カテゴリー別アーカイブ: その他学び

【動画:オンラインレッスン音質向上】プロ音響さんコラボ ウクレレ教室オンライン

【あなたのパソコンにこの音が届くまで】

─────────────────────────

プロの音響さんコラボ動画!

オンラインレッスンの
音質を作り込みました





後半は
サイレントウクレレの
音作りもフォロー!



アレーーー音が出ない
プラグを違う穴に
入れていたようで(大汗)

「シゲトさん壊れますよ!(笑)」



■こんにちは高橋です!



昨日は、
GW上達講座
レッスン編まで完了!

その後オンラインレッスン!

「本当に昨日のzoomレッスンは
 何も違和感がなく、
 終わる頃にはさりげなく
 伝えてしまうほど自然でした。(^_^;)」

とご感想を頂いていますが
参考過去記事


さらに音質をよくする取組として!
続きを読む

【すごく面白くてあっと言う間に時間がすぎました。】ウクレレ教室


目標設定のやり方が
わかりませーん。



というお悩みを
頂きますが
ちょうど、



目標が自然に出てきた!



というメッセージを
頂いたので紹介しますね。




■こんにちは高橋です!



昨日はGWの上達講座として
お話会を行いました。


急な仕事で
参加できなくなった


田中さんから
特典音源の

感想を
頂きました。



___ここから___

高橋重人先生

こんにちは。
今日はお話会、
お疲れ様でした!

私は仕事で
ライブに参加できず、
大変残念に
思っていましたが、

音源を届けて頂き、
続きを読む

【意志の力はあてにしない】ウクレレ教室

昨日はグループレッスン
(4月5日岡山にて)



生徒さんが
屋外で屋根テーブル椅子
の揃った場所を
提案してくれ


楽しくレッスン


ダウンロードキャンペーン
もあと3日、編集後記にて



■オンラインお話会(zoom)ご感想

参加いただいたMさんより
ご感想のつづきです。




___ここから___

すぐに
『ウクレレ 簡単 初心者』



でコード譜を
プリントアウトし、



ジャーン ジャーンと
鳴らすだけで
愉しいくて面白い!
心地よい^^


なのに
忙しさに追われて
ウクレレに数ヶ月
触れない時期も
何度もありました。

続きを読む

【音楽の第4要素=男を奮い立たせる?なまたまご。】ウクレレ教室

最近は気分転換に
楽しい動画を見ています。

一番好きなのは
志村けんと研ナオコのコレ
※下ネタ注意

https://youtu.be/L1IpIb6yJOQ

「なまたまご」

の響きが絶妙です。

レッスンに移動中
電車でメルマガ書いてますが
思い出して笑ってしまい
不審者です。



■こんにちは高橋です!


昨日はレッスン
本日も個人レッスン
(海外からの方の復帰戦)



教材の編集

またチェック動画も
ドンドン届いています!

ウクレレ購入の相談も
頂き盛りだくさん^_^



■韓国でホールコンサート

をさせて頂いたとき

動画 KTVソウルでのコンサートと路上ライブの様子





ワークショップもやりまして
春日ハチ博文さん
※カルメン・マキ&OZのリーダー、ギタリスト
 RCサクセションにもギターとして参加

上記動画にも出ています。

という大先輩の
ミュージシャンが通訳して下さり

続きを読む

【プリアンプの話などウクレレ「地肌力+薄化粧」の関係】ウクレレ教室



■こんにちは高橋です!

昨日は
動画チェック(添削)を1件
教材の返信(真珠貝の唄)


また、


香川のウクレレキイチ先生から
「真空管アンプは倍音が出る」

いとうせいこう氏が
「倍音が気持ちいい、倍音を聞きにライブに行く」

というのを思い出して



■清水の舞台から飛び降りたつもりで



https://amzn.to/2TRVmpZ”>4750円の真空管プリアンプ(安)


を買ってみました。

プリアンプは音の質を
良く(好みに)する用途
で使います。



通販サイトの写真に
電源アダプタがあったので



電源は買わず
入力と出力ケーブルを
別に買うと



電源は入って無くて
ケーブルは出力用のみ
入っていました(汗)

うーん、やっちゃいました。

続きを読む

【上手くなるには?=私もこの質問をしたかったけど、直球の質問すぎてできませんでした。】


■こんにちは高橋です。


本日は個人レッスン
仙台からのネットレッスン!

教材も誠意製作中です。
ウクレレ楽しい大學Vol.8
パッケージ版の製作大詰め!



■どうしたら上手くなるか!

という問いを頂いて
シリーズ風にメルマガを書いています。

こんなお便りを頂きました

___ここから___

高橋先生

おはようございます。

どうしたら
上手くなるか
という質問に

明解な答えを頂き、
とてもためになりました。

私もこの質問を
したかったけど、
続きを読む

【ウクレレが上手くなるために→やらない2つのこと】


<今日のうずまきシステムデザイン論>
〜人生に豊かさを組込むヒント〜

【ウクレレが上手くなるために→やらない2つのこと】



本日の音源「メドレーフロムウクレレブルース」
(1月4日のライブより)
https://drive.google.com/open?id=1hPry2o3fGixb3TZXsPwCh2PncV3PQPWq

─────────────────────────



いぜん森先生に
新年の抱負的に
あれもこれもやりたいです!

と伝えたところ

「この歳になるとわかるけど
人生はなにをやらないか
で決まるんだ。」



と教わったことがあります。



「あなたの歳では分からなくて
当然だから、やりたいことを
どんどんやればいい。

人生に無駄はないんだ。」




ともおっしゃいました。

どっち?(汗)



続きを読む

ウクレレと書道って何の関連があるんですか?

■こんにちは高橋です!



昨日は体験レッスン

(ご感想:
ソロが弾けない悩みが
解消できると思いました。)



→展覧会に出動

展覧会のお知らせ
https://www.takahashishigeto.com/blog/art/



■本日は個人レッスン


毎日練習されて
ぐんぐん
上手くなってます!

とても嬉しいです。

次回の体験レッスンは
11・24

レッスン情報トップ
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=K9Bqn7WZzDvCI&I=00348

体験レッスン日程
https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=K9HTO3xWXcsdI&I=00348

そして



■展覧会三日目

・生徒さん達
・ウクレレビルダーさん
・ボイトレ仲間
・叔父叔母
・高校の同級生(30年ぶり)
お越し戴き
ありがとうございます!



■展覧会のご感想


こんな声も頂きました

「見事な書でした」

「丁寧に説明してくれて
 ありがとうございました〜」

「作品に圧倒された……がんばろ」

「てぬぐいの響と陽が良かったです。」

※写真:てぬぐいなど
https://ukuleleschool.net/wordpress/wp-content/uploads/2019/10/IMG_1985-e1571054654536.jpg

「今日は、
 芸術の世界をみることができて、
 とても楽しかったです!」

「素晴らしい書と、
 ウクレレや書にまつわる
 エピソードを堪能させて頂きました」

「てぬぐいは次回レッスンの時に買います^_^」
↑これはいろいろ嬉しいです。

「今日は素晴らしい作品展を
見せて頂きまして
ありがとうございました
素晴らしい芸術 想像以上でした



中略



もう少し近くだったら
私はもう一度観たいです」




すっと来られて
てぬぐいをお買い上げ、
颯爽と帰られた
お兄様はどなた
だったのでしょう?




■なぜ書道をやっているの?



よく頂く質問として
ウクレレの方がなぜ
書をやるの?
関連があるのか?



関連は大ありです。



例えば音楽の三要素は
・メロディ
・ハーモニー
・リズム

書にも線のある部分
無い部分にも実は
筆の動き、軌跡を感じられ。



これを
筆脈といいます。



これが綺麗に流れていると
私達は美しいと感じます。

書でいう所の
「メロディです。




■全体の線の調和は「ハーモニー」



線と線の調和
作品全体の調和を
ハーモニーというのは
説明がいらないでしょう。





■書の中にあるリズム



もちろん一画、一画



打ち込んで、線を引き
止めたり、跳ねたり、抜いたり


心地よいリズム、
生命を感じるものです。



■第四の要素は音質



三要素は音楽の要素ですが
「音質」は楽器自体と
技術に左右される要素です。



タカハシの場合は
ウクレレの元々の
音質が好きだから



アコースティックの
ソプラノウクレレを
好んで弾いています。



ピッキングソロをはじめ
あらゆる技術の
出音を磨き上げています。



音質こそが
音楽で一番大事かも。。。
と有名ミュージシャンが言っていました。





■書の場合は線質



パソコンの変換が
船室や泉質



を出しますが。。。



線の質



線質です!




書は線質の芸術
と言われるくらい



スピードと筆圧、強さ
迷いの無い
鍛えられた線質に
美しさがはっきり見えます。



音楽でも1音が綺麗
でもう響に参っちゃう!



というやつですね。




■無意識に美を感じるのはそこなんです。



音楽は流れ去るものだから
捉えにくい部分がありますが



書なら作品を見ながら
こういう説明を聞くことで
ビジュアル的に
音楽の判断力も培われ



演奏にも多大なプラスが生まれます。




■書の先生の言葉を聞き続けている理由



だからタカハシは書道教室に
可能な限り通い先生の言葉を、


他の生徒さんへの説明も
聞き漏らさぬよう。



■ダンボの耳となり



時に書き留めることで

音楽や芸術を
立体的に把握し、
演奏の向上に
活かそうとしているんです。



理解が深まると
とても楽しいんですよー。


こういう情報を頭に入れて
流れ、調和、リズム、線質
の良い書などを見ることで

音楽理解までも深まるから
嬉しいものです!!!



━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛
■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら

【上手くなる王道は獣道?】ウクレレ教室


■こんにちは高橋です!



昨日は池袋にて120分の
セミプライベートレッスン

帰ってポストを見ると
先月の電気代

「何コレ、5000円超」

大変な暑さで
今年の電気代が怖いです^_^

風通しを良く
ヒゲトリミングも実施。

※6/1の四谷体験レッスン もうすぐです!


