ウクレレ教室 カントリーロードのアルペジオ伴奏2〜美意識


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【カントリーロードのアルペジオ伴奏2~美意識】

───────────────────────────────────
■ウクレレのアルペジオ特集のつづきです。


すでにアルペジオのいくつかの


パターンを紹介しました!

ウクレレ教室 初心者のためのアルペジオ講座1(アルペジオの種類紹介)




また、カントリーロードの伴奏も上記の
上昇パターンだけでできるコトを説明しましたね。

ウクレレ教室 カントリーロードを弾き語り!アルペジオをマスターしよう!



■本日
カントリーロードをさらに深めます
前回の上昇パターンを変化させて
右手親指⇔人指し指の繰り替えしですが。

弾く弦を変えて
親指
人指し指
3弦→1弦
2弦→1弦
4弦→1弦
2弦→1弦
と弾いて行きます。
レッスン動画は一番上にリンクしています

繰り返しなので右手をしっかり覚えれば
上昇パターンより複雑で格好いい伴奏ができますよ。
本当に右手はこの上昇下降パターンだけですが。
いくつかさらに、上達ポイントをお伝えしますと

■運指(左手)
動画を見て頂くと分かる部分があるかと思いますが。
コードFからDmへ移動するとき。
Fでは
人指し指
2弦1フレット
中指


4弦2フレット

を担当しています。
Dmへ移動するとき。

最小の労力でコードを変えるため
中指を寝かせて、3弦2フレットを追加
しています。

やりにくーい
と思われる方はさらに注意してみてみましょう。

Dmのとき、中指が指板より上に突き出て
はみ出ていますね。

しかも、ただ寝かせるのではなく、
一度指が指板から離れ伸ばされて再度着地です。

よくFの時の中指のポジションのまま
寝かせようとすると。
狭いので、2弦にまで指が当たり
ミュートしてしまう(音が出ない)
ことがあります。

飛び出しても、かまいません(笑

たくましく弾いて下さい。


■さらに
Bbの押え方ですが
1弦→4弦へ
1、1、2、3
フレット
を押えますが。

人指し指で1、2弦だけを押えていますね。
3、4弦は他の指が押えるので
不要!

ということでもありますし、

次にFにコードチェンジするから
人指し指が2弦にあれば
次は「立てるだけ!」

で良いわけですよ!
「立てるだけ」

これが4弦まで押えていたら
わざわざ2弦まで降りてこなくてはならない。
面倒なわけです。


■ウクレレの左手はいかに楽するか
いかに、最小の移動でできるかを
考えるのです。

そうすると、早く弾いても忙しくない
これは美意識の問題かもしれませんが
忙しい演奏を忙しくするのは
あまり美しくないかもしれません(笑)

忙しくなりがちな演奏をいかに
頭を使って整理し
ムダ無く、静かに、スマートに組み立てるか
(現実生活では出来ない事が多いですがウクレレからはじめましょう!)━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

カントリーロードの弾語り例+コード解説動画
追加!!!
メルマガ読者様限定ページにてご覧頂けます。
この記事は、メルマガより抜粋でお届けしています。フォームよりメルマガに登録頂ければ最新号が毎日お手元に自動で届きます。