【写真追加:初めての挑戦でしたが…●●だけでできました。】ウクレレ教室


こんにちは高橋です!


前回の続きです



参照 過去記事
写真6枚:Dを三本指でおさえるときの親指の向きが…


高橋から
Hさんに

いくつか
コードフォームの
写真を提示し
ご感想をいただきました。


※写真のアドレス挿入はタカハシ



___ここから___

高橋重人先生

こんにちは。

Dの三本指のコードフォームに
ついてヒントを頂き、
誠にありがとうございました。

先生に頂いた数枚の
写真を観察して、
試してみました。

5ステップで
鳴るようになりました。



1   まず、Fですが、







前回レクチャーして
頂いたので、できました。

2   次に、Dmですが、


たの大の
「赤とんぼ」

で先生が詳細に
解説して下さっていたので、
馴染みがあり、できました。

3 Dm7は、


Dmに薬指を足すだけでした。

4  二本指のDは、


初めての挑戦でしたが、
Dm7の薬指を2弦の2フレットに
差し込むだけでできました。

5  いよいよ本題の三本指のDですが、




4つのステップでできました。


中略

___ここまで___

Hさん
上手くできるように
なってよかったです。

3本指のDとなると



■親指の位置で変わる



親指の位置で
弾きやすさが
変わってくるので



2枚の写真を
紹介しました。

弾きやすい、音が綺麗な
方向性を確かめていただければ
良いと思います。



3本指のD その1


3本の指D その2





■4ステップであっさり



できたという



2本指のDを
タカハシは
よく使います。



FとDmは構成音が近く
よく前後して使うので



この運指を身につけると
とても便利です



■また、教材向けにキーAでアレンジした




「大きな古時計」

※生徒さんの演奏



「浜辺の歌」

※教材のダイジェスト



でも
AとD

のコードチェンジが
多用されます

コードA


コードD




の運指がとても便利なので
この2本指のD

を紹介しました。

本日はこのあたりで!

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら