【ウクレレが上手くなる順番】

<今日のうずまきシステムデザイン論>
〜人生に豊かさを組込むヒント〜

【上手くなる順番】

─────────────────────────

師匠に習い初めてすぐ
まず三年は文学的表現は一切避け
指を作ります。

その後 音楽表現 をやり
最後は 入魂   です。

と言われました。
よく理屈は分かりませんが
ハイ!一択でした^_^



■こんにちは高橋です!



昨日もグループレッスン
その後は書道の稽古

レッスンのご感想をいただきました。



___ここから___

高橋先生

本日も楽しく有意義なレッスンを
どうもありがとうございました。

毎回新たな発見に溢れていて、
本当に楽しいです!





今回の「海」も盛りだくさんで
ワクワク。難しいんですけれど。笑

また来月よろしくお願い致します!

Nさん


___ここまで___



Nさん
嬉しいご感想を
ありがとうございます。


毎回ウクレレレッスン
を通じて


ご自身の新しい一面を
発見し続けている!



素晴らしいですね。
いつまでも新鮮で楽しく!
参りましょう。



■上手くなるの定義(タカハシ版)



昨日こんな風に表現してみました

「やりたい表現に応じた

音色で
正確に
適切なテンポで

コントロールして弾く



この技術で自分を楽しませ
その場をリードする」



音を出すと言うことは
人も含めて環境に働きかける
ことなのであえて
場をリードまで書いています。




■掃除は上から


話は転がりまして



僕は数年前まで製造業の
エンジニアもやっていました。


例えば、医療製品や
食品フィルムなどなど

ゴミがある環境で作ると
ゴミが入るので(汗)



クリーンルームという
綺麗な環境を工場に作って
製造します。



■ゴミの対策は



1出さない
2持ち込まない
3掃除する






この掃除は
上から下へ



天井→壁→床

と掃除します。

なぜなら、床を綺麗にしたのに
天井をつついて



ゴミが落ちると
床を再清掃になるからです。



■現場の作業する人はシビアで



順番の指示を間違うと
お前がやり直せ馬鹿野郎



みたいなことを言う人も
なかにいるので



臆病な理系君のタカハシは
作業設計段階では彼らとともに
作業を試し

(自分も掃除し)

罵声に耐えながら
働いていました

(たまに夢に見る)



■建築は下から



また、逆の例ですが
家を作っていく順番は

土台→柱→壁→屋根



と下から上へ

の流れですね。


土台がじるじるのところに
柱が立つはずもないし


柱や壁ないところに
屋根瓦を敷くことも
不可能です。



■ウクレレ上達の順番



これは


1体のレベル
2表現のレベル
3魂のレベル



多少平行で進めますが


大きな流れは完璧に
1→2→3

です。
残念ながら



■現状のウクレレを教える人達が



1、2、3をしっかり
区別できていません。


だから
もちろん習う方も
疑うことなく



1(体の訓練)
を十分やる前に


2(表現)をやったり
3(入魂)の話をしたり



指が思うように動く
訓練無しで


均等に弾ける前に
明確な変化は付けれず


言われても???
となってしまいます。


■他のパターンとしては


1(体の機能)だけしか
見てなかったりすると


指が速く動くことが上手い?


みたいなことしか
評価がなくなってしまうのも



ちょっと部分的すぎますね。



結果として


■たまたま弾ける人が


うまい。。。

習っても習わなくても
上手い人が上手い
出来ない人は出来ない


どちらにしても

あまり変わらない
と言う状況になっくる(涙


とちょっと嬉しくないですね。


明日以降につづきます。

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら