【動画 師匠x高橋2 グーファス】@ウクレレマニア

■グーファスの動画紹介

さて引き続き
ウクレレマニア(池袋)
ワークショップ

でのミニコンサートから
動画を紹介します。

2曲目は
グーファス

https://tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=L0FI92d0AJUMc&I=00348

■グーファスという曲

こちらはアメリカの古い曲

ギタリストのチェットアトキンス
あのカーペンターズも
収録しています.



アメリカに行って弾くと
みんなほんとに
この曲大好き!

この曲を演奏している
奏法は灰田先生が日本に伝えた

■ハワイ伝統のピッキングソロスタイル。

今回のコンサートでは
すべてこのピッキングの技術で
ハイジーチューニングという、
ウクレレ元来のチューニングで4曲弾きました。

アメリカ本土の曲が2曲
ハワイの曲が2曲(1曲は3曲分のメドレー)

と言う事で

この演奏技術はハワイの曲だけではなくて
古いラグタイムなど軽快な曲とも相性が抜群です。

特に歌を歌ってるように
メロディーをしっかりと

■歌いあげるられるのが特徴

これこそピッキングソロの
最大の魅力ですね。

当時の洋楽と言うのは
大きくは、クラッシックと軽音楽に分かれて

軽音楽の中に
ジャズもハワイアンも
含まれたそうです。

たまに戦前音楽ファンという
マニアっぽい人がいますが、

いやいや、いい趣味ですね!

しかし、ある場面のハワイアンのイメージ

■ゆるゆる、、、格好よくないですよ。

これは後からの歌謡曲スタイルと
混ざってイメージができた説があります。

当時は、ハワイアンは最先端の
本当にかっこいい音楽だったんですね。

きちんとした音楽、演奏は、
ゆるさに特徴のあるテーマ
そんなモノを扱うときも

それを感覚ではなくて
技術できっちり表現しています。

なかなか、気がつきませんけど(!)

また、センスではなく
技術としてやるから

誰でも学べるし、
だから伝える事が
できるんですよ〜

本日は短めに!

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

学びに遅すぎる事はありません
いつからでも人は向上していくことができます。

また、早すぎる事もありません。
学んだ事は、今後の全てに活かしていけます。

********************
普通の会社員が世界のウクレレフェスに出れた思考をお届け!!!
このブログ記事は、無料メルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら