ウクレレ教室 ウクレレを持っての上半身脱力

【ウクレレを持っての上半身脱力】

────────────────────────────────

■ウクレレを持っての脱力へ!

昨日の続きです。

メルマガに書いた通り
本日から弾き語り力向上について
自らの体でテストしています。

まず、一連の脱力法から
声出しを少しやって
体の緩むのを確認します。

■脱力で音が変わる

楽器の音も脱力すると
一瞬で変わりますが

声も次第に、やがて
大きく変わってきます。

日本語は口先から喉
あたりだけで喋れる言語なので

歌うところまで距離があるのですが

■声出ししながら響きを探す

まず胸が振動するような
やり方を探して声出しをしていきます。



なかなか
お腹まで響くのは
すぐにはいかない
感じがしますが

胸と、背中を振動させるような
声出しの具合を探っていきます。

手で触れてあげれば
振動が分かりますよ。

■ついにウクレレを持つと。。。

少しは良くなったと言う時点で
ウクレレを持ってみますと

ああ

一気に体が固まりますね。
力が入っているのが分かります

ここでウクレレを持ったまま
ジャンプをして体全体をゆするようにして

緊張を解いて行きます。
飛ばなくてもつま先立ちで
背伸びを繰り返して揺すっても
いいですね。

■呼吸しながらゆする

さいしょは

着地と同時に吐く呼吸で
ふっふっと力を抜いて行く

呼吸をうまく意識すればするほど
体の力の抜き方も相互作用が
出てくるんで面白いですね。

■ウクレレ持って複式呼吸

そして楽器を持って複式呼吸です

さらに、7:1の呼吸で
多めに吐くきながら揺すります。

ウクレレを持つ前に
声だしまでやって
リラックスしいて

この状態から声を出すとき

いつものように
喉などに力を入れて頑張ると
体が響かなくなるのに
気がつきます。

■さてウクレレを持って歌ってみる

しかしながら

ウクレレに気を取られ
歌詞に気を取られ
意識はなかなか定まらず。

■再度ステップを戻って

声出し

まずは「アー」や「オー」
で楽器は非常にゆるく構えて声出し

ウクレレ無しより
遥かに体の響きが無い(涙)

再度ジャンプして
体を揺すってゆるめます。

アゴ緩めると喉が開きます
嘔吐のときみたいに
喉全体が太い管のような感じですね。

舌が緊張すると
のどの奥に落ちて閉まるので
体を揺らしながら
リップロールやタングトリル
(息をだしつつ唇やベロでプルプル言う)

で入念にほぐします。

■ゆるむとキーも広がる

また歌ってみるんですが

体がゆるむと高音だけでなく
低音もゆとりが出て来ます。
頑張らなくて良くなります(嬉)

この曲はキーが低いなあ
と思ったのですがゆるむと
楽に歌えるので嬉しいですね。

音域というか使える音域
も脱力によるんですね〜

■まとめ

やっぱウクレレを持つと
その時点で力が入るという感覚
脱力した後にウクレレを持つ方が
非常によくわかりますね。

やはり、何らかの脱力方法を
練習の1番最初にやるのは
非常に良い方法だと
改めて今回気がついてます。

ゆるめずにいきなり弾きだす
弾いて歌っても固まった感が
薄くて気がつきにくいんです。

歌を歌うために体を緩めると
楽器にもかなりプラスの影響が
出てくるようです。

もう少し方法をブラッシュアップして
またお伝えしますね〜

━━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら