【エジソンは失敗ゼロだった?踏み出した1歩が宝】ウクレレ教室

■こんにちは高橋です!



昨日は
中国語の先生とミーティング
今後の方針を決めました。


先生が独立されて
さらにグループではなく
個人レッスンを受けるので

月謝が3倍くらいになりますが(汗)
学びは加速しそうなので
楽しみです。



内容が見合ってないと
話になりませんが
これだけ出すのだから、

気合いも入り結果を出そう!
という気持ちになりますね。




■先生から感謝されたコト?


中国語の教室で
どういうことを気にして
勉強に参加しているか?



シェアする時間帯があり

ぼくは



「もともとゼロからスタートしているので
 1つ聞き取れたらそれを喜び
 1つ発音できたらそれを喜び
 できない事はスルーする」



というような話をしました。




■日本人は完璧主義が多く



ゼロスタートだから
1個できれば進化しているのに


なぜか99の出来ないにフォーカスし
まだまだ出来ていません!




とどう考えても高すぎる
基準を設定し楽しめない。

という場面を目にします。




■エジソンの話で有名なのは




成功するまで何千回も実験する。
いわゆる失敗をしたときは


この組合せは上手くいかない
ということが分かった!


最終的な成功への1ステップ
だからこれも成功なのだ!

と喜んでいたそうです。



■これが1発目で成功する!



というあり得ない
不自然な目標をもつなら

機嫌良くいられる可能性は
とっても少ないですね。

※教育システムが減点型だから仕方ない部分もありますが




エジソンくらいの発明ではなくても
(たぶん小発明も山ほどしたと思います)


1つ理解できた1つ良い音が出た
ら嬉しい。やった!自分を褒めます。
これで機嫌良く楽しくいられます。




■中国語の先生が感謝していたのは



彼女自身がもっと
日本人を理解しなくては


と高い基準を設けすぎて
つらくなっていたそうなんですね。



「いやいやいやいやいや」


そんな、別の国ですから
そこまで深い悩みを持っている
時点でものすごく成長していますよ!


(私、涙目)


中国にいるときは
そこまで自分に高い目標を
設定することはなかったそうで



空気なんでしょうか。。(汗)



■もちろん高い目標はいいんです



コレが無いと
どこに進めば良いか決まりません。


ただし、時間の要素が大事です。

運動暫くしてない人が
いきなり2時間で富士山に登る。



というのは現実的ではないですね。



装備を整えたり
知識を入れたり
低い山で練習してみたり

でも、富士山に登るというのは
きちんとステップを踏めば
全然不可能ではないですし



■1歩登れば1歩上がる



そして
1歩上がっただけの景色が
見られます。

山頂だけに意味があるのではなく
踏み出した1歩が宝ですよね!

ウクレレも1歩が宝
楽しんでいきましょう!

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

普通の会社員が世界のウクレレフェスに出れた思考をお届け!!!
このブログ記事は、無料メルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら


■【NEW】14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

・楽に演奏できる安定感の秘密・疲れないウクレレの持ち方・右手の技術:ストラム(音色と音の長さコントロール):ピッキング(ギターとは違うウクレレ独自の。。。)・左手の技術:運指の考え方(音を歌うように繋げる)(狭くならない角度の調整)(ルールを覚えると=全部覚えなくて良い)・上達する練習の考え方・物事が上達するための4段階(各段階でやることが違うので間違うと上達が難しくなります)・エクササイズの紹介・リズムの考え方(強拍弱拍は誤訳)・エクササイズの応用で曲ができる(演奏の設計という考え)etc…

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。