【頑張ってダメならブレーキを離そう】ウクレレ教室


■cheer up シゲト!



エンジニア時代に
何度も音楽の仕事で
台湾に行きました。



毎回、温泉に連れて行ってもらい^_^



裸の付き合い
があるんですが、

ある日、温泉で
台湾人のラリーが



■なんでシゲトは老人みたいに

前屈みなんだ?






というんです(冷汗)

気がつけば
会社で暴君から
隠れるため

日々パソコンモニター
の影に潜み




■その姿勢が固まっている



いつも近くにいる人は

いつも通り前屈みだから
注意してくれなかったんですね^_^



その気づきを恥ずかしながら
彼等に伝えると!



Cheer up シゲト!
(元気よく、勇しく行こう)



と勇気づけられました。



■こんにちは高橋です



先日の体験レッスンでの
デモ演奏動画







■上達は実にカンタン



日に日に、やはりカンタン
だなあと、確信します。



やり方自体は
マスメディア
には乗りません



(スポンサー様がいる)


例えば書道のような



淘汰されてきた習い事
に通うとだいたいシステム
があります。

そのジャンルの中で
言語化、体系化
されています。




■上達しない原因は?



教わる内容が
きちんとした
アクセルならば


進まない原因は



考え方
自己イメージ
思い込み

のブレーキ
にあるんです。




■ブレーキを離せば



スピードがでるのが
怖くて?


ブレーキを踏んだまま




アクセルを踏んでも
なかなか進みませんし



なにより疲れます(汗)



ブレーキになる
思い込みは様々で

列挙すると




■・上達は難しいもの

・自分は不器用である
・優れてはいけない
・目立ってはいけない



・出る杭は打たれる
・みんなと同じが一番
・あるがままではいけない

・自分は変われない



などなど
場合によっては当時
役立った思い込みですが



■いまでも本当に役立つでしょうか?



会社の暴君から隠れる姿勢



まあ、見た目
立派な演奏家に見えない^_^
(当時は悩みましたよ)


演奏で多くの方に楽しみを
シェアするときは邪魔です。



前屈みでは頭を支える
背中に負担がかかり
腕や手指は十分動きません




■姿勢が前屈みだと



声もはっきり出にくく
不利なことだらけです^_^



方法はいろいろですが
指摘などをもらい



思い込みに
気づいてしまえば



ブレーキを解除し
アクセルを踏み込んだ分
進むようになります。



いつもとは違う人に
会うのも吉ですね^_^

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら