情報を活かすための情報をインストールする。


ひっぱるなー。と思う方もいらっしゃいますよね。
フェルデンクライスというボディワークをウクレレレッスンに活かしていこうとしています。
でもね、ひっぱるのはやはり。大切だからなんです。
■ぼく驕ってました。
 合理的な体の動きを教えれば あとは、ある程度努力の問題もあるかなと (残念ながら) 思っていました。
 だけど、極上の技術を教えるし 丁寧にゆっくり御伝えして 頑張るから
 いいかな?
■いいともー(古) と思っていたのですが。
 今日も暑いねー (そうですね)
 ウクレレしましょう! (そうですね)
 こうやったら弾けますよ! (そうですね)
■ではやってみましょう! (。。。。。。。。。。。)
 ということがたまに、 起きてくるものです。  でもね。 僕がもとめたいのは。 「教えた」
 という僕の達成感ではなくて
■「できたー!」 という教わる方の 喜びなのです。
 それには 言えばできる人 みせればできる人 だけじゃない。
 なかなか旨く行かない人は  いつかできるかも。 というごまかしではなくて。
■個性に合わせて、できるように なっていきましょう!
 という所を やはり深く学んでいきたい。
 そんなコトを僕自身が 学ばせて頂いた一時でした。
 どんな内容だったかは こちらを振り返ると出てきます。
 【255号と同じ記事:座骨の上に座る】 https://ukuleleschool.net/ukulelelesson/上達の法則(ウクレレ編)/sitonthebones/
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【まとめ】 この情報には価値がある。 そう思って頂けることを目指して 価値がある情報を選んでお伝えしたい。
 だけど、受け止めて実践するには 心と体の個性に合わせたり 情報が活きてくるところまで条件 を整えていく必要があるでしょう。
 そこを知る事であらゆる情報が活かせるし 最終的なできたー! という喜びに繋がりやすくなるのでしょう。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■