【変わる恐怖に気がついてしまった】ウクレレ教室

■こんにちは高橋です!


(GW中のある日)
昨日はズームレッスン1件
本日は対面レッスン1件
ズーム体験2件

移動もあったので
きがついたらこの時間です(汗)
(23時)



■変わる事への恐怖



本日今朝
とあるメルマガを見ていると


人間には
変わる事への恐怖
がある。

と書いてあり。

これだ!



■ひらめく事がありました。



今までも、
変わる事への抵抗感や
変わる事を嫌がる

という認識はあったものの

「恐怖」



という認識は出来てなく、
これで説明できる!
ことが脳を走り抜けました。



■先生は怖くありませんでした!



というレッスンご感想を
いくつか頂いた事があります。

それも、メルマガを沢山読んだ方々。


本当にコワイと思っていたのでしょうか?

だれにも、変わる恐怖があるとして
体験レッスンに行くというのも
変わるための1歩


会った事が無い人に会う
というのも変化です=コワイ




■この変化への恐怖が意識化されない場合



何か、脳の中で
動画で真顔だったとか
こだわりが有る人は怖いとか

それらしい理由を見つけて
それも過去の記憶から引っ張って



「タカハシ=コワイ人かも」


という理由を探し
変化への恐怖を
説明しようとする。



これが人間の中で
働いている作用
なのでは?

と思ったのです。

※壮大な勘違いかもしれませんが(笑)





■このことから考えるに



変化は本能的に
恐怖を伴うもの。



つまり
全てのチャレンジは
恐怖とセット



だけど、恐怖がセットなくらい
チャレンジであること

(未経験であること)

に手をださない限り
大きく変われる可能性は薄い。


(宝くじでも当たらない限り!)




■僕だって面倒、コワイはイヤです(!)


海外に行くけど
言葉がもどかしくて
あーーー!

と思う事も多いし



■寒いなか鼻水だして


人通りが少ない道を
1人でカバンを
引っ張っているときは
寂しいし。



先日のギリシャでは
ロストバゲッジ
カードは無くす
列車は乗り間違える


いろいろ鍛えられました(!)

でもその代わり
他ではない出会いもあり


ギリシャのバンドのレコーディング
に参加するという、


日本人初?
のぶっ飛んだ経験もできました。



■いままでの延長では人は変われない




本当に、同じ事をやっても
本質的に変わるのは難しい。



恐怖を乗り越えるとかは
実は結果には関係なくて


のりこえようが
乗り越えまいが、
自分をごまかそうが


結局行動してみるかどうか。
怖くても飛ぶ!
と決めるかどうかしか
無いのでは?


だって、みんな
変わったひとは恐怖
を通って来たんだから。




■チャレンジしない理由は作れる


本当に、脳は良く出来ていて
結論ありきでどんな物語でも
創りだせますよね。

チャレンジしない理由なんて
朝飯前!(笑)


僕もよく、小学校の時は
お腹が痛くなる(病気)まで
創りだしてズルやすみしていました。
※なぜかあまり怒られなかった。

(大人もズル休みしたいから?)


逆にやる理由ってのが
無いと動けない場合もありますが
本当は「やりたいから」

でいいんじゃないか?

理由を考えている時間自体が
ムダでもったいないなあ。


と思うに到った朝でした。
これからも飛込みます。。。えい!(ざっぷーん)



━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

普通の会社員が世界のウクレレフェスに出れた思考をお届け!!!
このブログ記事は、無料メルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら


■【NEW】14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

・楽に演奏できる安定感の秘密・疲れないウクレレの持ち方・右手の技術:ストラム(音色と音の長さコントロール):ピッキング(ギターとは違うウクレレ独自の。。。)・左手の技術:運指の考え方(音を歌うように繋げる)(狭くならない角度の調整)(ルールを覚えると=全部覚えなくて良い)・上達する練習の考え方・物事が上達するための4段階(各段階でやることが違うので間違うと上達が難しくなります)・エクササイズの紹介・リズムの考え方(強拍弱拍は誤訳)・エクササイズの応用で曲ができる(演奏の設計という考え)etc…

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。