ウクレレ上達の法則 復習を中心にする


こんばんはー! 高橋ですいつもメルマガを読んで下さって本当にありがとうございます。
今日もウクレレのレッスンをしに関東に来ているのです。
ホテルに戻ってきましてメルマガをアップロードしようと思っているため、インターネットにつなごうとしたらケーブルを忘れてきてしまったことに気がつきました(^_^;)
仕方がないのでiPhoneで音声認識ソフトを使ってメルマガを書いています。
今日は上達の法則(練習は復習を中心にする)についてお話したいと思います。
あらゆる勉強で、僕はそうだと思っていますが。 最も効率の良い勉強方法は 復習だと思っています。
予習というのは先生に教わる前なので テキストを読んでも非常に理解の効率が悪い ということがあります。
なので僕は復習を中心に 自習を進めることを主に 行っています。
研究と言う最先端のこと自分がやるようになった時は 復習もないわけですけども
先生について習い始めた直後であるとかまだまだ中級から 上級であってもやはり
復習というのは最も効率がたかい勉強方法だと思います。
僕の場合ですと森先生にレッスンを受けたその後に よく渋谷のバッキーという お店に遊びに行ったんですが
『ハワイアンバー』ですね。 そこのマスターが非常に偉い方で、こんな風に僕を育ててくださいました。
『おじさんにヒロマーチを聞かせてよ』 と僕のレパートリーが2曲ぐらいしかないときにですね、 さっき弾いて聞かせたのにですね、また『おじさんにヒロマーチを聞かせて』と おっしゃって何度も何度も 僕は練習しました。 そのことによって非常に僕の演奏の定着が進んだということがありました。
また今日はのレッスンをしていて、 生徒さんが最近練習できてないとおっしゃるのです。
海外から戻っている、子供たちがですね 今一緒に生活していて早く寝ちゃうので夜練習できませんよ
ということおっしゃるんですけども そういう時はですね。 譜面を洗うといいますか、譜面を眺めながら左手右手をイメージしまして イメージの両手とウクレレを思い浮かべて弾く! これだけでも実はこれは練習になるんですねというお話をした。 そのところ非常に喜んで頂きまして 明日からの電車の中でこれまた練習ができると喜んでおりました。
ということで、イメージで弾けない部分はまず実際には弾けませんからまたゆっくり練習しましょう。
それでは明日も楽しんでいきましょう!