【件名:悲報】ウクレレ教室オンライン



■こんにちは高橋です!

本日も2レッスン完了。



件名「悲報」
のお便りをいただきました。



___ここから___

高橋重人先生

いつも大変お世話になります。

通勤のマイクロバスで、
サイレントウクレレを用いて
練習しておりましたが、





本日、クレームが入りました(;_;)

私はイヤホンをしていたので、
気付かなかったのですが、
生音が後ろの方の
睡眠を妨げていたようです(°°;)



Tさんに教えて頂いた
エアウクレレで、



なんとか練習は継続しようと
思いますが、



まだ要領がうまく
つかめていないところです。



田中さん

___ここまで___



とうわけで、
田中さんには
返信していますが



あまりに長文になって
しまったので、



田中さんや、皆さんの
フォローアップも兼ねて

本編では

■イメージトレーニング(エアウクレレ)



について
紹介します。



最新の研究でも
リハーサル効果は
証明されていて



イメージするだけで
脳から筋肉に対して
命令が出るので



■インプット→アウトプット(イメージ)



良いインプットで
イメージを強化できれば



アウトプットは
実際に手を動かして
練習したいところですが



できない場合は

動かさなくてもそれでも
練習になるんです。




■僕の場合は



エンジニア時代は
カバンに譜面を入れていて



移動中に眺めることが
多かったですよ。



タブ譜を見ながら
右手と左手をイメージする。
音もイメージして重ねていく。


イメージがない部分は
インプットが足りないので
教材などで勉強し直しです。



■だんだん譜面がなくても



目を閉じて
ウクレレと左手、右手
をイメージできるように
なってきます。



これで、引っかかった部分は
記憶が薄いので



譜面をまた見て
チェックしておきます。



その部分をウクレレに
触れるときに抜き出して
反復すると次第に
引っかかり場所が減ってきます。



■ちなみにステージの予行演習もやっていた



今はほとんどやりませんが
人前で演奏し始めた頃は



30分なら30分の
曲リストを作り



喋る内容も書き出し



■1ステージ 登場の姿勢から



曲紹介やお話
演奏を全部トータルで



イメージトレーニングしていました。

この時は自分目線だけでなく



お客さんからの目線での
トレーニングもしていました。



あがりやすい人は
このイメージだけで



■ドキドキすると思います。



でも大丈夫



ドキドキしながらも
ちょっとしくじっても


弾ききるみたいな
イメージをすると
本番にも強くなりますよ。


■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら