【動画「シャツの生地の質感がわかります」】ウクレレ教室オンライン

本日のオンラインレッスンより
高品質に写るカメラを増量して投入
動画(3分)





オンラインウクレレレッスンのご感想はこちら




■こんにちは高橋です!



本日も朝から
オンラインレッスン。



先日、カメラと機材をつなぐ
ケーブルのサイズを間違え(汗)



1台しか使えなかったので


昨日届いたケーブルを
刺して見るが。。。



■映らない(涙)





しばし格闘する
レッスン時間迫る。



(カチ、カチ、と脳内時計)



今回買ったのは
ケーブル+サイズ変更アダプター


(トータル、どんだけ買ったんだろう)



なので



震える手で
新アダプターを残し
古いケーブルと入れ替えて




■映った(なんで?)



ついに、
高品質カメラ2台体制に
移行完了。



3分ほどの動画はこちら。





生徒さんより

「シャツの生地の質感がわかります」



とコメントを頂きました。


以前の画像と比べると
鮮明度、明るさ、ピント
まったく違いました。


過去動画「南京豆売り」





■画質を良くしたいというよりも。



対面=肉眼+脳みそ



はオートフォーカス



余計な情報は
フォーカスをずらし
脳の負担を下げています。


(ストレスがありません)



これに比べて通常のオンライン



■ウエブカメラはピントが無い



つまり、全体的に
ピントが合っている。



しかも
しっかりと
合ってない(涙)



全部が中途半端に見えて
余計な情報は入るし



欲しい情報も
ボケているので



視力が落ちているのに
全部をくまなく注意して
見るようなもの。



だから
オンラインは
とっても
疲れるんです。




■本質に集中してもらうため



もともと、圧倒的に
内容の濃いレッスンで


「音楽のレッスンで
 こんなに頭を使ったの初めて!」


と感想をいただきます。
それくらい濃い内容なので



不要情報など入れて
生徒さんの
脳がパンクしては困ります。



大事な情報をきちんと届け
不要な情報をカットする



ストレスを減らして
集中して頂くために



機材も工夫を重ねています。




■音声もまったく同じ



カラオケで練習していても
集中しているときは
気にならなかった。




帰って聞いて見ると
隣の熱唱がウルサイ!


のと同じで



対面の時は
耳と脳が余計な
情報はカットします。



■オンライン=脳機能が使えない→機材で補う



オンラインではこの
脳の機能も使えませんので


機材をうまく使って
音質をあげながら
不要な音を
カットしています。


※エアコンの音が消しきれませんが
 止めると生命の危険があるので
 お許しください(笑)


オンラインウクレレレッスンのご感想はこちら



■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。



■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら