【ど緊張し師匠に質問できなかった頃】ウクレレ教室


山と言われて
あなたが
イメージするのは
なんでしょうか?




高橋がエンジニア時代
小さなチームを任されて



ミーティングで

「山」



の絵を描いてもらうと

かっちゃん:筑波山
タカハシ :富士山
メガネくん:裏山




という答えでした(笑)
言葉のイメージ、みんな違いますね。




■思い出すのは中学校の授業




特に数学、理科


さっぱり分からないけど
質問するのは怖くて




どんどん分からなくなり
ハマっていました(大粒涙)



このままいくと、
分からない時間だけが
すぎていく。



本当に(汗)ですが
怖くて聞けないんです。




■師匠に習い始めたころ




最高の師匠に習うので
わからない場合は
聞いてはいけない



と勝手に妄想が膨らみ



全てうなづき、わかったような
わからないような感じで


緊張しまくりながら





毎回参加しておりました。
(今思えば取り越し苦労すぎ)



■ある日、意を決して




わからない部分を質問すると。



「そこがわからなかったんだねー」

と、優しく解説してくれました。



「じん」

なぜか感動。



■分からないことは質問してね




むしろ
質問しなくちゃいけない。



どこが分からないか
こっちも分からないことが
あるからね。



師匠の優しさに
感動したこともありますが




この、



■お互い理解できない前提で




歩み寄っていく



だから難しい内容も
確実に進めていける

当たり前の態度に近づけた
感動だった気がします。



いかに最高の教師でも



■お互い生まれた環境が違うのだから




当然



使う言葉に持っている
イメージも違うのが当然。



分かり合えないスタートから
いかにわかり合っていくか。




この前提に
立てる相手かどうか
見極めて

同じ方向を向いて
進む態度を身につける。

これが僕が大人になり始める
第一歩だったような気がします。



■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら