【楽器は歌(お母さん)に憧れるこども】ウクレレ教室



こんにちは高橋です。

昨日は姿勢の話しでした。
過去記事【続:姿勢話 マイナスを0に→0をプラスに】




さらに質問を
頂いています^_^




___ここから___



姿勢と関連してる
かもしれませんが、


呼吸法で意識されてる
ことが
あったら教えて下さい。






Hさん
___ここまで___

Hさん
相変わらず
いい質問ですね。



呼吸だいじ^_^



■楽器演奏が目指すもの



楽器の演奏は歌を目指す
という
西洋側の古くからの
考え方があって。



森先生からは



■歌はお母さんで



楽器は子供で



その素敵な
お母さんのように
なりたくて取り組む


歌はもともと完成され
楽器は完成しないけど


その方向性が美しいんだ
と言うお話を

聞いてきました。




■完成しなくていいんですね^_^



(そうは言ってない!?)



でもって

歌の基礎は
声ですね



声の基礎は息(呼吸)




■息に声帯を震わすと




声になります



声にメロディを
加えると
歌になる。




ウクレレなど楽器も
歌を目指すので
息がやはり大事です。




■フレーズとは呼吸



演奏などのフレーズ



フレーズっていうのは
これ呼吸のことなんです



なのでブレス
息継ぎなんていうのも
曲の中にあったりして



■ワンフレーズ一息で弾く



なんて森師匠もおっしゃり



森先生がアヴェマリアを
弾いている時これ



声に出して歌っていませんが
囁くようにアベマリアー



ってあの言いながら
弾いてますよね






■まずは鼻呼吸しながら弾く



息を止めないこと
鼻呼吸を推奨


タカハシも鼻通りがわるく(涙)



繊細さん気質もあり…
職場の空気に影響され
呼吸が浅かったのです。



いまはだいぶ緩んで
呼吸もできてきました。



演奏すると
力みがちな
あなたは



おそらく難しい部分で
息が止まっているので



まずは息をしながら
弾いてみてくださいね。


鼻呼吸がオススメです^_^



■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら