【続:姿勢話 マイナスを0に→0をプラスに】ウクレレ教室



こんにちは高橋です。



昨日は岡山にてレッスン
また、メルマガでは
ご質問を頂き



姿勢について
痛みを生まない基本
をお伝えしました。



昨日の記事
「ご質問:弾く姿勢のこと」



また、記事にお便りもいただきました。



___ここから___



高橋重人先生



お疲れ様です。
本日は、メルマガで
姿勢についての
質問にご回答頂き、

誠にありがとうございました。



実は、先週は車で練習したところ、


週末から首の痛みが出現しまして(;_;)
単に練習時間が増えたからかと
思っていたのですが、




先生の記事を拝読したところ、
コンパクトカーの狭い助手席で
無理に背筋を伸ばそうとして
負担がかかったものと思われました。
 



さっそくお勧め座布団を購入して、
後部座席で練習しようと思います。


 
丁寧にお答え頂き、
誠にありがとうございましたm(_ _)m


Hさん


___ここまで___



Hさん
お大事に、無理せず
練習しましょう!



さらにHさんの
フォローも兼ねて



痛みを生まないというのは



■マイナスをゼロに



ですが



ゼロをプラスにしたい
ですよね。


座って弾くことも多いですが




■上半身は立ったときの感



をで座ると良いのです。



体験レッスンで以前よく
話していましたが



人間は
直立することで



広い視界
自由な手を
手に入れました。



■楽器が弾けるのは人間だけ



直立して得た手の自由



立ったときに一番
自由度が高いので



座った時も立っている
時と同じ感覚を持つことで



やはり自由に
楽器が扱えます。



昔作った持ち方の動画も
立って構えてから座る
という構成です。



【参考動画】
あなたの演奏が6.2倍安定するウクレレの持ち方、立ち方 座り方





■持ち方で音色を美しく



オンラインレッスンの動画






持ち方、構え方を

体の自然な長さ
スペース
を縮めず、



楽に保つことで
力みを取り



音色を綺麗に
していく効果を
日々生徒さんと


分ちあってもいます!



音色に難があったり
痛みや力が入り過ぎるとき
持ち方を見直すのも
オススメです。


■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら