【動画:ハイGとローGチューニングの使い分け】ウクレレ教室オンライン


本日の動画:ハイGとローGの使い分け


__________________

高校く3年の時
テストの点を友人と競ったりして
友人が70点のとき自分が
80点なら、「やった!」

とか喜んでいました。

当時は点が悪いと
担任のM島先生に頭を小突かれ、
(●ソ!このおっさん!と)
本気で腹が立ちました。

今思えば微笑ましいけど
実は、いづれも無意味なことです。

というのも、
テストの本来の目的は

学びの効果の確認ですよね。
大目標は自分自身が学ぶこと。

だとしたら80点ということは
間違った20点を見直して
さらに学習を深められたのに

そんなことは全く考えず
人と比べて喜んだり、悲しんだり。
さらに体罰なんて無意味。。。

進学という目標が目的にすり替わり
テストの点自体が目的になり
皆んな変になっていたな。

なんて思う今日このごろです。

■こんにちは高橋です!

さて本日も朝から
コーヒーを入れつつ

パソコンのスイッチを入れ
カメラのスイッチを入れ

カメラのピントを合わせ、
マイクの音量を合わせ

オンラインレッスン(!)
じわじわですが生徒さんが
変わっていかれるのが
心から嬉しいです。

夜のオンラインレッスンまでに
坦々麺を食べて、動画も作り
メルマガも書いています。

さて

昨日はウクレレのー

■チューニングについて基本的なお話をしました。

【参照過去記事】
そもそもウクレレのチューニングについて


昔を思い出すと
ウクレレ仲間の間では

買ってきたばかりの
ウクレレは

ハイジー
というチューニング
になっています。

仲間の一人が
ある日ローGという

チューニングにしてくると

おお!
すごい!
上級者!

先を越されたか?
など変なざわざわ
がありました(笑)

最初は弦を変えるだけでも
一苦労ですよね。

弦交換の動画はこちら


さて、ウクレレのチューニングは

■上から ソドミラ(GCEA)

(右利きの場合)

元々のオリジナルの
チューニングだと

4弦ソが3弦ドより高い音
となっています。

他の西洋楽器
ギターなどは上から下へ
だんだん高くなる。

ピアノも左から右へ段々
高くなる。

これに準じて

4弦のソ(G)を

太い弦に変えて
1オクターブ低い
チューニングにすると

これをローG(Low:低いG)と呼んでいます。

以下は動画と連動企画です。
動画:ハイGとローGの使い分け




■ローGのメリット

このチューニングにすると
低い方に音域が広がります。
(5半音分)

なので、低い音をメロディに使う
バリエーションが広がりますね。

また、クラシックなど

■音域を広く使いたい曲で

親指でコードを上から弾くと
低音から先に出ますね。

低音を先に出すとコードが
安定して聞こえるので

ローGが
活躍するのです。

解説動画の「月の光」にリンクします


■買った譜面はどっちで弾くの?

巷で売っている譜面で
「ローG用」、「ハイG用」

もしくは

「両方弾けます」

など書いてありますが

アレンジ者の意図が
(どっちで弾くか)
明示されてない場合

メロディ部分に
4弦を使っていれば

ローGで弾いた方が
しっくりきますね。

■ハイGのメリット

逆にウクレレオリジナルの
ハイGをメロディに活かす

そんなアレンジもありますよ。

灰田先生から伝わる
ピッキングソロの

「12番街のラグ」

がそうなんです。

右手は3本の指で
ピッキングするので

コードストロークなどに
比べて超高速で弾けます。

さらに

常にメロディの弦が
鳴らされているので
メロディが前面に
飛び出してきますね。

■軽快さがハイGの持ち味

ローGの安定感
と逆の特性になりますが
ハイGのチューニングだと

3弦が一番低い音なので

ダウンストロークでも
アップストロークでも

高い音から始まるので
他の楽器にはない
軽快感が味わえます。

特にヒロマーチなどは
これぞソプラノハイGウクレレ

まさにウクレレの神曲です。

高橋はギター等も弾きましたが
この感じだけはウクレレにしかありません。
他では決して味わえない感覚です。

しかしながら

どちらか一方に

■こだわることもありません。

チューニングや楽器すらも
手段にすぎません。

音楽や楽しさ豊かさ、素晴らしい
人生を送ることが目的です。

道具(手段)は使い分けて
曲の効果(目的)を高め

音楽を通じてたくさん
豊かな時間を過ごしていきましょう!

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら