【いろいろ有り過ぎ!ピックアップのタイプについて】ウクレレ教室

■こんにちは高橋です!



昨日はうどんをたべて移動

ホールでのコンサート決定!
久しぶりの演奏です。

7/28(日)東京都調布市の
せんがわ劇場にて 午前11時より
「サンディーマティネコンサート」

※45分の無料コンサート

に出演決定しました。
日本の大ウクレレイベント
と同じ日ですね(笑)

コンサートのコンセプトはこちら
(こういう部分が大事です)
http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/prelude.html

※日程はまだ未公開です。
 公開されたら再度、お知らせしますね。




■ピックアップについて教えて下さい!



というご質問を頂きまして
何回かにわけてお届けしています。

ピックップとはウクレレ等に
はりつけたり、内臓して集音する
マイクのことです。

参考記事【そもそもピックアップとは?】
https://wp.me/p54k4e-2lO



すごくざっくり言うと

音質&情報量
生音>マイク>ピックアップ

音量のかせぎやすさ
生音<マイク<ピックアップ





参考記事【生音VSマイクVSピックアップ】
https://wp.me/p54k4e-2lQ




■なぜならば



生音=楽器の各部(トップ、バック、サイド、ネック)の響き
   演奏家の体の響き
   環境の響き、壁、床、屋根

   を直接聞く

マイク=上記響きを

    マイクで一部拾う

ピックアップ=楽器の一部振動
       の一部を拾う
       ※ピエゾの場合



というわけで

集音効率を上げる目的を達成する過程で
情報量が減るわけです。



■ピックアップの種類



ピックアップにもいくつか種類がありまして
一番一般的なのがきのう紹介した



・ピエゾピックアップ
通常のマイクのように
空気の振動ではなく
楽器の個体の振動を拾うため
出て来る音も独特のクセのある音になります。


・コンデンサーマイク
最近はピエゾではなく通常の
マイクも小型化され楽器に内臓できる
技術が進んできました。

もちろん楽器ではなく空気振動を
拾うので自然な音色となります。


※マイクに電源を供給する必要があるので
 ケーブルや電池など注意が必要です。



■コンデンサーマイク 取付型



取付型としては
カントリーマン ISOMAX
が定評があり葉加瀬太郎氏もライブで
使っていた(無指向性タイプ)そうです。

タカハシも単一指向性タイプ
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/26234/
を持っています。

ライブ等では楽器への装着
(マウント)
が面倒なので
使ったことがありません。


サウンドホール近くにセットすると
いい感じに低音を拾ってくれます。


通常のコンデンサーマイクと
(低音の集音がやや弱い)


このISOMAXをブレンドすると
厚みのあるサウンドとなります。




■内臓型のコンデンサーマイク



上記の取付型は
自分でセッティングを
検討して最適な場所を探せますが


コードの取り回しが
面倒だったり、演奏に邪魔だったり



最近はボディに
内臓するタイプが
発展してきたので
そちらが便利です。


最新のタカハシの
シグネイチャーモデルでは

ピエゾとコンデンサーマイク
を両方内臓しブレンドするタイプ
となっています。


※普通のマイク集音は
 楽器のいろんな場所の
 響きをとりますが



 楽器内部という楽器設計
 で想定されない部分の音
 を集めるので、これも
 若干異なる音となります。



■装着の方法による分類は



サウンドハウスさんの
アコースティックギター用ピックアップの種類
を参考にしてください。
https://www.soundhouse.co.jp/howto/guitar/pickup-acoustic/


・アンダーサドルタイプ


基本的にピエゾピックアップ
楽器のブリッジ部、サドルの下に
ピエゾを埋め込みます。(加工有り)

コントロール部分やバッテリー
等々は楽器の内部に入れる。

通常エンドピンジャックを
取り付けて(穴空け加工)
そこからケーブルで信号を取り出す。


・マグネットタイプ

ウクレレには関係ありません
鉄弦のみの対応

・コンタクトピックアプ

ボディに貼付けるタイプ
基本的にピエゾタイプ
楽器の加工は不要。



・その他のピックアップ

上記のカントリーマンなど
コンデンサーやよくある
ダイナミックマイクタイプなど

加工不要。
マウントの工夫が大変。




■まとめとして


最近のピックアップの進化系は
ピエゾ+コンデンサーの内臓タイプ

ですね。



もちろん値段は一番張ります。

以前タカハシが取り付けていた
マイサイのピックアップは
ピエゾのみでしたが



最新版はコンデンサーマイクとのブレンド
が出ていますね。
https://amzn.to/2JDvoTo



最近はこういうのが次々でているので
定評のあるピックアップメーカー
である


「フィッシュマン」や「L.R.BAGGS」


などでブレンド系が出ていれば
試してみても良いかと思います。


取り付け場所で
音が大きく変わる
ということなので


※プロの仕事で取り付けて
 もらう必要があります。
 ご質問頂ければリペアさんを紹介します。 
 ※各種ピックアップも在庫お持ちです


タカハシのピックアップは
現在、aNueNueウクレレの最高級ピックアップ
AirAirシステムが搭載されています。
※日本未発売(すごくいいので残念)



■音質にこだわるミュージシャン



の立場から言いますと
可能な限りマイクで集音する



マイクが不可能な場合
コンデンサーマイクで
音色を得て、足りない低音を
ピエゾピックアップで補う。

とタカハシは考えています。



■使い易さ重視で音質はまあまあで



という場合は、ピエゾタイプ
で良いかもしれません。


その場合、必要によりプリアンプ
(ダイレクトボックス)等で


音づくりという発想に
もあるようです。


参考記事【ピックアップ事例1:野外&バンド編】
https://wp.me/p54k4e-2lS



ピックアップ付きの楽器や
ダイレクトボックスなどまた
次回以降、書いてみますね

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛
普通の会社員が世界のウクレレフェスに出れた思考をお届け!!!
このブログ記事は、無料メルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら


■【NEW】14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

・楽に演奏できる安定感の秘密・疲れないウクレレの持ち方・右手の技術:ストラム(音色と音の長さコントロール):ピッキング(ギターとは違うウクレレ独自の。。。)・左手の技術:運指の考え方(音を歌うように繋げる)(狭くならない角度の調整)(ルールを覚えると=全部覚えなくて良い)・上達する練習の考え方・物事が上達するための4段階(各段階でやることが違うので間違うと上達が難しくなります)・エクササイズの紹介・リズムの考え方(強拍弱拍は誤訳)・エクササイズの応用で曲ができる(演奏の設計という考え)etc…

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。