【そもそもウクレレのチューニングについて】ウクレレ教室オンライン

最新動画



■こんにちは高橋です!

いやー

あちこち桜が咲いてますね。
桜吹雪を浴びると
悪い気を洗い流すと言いまして

積極的に桜の下を通っています(笑)

■ハイGソプラノウクレレを弾いてます。

高橋がウクレレを始めた
30年前はソプラノウクレレしか
なかったので、これがスタンダード型

とも言われました。

ソプラノの音色は
他サイズとは違って
遠くに届く力があるので
僕は大好きです。

(他はもう弾かないでしょう)

そしてこれまた
30年前からチューニングも
買った時点では

ハイGというチューニングです。

■楽器屋さんでウクレレを見ていると

好きな音色や、
やりたい演奏も聞かず
いきなりローGコンサートサイズ
を売ろうとする。

そういう楽器屋が
あると聞きますが

単価が高いものを
売りたいんでしょうねー。

■ウクレレのチューニングは

右にブリッジ
左にネックが
来るよう構えた時に

地面側から天井に向かい
1、2、3、4弦と数えます。

この一番上の4弦が
G(ソ)の音にチューニングします。

チューニングは
今度は4、3、2、1弦の順に
上から下に向かい
ソ、ド、ミ、ラ

ですね。

このソドミラを昔は
花子さん(は、な、こ、さーん)

と覚えたなんて
よく本にも書いて
ありました(懐)

■この4弦のG(ソ)について

元々のはいGと呼ばれる
チューニングでは

3弦のドより高い音なんですね。

低い順に書くと
3、2、4、1弦となるんです。
(ド、ミ、ソ、ラ)

これがハイGチューニングですね。

■ちょっと変に聞こえる理由

西洋の合理思考に基づくと

ピアノみたいに左が低い、右が高い
と順に並べる感じですが

ハワイで何が起きたのか?

ウクレレのルーツの1つである
原住民の楽器ウケケは3本だから
(コアの木で作った)

4番目が足された時に
太い弦を作る技術がなくて

(同じ素材だと太いほど低い音になる)

という説も聞いたことがありますが
どーなんでしょう。

こんな情報も取り入れつつ
同じコアのウクレレにローG弦
(1オクターブ低い4弦)

を張った動画もどうぞー


■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら