・左腕が痛いんです!
・セーハができません。
・曲が増えるだけで上達感が無い
・自由にアレンジできるようになりたい
・楽譜を買い続けるのはもうイヤ
・肩コリがひどい
・ひたすら練習あるのみと思っているが???
・初心者ですが大丈夫でしょうか?
・ウクレレを買ったけど弾き方が分からず放置

etc

■こんなご感想を頂いています!

「1年分ぐらいの学びをもらいました。」

「YouTubeではどう弾いているのかわからなかった部分が、
 今回は基礎から理解できた!」

「早く弾くことばかりに囚われて、
 いかに自分が基本をおろそかにして弾いていたか痛感」

「今までの先生の教え方は私の気持ちに、
 ここまで細かくは伝わってきませんでした」

「指と弾き方と、組み合わせを変えれば、
 1本のウクレレからあんなに色々な音が表現出来る」

100個くらいのご感想はこちら

レッスン情報





■過去の体験レッスンでは


結構詰め込んでいる感もあり


ウクレレ中級位の人だと
すんなりいく場合も
ありましたが、


実際にはそういう方は少ない。


多くの方にとって
もっと丁寧にゆっくりのレッスンが必要

と回を重ねながら
修正を繰返し。


ほぼ、全ての方が(上級含め)とても
大事なのに全く今まで知らないという
現状を鑑み


「持ち方」、「脱力」「セルフケア」
「メロディ」「コードの基礎」「ソロとは何か」
「ソロの弾き方」など加えて行った結果
実に初めて知った!と喜んで頂ける。



■「全く!新しい体験レッスン」のカリキュラムが完成!


是非、項目を見てみて下さいね~


体験レッスン日程と詳細はこちら~

レッスン情報



レッスン情報目次はこちら

レッスン情報



要望の日程が無い場合もご登録頂ければ
検討&次回に優先し予約頂けます!

ウクレレ教室 セーハをキレイに弾く

<最近の活動>

▼ご質問を頂いています。

────────────────────────────────

■こんにちは高橋です!

_____ここからお便り_____

重人先生こんばんは、
Mです
ご無沙汰しております、

イキナリですが

セーハのコツを教えてください
(T . T)
フジゲンくん
前のKALA より
5ミリかもう少しくらい
ネック広めなせいか
4フレット5フレットあたり
もー
ペコペコした音しか出なくて

慣れないせいかしらと
地道にやっておりましたが、

キーーーーーー!
ってなるくらい
エクササイズうまくいかないです。 続きを読む

ウクレレ教室:手元写真で解説する。つかず離れずの手のひらとネックが円満な押弦の秘訣

 
<最近の活動>
▼夏休みスカイプ!公開〜産経国際書展に作品展示
────────────────────────────────
■こんにちは高橋です!
昨日は朝から
岡山のリハーサル
さらに譜面を直します!
■産経国際書展にて作品展示
昼からは産経国際書展の見学
硯についての講演を聴講
書道教室にて稽古
産経国際書展に展示中の
高橋の作品はこちら

3日まで上野の東京都美術館
にて通し展示されています^_^
高橋の師匠の師匠
松井如流先生が開拓した
現代書のジャンル
一文字の大字でテーマを
表現する。「一字書」
 
今年は
「恕」
続きを読む

Q&A:セーハとポジションチェンジ

<最近の活動>
▼ご質問紹介
最近レッスンでグーファスをやってる
メンバーもいますが
ご質問が来ましたので
紹介し本編にてフォローアップも兼ねて
回答していこうと思います。
昨日のメルマガで言うと
15種類のスパイスの1つといった
所に当たる、大事な内容です!
_____ここからご質問______
Yさんのご質問
高橋先生
Yです。
次回レッスンですが、
24日以前であれば、
8/11(金)〜14(月)の
いずれかでいかがでしょうか。
さて、Goofusを練習中
なのですが、質問です。
2フレットセーハと5フレットセーハを
親指を動かさないよう練習中なのですが、
人差し指のセーハのみの移動では
問題ないのですが、
5セーハで中指を3弦に置くと、
セーハの1弦側が緩みます。
もしくは、中指が寝てしまって、
2弦に触れてしまったりします。
逆に5セーハ+中指3弦で弾きやすいようにすると、
親指が下がる(5フレット側に移動)ため
親指を動かさないでは2セーハへ動きません。
いろいろと指や手首や腕の角度を変えてみると、
うまく行くこともあるのですが、
まだ安定しません。
何か良い方法はありますでしょうか。
続きを読む

ウクレレ教室:セーハを制覇(え?ダジャレ?)


▼広島へ〜レッスン感想
────────────────────────────────


■こんにちは高橋です!
昨日は大阪から広島へ移動。



移動中に
月の光のアレンジ

メルマガ書いたり
レッスンの予定を調整したり
移動中にも仕事ができるのは
効率的で嬉しい^_^


ホテルでさらに
月の光のアレンジ



■また、自由学園から連絡


7/14のレクチャーコンサート
ラジオ出演し宣伝後
バンバン予約が入っている
とのこと!

続きを読む

ウクレレ教室:他のレッスンでは習えない!?ダイジェスト!

 
【他のレッスンでは習えない!?ダイジェスト!】
────────────────────────────────
■レッスンフォロー
さて本日も午前中から
渋谷にて120分のレッスン
を1こま。
生徒さんにアドバイスした事
から皆様にも役立つ
内容満載です!
項目を挙げてみますと
■レッスンのアドバイス項目
○エクササイズは
 出来る速度で手順を
 確実に覚えたら
 少しづつ上のテンポを目指す
○メロディを弾くとき
 コードを押さえてメロディを弾く。
○リードと伴奏を弾き分ける
 メロディをピッキング
 伴奏はストラミング
 ピッキングは右手小指薬指をボディに付けて固定する
 ストラミングでは指を放す
○セーハの制覇(オヤジギャグ?)
 フォームが崩れやすい場合
 左手の手首を突き出すように曲げていると
 薬指などの第一関節が
 曲がらず伸びて、不要な弦
 のミュートに繋がる
 大変こういう人が多い!
続きを読む

ウクレレ教室:セーハの音が出ない(腕や指が痛い)理由と対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<最近の活動>
▼レッスン2コマ
────────────────────────────────
■こんにちは高橋です!
昨日は午前から
横浜たまプラーザでレッスン
移動し、渋谷にてレッスン
レッスンで説明が必要だった部分
ポイント、質問が出た部分などを
フォローメールでまとめて
音源とともに生徒さんに送るのですが
■今回、横浜ではメルマガやレッスンの
ご感想として
「今まではテンポについては
 早い遅い位しか気にしてなかったが
 アナログメトロノームを使って
 口でカウントすることで
 やっとリズムの表裏が体感できた」
「本当に情報が溢れていて
 たまたまネットで見つけたものをやって
 できないとハマってしまう。」
あたりの、ご感想も嬉しく拝見しました。
そして!!!
■セーハが苦手!
という方を徹底してフォローしたことから
多くの、半諦め状態の方にも
適用できるセーハ対策が構築できつつあります。
こちらは、また別途教材にするつもりですが
まずは、最新状態で言語化してみようと
思います。
続きを読む