【ウクレレソロに五線譜はいらない】ウクレレ教室

全全半全全全半

■こんにちは高橋です!

本日は個人レッスン
そして、山梨のコンサートの準備

(無事!終了しました)


キャンセルも出て
まだ関東ツアーも乗れますよ!

着手の壁をぶちやぶりたい
という方はどうぞお問い合わせ下さい。


■師匠の譜面はTAB


TABというのはタブ譜のこと
ギターでもウクレレでも弦楽器の

どの弦の何フレットを押さえるか
書く方式の譜面です。

■古くはリュートの表記に使われた

ということです。



師匠の譜面はこのタブです。

先日もタカハシがデジタルの
譜面を書いてもっていたら
この五線の部分が邪魔だねと
おっしゃっていました(笑)


■音楽マウントする人の2大巨塔が

音楽理論と五線譜
という二大巨塔。

象牙の塔ですが

タカハシもウクレレで
コード名ルールなどをレッスン
すると気がつきましたが



■五線譜ってピアノ用に最適化されている

ドレミファソラシド
が綺麗に白鍵盤にのってるでしょ
(Cメジャースケールに最適化された楽器)

半音あがったり下がったりすると
シャープやフラット付けますが

弦楽器だと基本的に
半音が1フレットだから

何フレットなのか?
書けば良いだけ。

弦楽器には白鍵も黒鍵も無いのだから



■ムダな作業は少ないほどいい

今年の前半は
月の光のピアノ譜をたよりに

ウクレレのアレンジ
中盤部分を徹底して
やり直しました。
※山梨でお披露目です!

五線譜で書いてあるものを
弦楽器に移植&移調しようとすると、

一回鍵盤をイメージして
指板上で探して、
またずらして、、、
みたいな作業が
なかなか大変です。



※僕が1回やるのは仕方ない作業

こんなのは、アレンジする人が
1回やってタブ譜を作る。
それで終わりでよいのです。

僕の生徒さんたちにはタブを渡して
楽しく練習してもらっています。

あんな曲、五線譜でやってたら
死ぬまでに弾けるか
どうか分かりません(汗)

※僕自身も弾けないだろうな(笑)
※翻訳作業のムダ

時間は大切に使わなくては!



■弦楽器では五線では情報量が足りない

同じドであっても
1弦の3フレットなのか
4弦の5フレットなのか
3弦の12フレットなのか

一発で示せるのが
タブの良い所であって

それぞれ音も違うし
使い方も違うんだけど

五線譜だと同じ「ド」
としか書けなくて情報量が
足りないんです。

※特にハイジーだと微妙な場合がある。



■中途半端なタブがマズイのだろう

タブ譜というシステム自体に
情報が足りないのではなく

いい加減な書き方の
数字しか書いてないようなタブは
情報量が逆に少ないので

タブがバカにされるんでしょうね。
(わかっとらんなー!という感じで)

というわけで、初心者の方も
マウント情報に惑わされずに
実際の目的、目標(上達?楽しみ?)

に合う方法、アプローチを使いましょう。

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

■無料14日間ウクレレ上達メール講座(200登録超!)

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!(1100名登録 日本最大)
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら