ウクレレワークショップ:逆境のおかげでいつも以上の力がでる。


 

workshopinnagoya

workshopinnagoya


 
 
 
 
 
 
 
 
いやあ名古屋ハワイフェスは燃え尽きまして
昨日帰ってから14時間ねておりました。実は新幹線も寝過ごしたくらいなので、大分寝ましたね。
もちろん疲れの蓄積も自覚していたのですが名古屋で整体にいきまして。はい、ぼきぼきっと骨がなる奴ですが。
先生が、一目見るなり僕の体調を察して「お疲れね」って次の方にちょっと遅く来てくれるように連絡入れてね。
通ってくださーい。重傷の自覚あるでしょう?一日6時間は寝て下さい。
寝るというのは横になるだけじゃなくて意識が無くなる状態ね。
 
ということで通えませんが。多いに寝ました
■それで、ワークショップを振り返ると かなり逆境でした。 メイン会場のステージの爆音がもろに 直撃する場所にワークショップブースがありまして。
■はい、大きな通る声を出し続けました。 40〜60分を4回です。
 そして、説明したら 皆の手を見てね、理解できているか 見るの。
■けっこうみんな出来ているんです。 やはりうるさいなか注意して聞くから ふだんより聞く方も注意して聞いて よく見ているわけ。
■手が止まっていたらそこに行って フォローする。 後ろの方なら出来ている人や スタッフさんにフォローを頼んで 並行でフォローする。
 

workshopinnagoya2

workshopinnagoya2


 
 
 
 
 
 
 
 
 
■この人々とウクレレのファーストコンタクト を預かったわけなので、これは責任重大。
 この方のだれかが、今後 この記事を読んでいる人の友達に なるかもしれないし
■この記事を読んでいる先生の 生徒になるかもしれないし。 この記事を読んでいるミュージシャンの CDを買うかもしれませんよ。
■かように、音がうるさいという環境の中 いつもより、僕の五感もとぎすまされて ワークショップ力が上がったのでは ないかと思い始めました(ほんまかいな)
■ともかく、会場がうるさかろうが 天変地異がこようが。 この目の前にいるご縁のある方々に ウクレレの素晴らしさを伝えなくてはならない。
 一期一会の超真剣勝負なのです。
■もしかしたらこのお子様 おかあさんに誘われて嫌々参加した このお子が将来の世界的なプレイヤー になるかもしれませんよ。
 人の可能性を活かすのが教育というもの。 ワークショップだってまったく同じです。
 
■そして最後の回では みんなでCの音を出しながら あろうことか僕が口走ったのは こんなことでした。
■僕はウクレレの音が本当に大好きなんです。  その大好きなウクレレの音が皆さんの手から いまたくさん聞こえてきます。
 ぼくはとても嬉しいです。
 ありがとうございます!
■テクニカルな事もこんな感情的なことも 全部含めて 会場の不利な点を差し引いても ほとんど伝わったのではないかと感じています。
■Facebookでもその後友達申請がきて 丁寧に親切に教えて下さり ありがとうございました。
 とコメントを頂きました。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【まとめ】 情熱が持てることをやろう。 凄い力が出るから。 疲れたら寝よう!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■