お知らせ記事はこちら
https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/oshirase/inputsoonoutput/



■練習効率を上げよう

あなたの練習効率を
簡単かつ劇的に上げたい!

昨日はちょっと
過激な言い方で
問題提起しました。


過去記事
「失敗が減らない=時間をドブにすてる習慣?」
https://wp.me/p54k4e-2mp


間違いが減らない
=テンポを落とさない

そんな練習は時間の無駄だ!
と言いたいのではなくて
続きを読む

【生音 VS マイク VS ピックアップ】ウクレレ教室

■ピックアップの話のつづき


(目的)

・会場が野外でマイク収音がしにくい
・バンド編成など他の楽器のボリュームが大きい
・ステージを動き回りながら演奏するスタイル

などの場合


ピックアップと言うマイクを
ウクレレに装着または内蔵して

「音量を稼ぐ」

のが割と一般的です。



■そもそも生音の情報量は?


ウクレレの鳴る音(楽器自体、トップ、バック、サイド、ネック)の振動
+演奏家の体に響く音
+会場の反響
→聞く人の耳


ということで
楽器自体の響きだけでなく
演奏家の体の響き
空間の反響音などを

総合した音を聞くことで
その豊かさを音から感じる

この豊かな情報量
があるわけです。



■ピックアップというのはマイク


生音をマイクで集音する場合



ウクレレの鳴る音
+演奏家の響き
+会場の反響
(の一部)
→マイク
→ケーブル
→PA:ミキサー(アンプ、イコライザー、ミキサー)
→ケーブル
→スピーカー
→+会場の反響
→聞く人の耳



ですが
ピックアップとなると



ウクレレの鳴る音
(の一部:主にトップ材など)
→ピックアップ※
→ケーブル※
→ダイレクトボックス(プリアンプ内臓)※
→ケーブル
→PA:ミキサー(アンプ、イコライザー、ミキサー)
→ケーブル
→スピーカー
→+会場の反響
→聞く人の耳

※が追加部分



つまり

音量の稼ぎ易さ
 ピックアップ>マイク>生音

を得るために副作用として

情報量
 ピックアップ<マイク<生音


となるわけですね。



■つまり情報量は減り、機材が増えます



音量をかせぐために機材は
増えて行く訳ですね。

機材が増えるということはその
特性によって変動する可能性が増える。
ということなんです。

マイク1つでも
ノイズの多い少ないや
低音がよく拾える、高音が得意
など特性があります。

マイクほどではなくても
ケーブル1本、あらゆる機材に
そういう特性(得手不得手)があるんですね。

それを調整するために

プリアンプ     = ピックアップの音は小さいので増幅
ダイレクトボックス = ノイズを増やさない 高音やせを防ぐ
アンプ       = 会場に合わせ音量の増幅
イコライザー    = 高い、中くらい、低い音などのバランス調整
ミキサー      = 他楽器や歌のマイクとのバランス

などを使って最終的に
音を届けるんですね。



■オペレーターさんがやる



というわけでミキサー部分
(アンプ、イコライザー、ミキサー)

は会場にオペレーターさんがいれば
不要ですが、いない場合は

そこまで、考える必要が出て来ます
(全く無視してなりゆきというのも、無くはない)



■こまかい話ですが(読み飛ばしてオッケー)



小さい会場ですと色々
無視できるかもしれません。

その場合、ギターやベース
などはそのアンプから直接出した音で終わり


キーボードや歌、ウクレレなどは
上記の流れでミキサーに入れる
かもしれません。


大きな会場ではギターやベースの
アンプにマイクをセットして
全部をミキサーに入れます。



■ダイレクトボックス


ウクレレに関係するところで
ダイレクトボックス

は会場に置いてあることが多い
ですが




基本性能のみのもの
となるので、ウクレレなど
アコースティック楽器奏者は

自分のダイレクトボックス
(プリアンプつき)

を持ち込むことが多いです。




つまり



ピックアップ付きウクレレ
を買うと

少なくなった情報量を
なんとかいじって補完?するため。

ケーブル
ダイレクトボックス(プリアンプ付き)

を買う可能性が高まります。
欲しくなってしまうんです(笑)



※ダイレクトボックスのもう少し
詳しい説明はこちら(サウンドハウス)
https://www.soundhouse.co.jp/howto/pa/di/




明日以降、タカハシの使って来た機材
なども紹介していきますね。

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

普通の会社員が世界のウクレレフェスに出れた思考をお届け!!!
このブログ記事は、無料メルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら


■【NEW】14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

・楽に演奏できる安定感の秘密・疲れないウクレレの持ち方・右手の技術:ストラム(音色と音の長さコントロール):ピッキング(ギターとは違うウクレレ独自の。。。)・左手の技術:運指の考え方(音を歌うように繋げる)(狭くならない角度の調整)(ルールを覚えると=全部覚えなくて良い)・上達する練習の考え方・物事が上達するための4段階(各段階でやることが違うので間違うと上達が難しくなります)・エクササイズの紹介・リズムの考え方(強拍弱拍は誤訳)・エクササイズの応用で曲ができる(演奏の設計という考え)etc…

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。