【わたしにぴったりの先生は?どんな人?】ウクレレ教室

タカハシやっちゃいました
先日ある場所でトイレに入り。

終了してから、みると。

とうぜんそこにあるべきはずの
ホルダーにあるはずの

紙が

無い

見渡してもスペアも
無い様子。

いやー、
最初に確認しなくては
イケナイんですが。

急いでいる(?!)
時は確認がおろそかになります。

順番って大事ですねー!(涙)

■こんにちは高橋です!

こんにちは高橋です!
昨日はコンサルタントの
先生とミーティング

先生の言葉
勉強すること自体には意味は無い
これを身に付けて生かしてもらってこそ

コメントも印象に残りました。
この先生には今後ともお世話に
なります!

夜は中国語のクラス
1年半通った学校ですが

先生が卒業してご自身のスクール
を作るので、僕も先生について
行くことにしました。

■自分にぴったりの先生は?

ウクレレを習いたい。
と思ったときに、

自分にピッタリの先生はどんな人?

って思いましたでしょうか。
近所で、通える場所で
大手だから安心(!?)

なんとなく検索して。

という探し方が多いかもしれません。

■先生で4人目です。

という方もおられますし
ぴったりの先生を探すというのも
結講大変なんだなと思います。

結局、自分の悩みとか課題とか
理解してくれて、そこのピンポイントの
アドバイスを示してくれる。

そんな先生しか
「言ってしまうと」

役に立たない。。。(大汗)

わけですね。
人柄とか、人格とは無関係です。

マッチングの話。

■たとえば僕の習う先生は

ウクレレ
書道
ボイトレ
文章の書き方
中国語

全員、基礎を大事にされます。

中国語なんて基礎の
発音をきちんとしなければ

文法や言い回しが
年月をかけて、山盛り覚えても

実際に中国に行ったら
全部聞き取れず、また
伝わらず。。。

■水泡に帰す(恐)

ということです。
教室に言っても、本当に
中級、上級の人でも

?!という発音の方が多いのです。

ボイトレでも体が楽器なので
リラックス、ほぐしから開始
呼吸が浅い段階ではロングトーンも出ません。

そんな段階でがんばって力むと
さらに体が固くなり歌えなくなる。。。

のどを壊す。。。

順番がめちゃ大事です。

※練習不要という先生は論外です。
 あなたの上達を望んでないからです。

■トイレに入ったら。まずは紙!

を確認するくらい
明らかに、この順番を
知っている先生。

これがタカハシが先生を
選ぶ基準です。

じつは、
そういう先生は貴重。
かつお忙しいもの。

ぜったいにお邪魔をせず
かつ、離れずついて行きます。



━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら