水が墨を運ぶように、技術を運ぶのは愛情(ベイビーステップ&スローステップ!)


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<今日のうずまきシステムデザイン論>

【水が舟を運ぶように、技術を運ぶのは愛情】

───────────────────────────────────

■高橋もレッスンを受けてきました。


先日は師匠に久々に会いに行きまして


高橋もレッスンをしていて経験していることですが

的確に師匠が言語化して
教えてくれたことを書いてみたいと思います。

さすが師匠(笑)



■薬指がどれだかわらない!


ウクレレのレッスンをしてると
人によっては「薬指」と言っても


どの指だか、とっさに分からない。
というようなことが起きてきます。

もちろん普段ならどの指かわかるのですが

特にピッキングソロという
全く新しい技術体系を学ぶという事



■新しいものに対して大脳がNoという!




このことは、偉大なセーフティネットなのですが

脳は新しい事に対してNoと反応を示すように
できているとの事です。


何でもかんでも新しいものをOKにすると

これはの生命体の維持にとって
非常に危険なコトが起きる可能性がある。




■同様に新しい弾き方もストップ


新しく学ぶウクレレの技術体系も
同様に反応し思考を止めてしまうわけですが


レッスンで大事なのは


この事実を示した上で

本当にゆっくりゆっくり噛んで含めるように
説明する事。
(ベイビーステップ!)
(スローステップ!)

本当に納得して理解した部分だけ進めること。
この2点でした。



■高橋もこの教わり方、教え方


高橋もこのレッスン方法で
ここまで教えていただいたわけですし

先生も他の方にも教えていらっしゃいます。

高橋もこの教え方を忠実に守って
行こうとしているところ。



■スピードは出来るまで落とす


レッスンを受けて学ぶ側が
そのスピードについていけないような教え方?


これを押し付けるのは
教師側のエゴなわけですね。


人数が多く、レベルが違って来ると
やりがいが(汗)多くなるわけですが!



■本人よりも生徒さんを受け入れる


そして実は、教わる側が本人が納得する
速度で上達できない場合。


自分自身を許せない、理解できない
こんな反応をされることがあるんです。

しかし


これは全く問題ないんです。
必要な時間があるんですよ〜



■ご自身も受け止めてあげましょう


そういうふうに、モノゴトも人も成長に
必要な時間があるのです。


最初から、できない自分をまずは
受け止め許してあげてほしいと思います。


あなたがご自身をなかなか受け止められない
そんなときでも、僕はもちろんオッケーですよ〜

と受け入れております。



■学習プロセスに必要な時間


必要なプロセスを歩めるのに必要な時間
これを待つことができると言うこと。


師匠が僕に示してくれたことでもあります。

一言で言うと「愛情」と言うことに
なるかなと考えております(笑)



■愛情という水に技術という墨が溶けて


レッスンで上達する源は愛情です。


書道の墨というのは、水に墨の粒子が混ざって
紙に水が吸われるときに

水が舟のように、墨をのせて
紙のしかるべき場所に届けられるのです。


紙のある部分から別の部分へと繋がる線の美しさ。

同様に、時空間に音が舟となり音楽を届けます。


そして

同様に、愛情が舟となり技術を人から人へ届けます。
この行為がレッスンの中にもあるのです。

ベイビーステップ&スローステップ
で参りましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

このブログ記事は、日々のメルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!

最新の研究レポート(笑)がリアルタイムに自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら