【「遠いけれども、ものすごく近く」感じました】ウクレレ教室オンライン



タカハシのサイトの
表現がパクられている。
と内部告発が届きました(汗)


そんな話は編集後記にて。



■こんにちは高橋です!




昨日も本日も
オンラインレッスン2件



動画添削に
教材も発送。



全く紹介しきれて
いないのですが



オンラインレッスンの
ご感想を頂いています!
全て正座して拝読しています(笑)



___ここから___

高橋先生

Nです。

レッスン
ありがとうございました。



じっくり教
えていただいた
感がありました。



画面を通して
遠いけれども、



ものすごく近くで
レッスンを受けている
ようでした。




実際には
あんなに近くでは
手元とか
確認できませんし、



色々な角度から
見せて教えていただき
助かりました。




終わったあとすぐに
自分で実際に振り返られる
のもいいですね。




今日の二曲とも
YouTubeで先生や
みなさんの演奏を
聴くのですが、



いつかは・・・
を目標にゆっくり着実に
弾いていきたいと思います。



そして色々機材を
揃えていらっしゃるの
ですから、



ぜひオンラインコンサートを!
楽しみにしてます♪




受講料ですが、
同金額で振り込み
予約してしまいましたが



変更があるようでしたら
ご連絡下さい。



こちらは交通費も
場所代もかかりませんし、
移動の時間分も浮きます。




色々準備したりして
頂いている分
値上げも
納得いくことですので。
 



この先はどうなるか
わかりませんが、

出来る限りのことを
しつつ気をつけて
過ごしていきたいと
思います。



先生もお体に
気をつけて
お過ごし下さい。

Nさん

___ここまで___




Nさん
嬉しいご感想を
いつもありがとう
ございます。



ここまで言って頂けるのは
講師冥利に尽きます(嬉涙)



グーファス、12番外のラグ
必ず弾けるようになりますよ!



■遠いけど近い




名言ですね。



英語圏の人はよく
メールの最後に

keep in touch
(キープ イン タッチ)

なんて書いてあって





■触れられるくらい近く




連絡を
取り合いましょう



という意味だと思うのですが
(違ったら教えてください:汗)




オンラインで
画面越しで遠くても



「どこまで近く
感じてもらえるか」



今後のあらゆる職業で
問われる感覚ではないか。
と思い一早く紹介しました!



━━━━━━━━━━┛

編集後記



内部告発が届き(汗)

恐る恐る



とある
ウクレレレッスンの
サイトを眺めてみると



なんか聞いたことある
(書いたことある)
表現がいっぱい



おお、もしや
私の表現、、、
パクリまくられている?



ついに私も
パクられるくらいに
なったのですネーーー。



告発者さんは



「あそこまでパクるとは
 恥も外聞もない。


 家族に法律関係者がいるので
 相談します。法的手段に訴えましょう。」



と激怒していました



狭い業界なので
両者を知る人も
いることでしょうし



オンラインの時代だから
今後増えるであろう
両方見た人がどう思うか
ですよね。



ああ、必死なんだなと



その方も生徒さんが
いらっしゃると考えた時
タカハシのサイトを発見したら



同じような表現多数なのに



実績やご感想の質と量が
圧倒的に違う。。。



うちの先生パクってるわ(涙)
と悲しくなるのでは
と心配してしまいました。


また、高橋の文章をパクると
高橋のやってきたことの自信や実績


のニュアンスがお客様に
伝わってしまい、
後でギャップが生じて
問題になるだろうとも思いますよ。





自身の
深い場所からの
言葉でないと



近く感じてもらえたり
相手に届かないのでは


なーんて考えておりました。


■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら