【既存の学びが合わなかった生徒さんが駆込む理由?】ウクレレ教室オンライン

■こんにちは高橋です!




私は年始は


好きなYouTube動画(知的好奇心CLUB
を見たり





自立して生きるための参考に
ローマ時代の人が書いた本を読書

奴隷のしつけ方

みたいな時間も持ってます。



高橋、現在は
ウクレレの講師や演奏
をやっていますが
(独立5年目)


その前は16年間
製造業で会社員
(エンジニア)
をやっていました。


そんな高橋の
レッスンには



■既存の音楽教育が合わなかった


(上手くならない、興味がわかない)


そんな経験をした
生徒さんが多いです。


なぜ、そんな苦労した
生徒さんたちが


楽しく継続、上達しているか


会社員時代に板挟みで
苦しみ鍛えられた(!)


体験が力をくれました。



■会社員時代のラスト6年





6年の間に工場で
プロジェクト含め
7回部署が
変わりました(辛)



一番
鍛えられたのは



フィルムに
金属皮膜を作る装置の


(巨大トラックくらい)





プロジェクトでした



■現場の荒くれ方もすごい



上層部からの
プレッシャーもすごい


完全に板挟み。


担当した作業は
巨大装置の清掃作業
(10人以上でやることも)




■「キレイに速く」



丁寧にキレイにすれば
時間がかかり叱られ
(生産時間が減る)



簡単にやると
汚れが残り
下手すると


機械が緊急停止
夜でも呼び出し(涙)


2日に3回不規則に出勤が
2週間続いた時は



車通勤で事故しても
おかしくない
状況でした。


(工場長が真面目に
 事故に気をつけるようにと指示する)



■板挟みの板と板



プロジェクト側の
リーダーは頭がキレる人
理詰めで指示。



現場メンバーは
経験が豊かですが


理屈だけでは受け入れて
くれません。



リーダーから清掃を
徹底的にやれと言われ



現場に伝えると



■「ニヤリ」



嫌な予感



予定の時間では
全く終わらない作業を
現場でやり始め



時間のことを話しても


「徹底してやれって言ったじゃないですかーーー」
「これくらいやらないと徹底してとは言えないよなー▲▲君」
「はい!言えません」



と、過ぎゆく時間



リーダーから電話


「何時に終わる?」


「●時くらいですね」


「ばかヤローーー(怒)」



電話を1m離しても
聞こえる大音量





立ち尽くす。




■対立の理由



この職場


もともと


技術はいても
形だけで放置

製造だけで
やっていたようなもので




で、新しくきた
プロジェクトが
新規の技術部として



説明書を見ながら
こうやったほうが
いいとか
指図するので



現場は反発する状況でした。




ヒラの僕らが
偉い人は知らない部分で
意地悪される。



■板挟みの板のもう一枚



一度、リーダーが
現場から激怒して戻って来て



「あいつなんや!」
「ふざけとるで!」



現場のメンバーと
言い争った挙句。


提案を実行して
もらえなかった
ようでした。



彼のいた組織は
組織系統が完成していて


おそらくそんな
経験がないでしょう。



普通に要望を通している
(意地悪されつつ頼み込む)


高橋の株上がる(板挟みは続く)




■作業指示を現場で捨てられる。



清掃を十分にし
時間もセーブするため


来る日も作業に立ち会い
分析し、改善を加えて


ある日も提案に行くと。



貴重な時間で作った
作業手順書




どれ、見せて。

解説する高橋。



ふん、ふん。
なるほどね。



ふーん。
ニヤリ



ぽい!

「!」




紙を捨てられまして(白目)




■考える人と実行する人


ほんの一例ですが
技術のテスト(未来の飯のタネ)
明日の生産(今日の飯)


で同じ機械を使うと
取り合いが始まります。


今日の飯も未来の飯も
同じ釜の飯であり



お互い大事なのに


自分の目先にとらわれ
相手に関心がないんです。




■板挟まれつつ



この課題が見えた理由は


工場勤務の前に
10年研究所という
外部の立場で

38工場を調査
※工程の数は約100以上



製造現場と
技術部を見て


それぞれの意見を
しっかり聞いて知っていた。




今度は外部ではなく
その気持ちも
骨の髄まで分かりました。





■およそ多くのエンジニアが



パソコンに向うだけで


現場の人に
向かわないのを
横目で見つつ


それだけでは
仕事が進まないので


・間に立って状況など詳しく説明する
・会議に両者が入るよう強く主張
・技術に現場に行ってもらう


などゲリラ戦を
繰り広げました。




■それでも朝は来る



もう、どうにも
ならないのでは?

と思うことも数回




グッとこらえて、呑んだくれて
(肌もボロボロになります。)



時間が過ぎると
みんなの力?で


だいたい何とか
なるんですね。

(ならなくても、終了する)





■経験が知恵になった



今でも、これらの
過酷な経験が
ジュワッと身にしみて(涙)



活きてます。



だいたい
上手くいかない
時は人と人の
文化というか


前提が共有
されてないんですね。



■関心がないから。。。



自分たちも
相手も同じように
考えると勘違いする。
(したがる?)


回り道、行き違い、怒鳴り合い(汗)
が発生する。


やっとここで
お互いを意識し始める。


ここでどうするか?


実はその前にどうするか
本当に大事です。




■僕がレッスンを開始した頃




高度な技術を学びたい
中級くらいの人が
来るかと思いました。





実際には全然違って(笑)




■基本を学べる場がなかった


レッスンに行ったけど
上手くなりませんでした。



とても質問できる
雰囲気では
ありませんでした。



譜面の読み方なんて
基本すぎて
聞くことが
できませんでした。




高度なことの前に
基本が学びたい


でも

ちゃんと学べる
機会がなかった。


という方が実に多い。


と、


■一人一人の生徒さんが教えてくれた



会社員経験の結果


相手のことを
聞く態度が


醸し出されていたらしく(!)



何となく、この先生なら
聞いてくれそうだ。
聞いても大丈夫そうだ。


と体験レッスンに来て
くださったみたいです。



常識や思い込みではなく


■あなたの本音を聞きたい。



そこから始めないと
仕事をしたことにならない。


そういう仕事、
生き方がしたい。



と仕事の中で気づいた。



これが今の僕の力
になっています。



もし、この記事を見て
何か感じられたら

自分でも自由に
弾けるように
なれるかな?

など、どんなことでも嬉しいので


あなたの声も
聞かせてくださいね。



■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら